ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

皆気になってる…妊娠中のワキの黒ずみを早く消したい!

   

妊娠中にはつわりやむくみ、体のだるさなど様々な変化がおこりますが、ワキの黒ずみもその一つ。ふと気づいた時にはなんだかワキが黒っぽくなっていて、ショックを受けていませんか?

どうして妊娠中にワキが黒くなってしまうのか、この黒ずみは消せるのか、ケアするにはどうしたらいいのかなど…詳しくお伝えします。

ワキの黒ずみは「ホルモンバランスの変化」が原因!

妊娠中はよく「ホルモンバランスが崩れる」といいますよね。そのせいで精神的にも不安定になったり、体調を崩したり…。実は、ワキの黒ずみも、ホルモンバランスの変化が原因。

妊娠20週ごろになると、エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンの分泌が急増していきます。そして、この2つの女性ホルモンが体にあるメラニン色素の色素細胞(メラノサイト)を刺激し、肌内部のメラニン色素が増えるのです。

メラニンというと、日焼けとの関係性やシミの原因などを思い出す人が多いかもしれませんが、本来は紫外線から皮膚を守る働きをするもの。しかし色素沈着をおこす要素もあるため、もともとメラニンが多いワキが色素沈着をおこして黒ずんでしまうのです。

更に、妊娠中は代謝も落ちてしまいがち。本来であればターンオーバーで色素沈着も目立たなくなるのですが、妊娠中はその力が弱り、黒っぽくなってしまうのです。

ちなみに、乳首やデリケートゾーンが黒ずんだり、シミやそばかすができたりしてしまうのも同じくメラニンの働きによるものです。

ワキの黒ずみは、自然に消えるんです

初めて目にすると、結構ショックが大きい体の黒ずみ。特にワキは夏場など人に見られる可能性もあり、「ずっとこのままだったらどうしよう…」と悩んでしまう人も多いはず。

でも大丈夫!この症状は妊娠中におきる一過性のもので、産後には自然と消えていくものなんです。

気になるワキの黒ずみも産後には治る!

妊娠中にたくさん分泌されたエストロゲンとプロゲステロンも出産後の分泌量は正常に戻ります。また、基礎代謝も戻ってくるので、妊娠中のワキの黒ずみがまるでなかったかのようにすっかり元通りに治ります。場合によっては、むしろちょっと色が抜けた?と思うくらいに色がなくなってしまいます

さすがに赤ちゃんを産んですぐに…というわけではなく、徐々に消えていくものですが、ホルモンバランスが安定する産後半年ごろには、すっかりなくなっている人がほとんどなので、安心してくださいね。

なるべく目立たせたくない!妊娠中~産後にできるケア方法とは?

自然に消えるとわかっても、できれば早く綺麗になってほしいのが女心ですよね。そこで、妊娠中でも安心してできるケアや対処法をご紹介!

刺激をしないで優しく触れる

妊娠中の皮膚はとても敏感です。特にワキは皮膚が薄いうえ、色素沈着はこすったり強い刺激を受けると定着してしまうので、なるべく触らないことが大切です。

お風呂で洗う際などは、たっぷりの泡で優しく撫でるように洗うこと。ボディタオルもやわらかい素材を使いましょう。また、ムダ毛の処理にも注意が必要。

カミソリやレーザー処理は刺激が強いものですが、なかでも一番低刺激なのは電気シェーバー。回数をなるべく減らして、必要な時にだけ処理するのがおすすめですよ。

クリームやオイルで保湿する

肌を保湿することは、皮膚の再生機能を活性化させ、ターンオーバーを促します。これによって、色素沈着した皮膚が新しい皮膚に生まれ変わり、綺麗な肌に戻るのが早くなるんです。セラミドやヒアルロン酸など、保湿効果が高いものを使用しましょう。

また、ビタミンE配合のものはターンオーバーに、ビタミンC配合のものは美白に効くといわれています。オーガニックオイルなど、赤ちゃんに触れてもOKなやさしい素材のものを選ぶと、産後も大活躍します♪

ビタミンたっぷりの食生活&運動で代謝を上げる

赤ちゃんのためにも、バランスのいい食事や適度な運動は大切!上記にあるように、ビタミンEは肌の再生を促してくれるので、多く含まれているかぼちゃ、モロヘイヤ、ホウレンソウなどを積極的に食べましょう。

同じくビタミンCが豊富なイチゴ、アセロラ、赤ピーマンなどの摂取もおすすめです。また、汗を適度にかく運動は代謝アップ&出産に向けての体力づくりに効果的。

ただしハードな運動は母体&赤ちゃんに負担がかかる恐れがあるので、医師の許可のもと、ウォーキングなどの軽い運動や、湯船につかる(長くつかりすぎないように!)などにとどめておいてくださいね。

紫外線を浴びないように注意

ワキの黒ずみと紫外線にどんな関係があるの?と思うかもしれませんが、実は関係大ありなんです。お肌は紫外線を浴びると、角質層がダメージを受け肌のバリア機能がなくなってしまします。

また、紫外線が体の中に入ってしまうと、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分も破壊されてしまいます。そのため、お肌の表面や内部の水分をためておく機能が失われてしまい、乾燥肌になってしまうのです。

お肌は乾燥していると、色素沈着などの黒ずみをおこしやすくなってしまいます。そのため、お肌の乾燥の元になる紫外線を浴びないようにすることもワキの黒ずみ対策に有効なんですよ。

妊娠中でも使える!おすすめのワキの黒ずみケア4選

妊娠中でも使用できるの?と気になるワキの黒ずみケアですか、今回は妊娠中~産後まで長く愛用できる安心のケア商品をいくつかご紹介します。夏に向けて、ワキの悩みを今のうちから改善していきましょう。

1. アットベリー

アットベリーの特徴は、黒ずみの原因となる皮膚の消耗・乾燥を同時に解決してくれることで、黒ずみは改善されていきます。美白成分が含まれるプラセンタや、保湿を心がけたコラーゲンでしっかりとケアを行った後に、アロエなどの植物成分で皮膚を保護してくれます。商品ひとつあたり60gとたっぷり含まれているので、使用感にも満足できそうです。

2. ピューレパール

ピューレパールの特徴は、美白と保湿をしっかりと行う成分がたっぷり配合されていることです。また、無添加で低刺激なので、敏感肌の方や赤ちゃんにも使用ができます。そしてワキのケアのみならず、全身の気になる部分へ使用できるので、これ一つでボディの悩みを解決することができそうです。使用方法は朝・晩、両脇に優しく塗布するだけなのでケアほお手軽です。

3. クレアフォート(CREAFORT)

クレアフォートの特徴は、プレーン酵素エキス酵素を使用して、独自の美白の効果を発揮するメカニズムを利用しています。そのため、しっかりと美白のベースを作りあげることにより、黒ずみの解決へと導いてくれえる商品です。また、天然由来の成分をたっぷりと配合しているので美白はもちろん、敏感肌の方にも効果的な商品となっています。塗り心地はべたつかないので毎日のケアでも無理なく使用を続けられることです。

4. ピーチローズ

ピーチローズの特徴は、黒くなったワキの黒ずみに浸透力を高めたヒアルロン酸を配合することで、固くなった角質にしっかりと潤いをあたえてくれることです。高分子ヒアルロン酸により肌の潤いを保ちながら、服などで受ける摩擦や刺激方ワキを守ってくれます。また、プラセンタやアルプチンもたつぷりと配合されているため、しっかりと集中ケアを行うことにより黒ずみの原因をを取り除いてくれる効果があります。

いつか治るもの!と気にしすぎないことが一番!

女性たるもの、黒ずみはどうしても気になってしまうし、落ち込んでしまうものですが、いずれ自然に消えるんだ!と気楽に考えて、どうか気にしすぎないでくださいね。

実際赤ちゃんが生まれてしまうと、黒ずみがあったことなんて忘れているうちに消えていた…なんて人も多いんです。時々はケアをしながら、お腹の赤ちゃんとの生活をゆったり楽しんでくださいね。

  関連記事

マカto葉酸は男性もOKだから夫婦で一緒に飲める!妊活への効果や口コミ評価を検証します!

>>妊活している女性のために作られたマカto葉酸 妊活を始めれば、すぐに妊娠でき …

マタニティヨガを気軽に家で実践したい人はDVDがおすすめ

忙しくて体調が崩れがち…。そんな方もDVDなら気軽に実践できます。 マタニティヨ …

ホワイトラグジュアリーはバストやシミの美白に効果なし?使い方や口コミを紹介!楽天よりもお得な購入方法とは?

>>ホワイトラグジュアリーで気になる黒ずんだ乳首を美白に 妊娠週数が進むにつれて …

めぐりごごち 楽・月・花の青汁はPMSや冷えに効く!?ハーブ由来の成分や副作用は大丈夫?そんな疑問を解消します!

>>めぐりごこち 楽・月・花で毎月のPMSの症状を解消しよう 冷えや生理前のイラ …

赤ちゃんの虫よけ対策みんなはどうしてるの?

春になると、陽気に誘われて、赤ちゃん連れで外出するママが増えますよね。ですが、気 …

産後ダイエットに酵素ドリンクがいいって本当?その理由は?

妊娠で骨盤が開き、赤ちゃんが成長することで皮膚も緩んでしまうため、産後太りに悩む …

ナチュラルプエラリアのバストアップ効果の口コミは信じられる?成分に危険性!?飲み方や副作用とその対策まで一挙紹介!

>>ナチュラルプエラリアで産後の垂れたバストにハリを取り戻そう> 産後女性の悩み …

kodakaraの葉酸に危険性は?口コミで高評価な妊活サプリ、その成分と効果の秘密に迫る

>>妊活に必要な栄養素がたっぷり配合されたkodakaraで妊娠しやすい体に 赤 …

プレミンママ&プレミンパパの口コミ・評判を自分で買ってみて試してみた!!

>>夫婦で妊活するならゲンナイ製薬のプレミン 晩婚化が進み、初産年齢が30歳を超 …

めぐりの葉酸は妊娠中も安心して摂取OK!安全成分について口コミからも探ります

>>吸収率が85%もあるめぐりの葉酸で生活リズムを整えて妊娠しやすい体にしよう …