ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

0歳~2歳児の保育園の1日の過ごし方を教えて!

   

005ef52013176bbf4d8fe38f36877357_s

我が子を保育園に預けて働くママにとって、1日をどう過ごしているのかは、興味があることでしょう。保育の方針は保育園によって異なることも多いのですが、1日をどう過ごすかは、年齢である程度変化します

そこで今回は、0歳~2歳児が保育園でどのような1日を過ごしているのか、一般例をあげて、お話しします。

保育園の入園申し込みをする前に一度見学に行き、我が子が入るクラスがどのように過ごしているのか、確認しておくと安心できると思いますよ。

0歳児の保育園での1日の過ごし方は?

0歳児の入園基準は、保育園によって異なります。公立の認可保育園の場合は、居住する地方自治体でルールを決めていることがほとんどです。0歳児とはいえ、生後8カ月以降など月齢で制限がかかることも多いので、事前に確認しておきましょう。

0歳児の基本的な過ごし方ですが、7:00以降に登園し、8:00以降は遊び、9:00以降はおやつ、9:30以降は屋外遊びや子どもによってはお昼寝、11:00以降に昼食、12:00以降にお昼寝、15:00以降におやつ、15:30以降にほかのクラスとの交流遊び、16:00以降に随時降園というところが多いです。

とはいえ、こうした生活リズムで過ごせるようになるのは、生後6カ月以降といわれています。認可外保育園などにもっと早い月齢の子どもを預けるときには、授乳回数が増えるなどの違いがあります。

1歳児の保育園での1日の過ごし方は?

1歳児になると、子どもの過ごし方が少し変わります。そして、お昼寝の回数によっても、過ごし方が変わります。

お昼寝が2回ある場合

お昼寝が2回ある保育園では、7:00以降に登園し、身体を動かす遊びをして、10:30以降に1時間程度のお昼寝、12:00以降に昼食、15:00以降におやつ、16:00以降に随時降園というのが基本パターンになります。

お昼寝が1回の場合

お昼寝が1回の場合は、7:00以降に登園し、8:00以降は遊び、9:00以降はおやつ、9:30以降は屋外遊びやお散歩、11:00以降に昼食、12:00以降にお昼寝、15:00以降におやつ、15:30以降にほかのクラスとの交流遊び、16:00以降に随時降園という流れになります。

保育園のホームページなどで保育の流れが紹介されていることが多いので、事前に確認しておくことをおすすめします。

2歳児の保育園での1日の過ごし方は?

2歳児の1日の過ごし方は、基本的には1歳児と変わりません

7:00以降に登園し、8:00以降は自由遊び、9:00以降はおやつ、9:30以降は屋外遊びやお散歩、遊戯室での自由遊び、11:00以降に昼食、12:00以降にお昼寝、15:00以降におやつ、15:30以降にほかのクラスとの交流遊び、16:00以降に随時降園というのが、一般的なパターンです。

2歳児になると自分の意志が明確になるので、クラスで一緒に遊ぶプログラムの時間でない限り、子どもの自主性に任せて、自由に遊ばせることが多いようです。天候にもよりますが、基本的には外出の機会を設け、思いきり身体を動かせるようにしている保育園が多いです。絵本を読む、お絵描きを楽しむなど、知的な遊びも増えてくる時期です。

家庭ではできない経験をしているので安心して!

f95f3c32c011c202f8df09546de127d6_s

働くママの中には、子どもを保育園に預けることに対し、罪悪感がある人も少なくないようです。ですが、核家族化の現代、保育園で親以外の大人や異年齢の子どもたちと関わる生活をすることは、子どもの社会性を育む意味では、メリットが大きいものです。

また、保育園には自宅にはない遊具やおもちゃがたくさんあり、保育士さんが子どもの生活リズムを整えてくれます。心身の健やかな成長のためには、家庭ではできない経験を、保育園で積むことは大切なことです。

安心して保育園に子どもをお任せするためにも、1日の過ごし方を理解しておくのはよいことです。心配なことがあれば、保育士さんに聞いてみましょう。

  関連記事

育児がグンと楽になる!頑張ってるママこそ自信を持って「自己肯定感」を高めよう!

みなさんは「自己肯定感」という言葉をご存知ですか?自己肯定感の高さは幼い頃に受け …

保育園には幼稚園にはない特徴が!保育園の種類や保育料についても詳しく教えて!

保育園なら働くママでも安心!幼稚園とはどんな違いがある? 小さな子どもを預けて働 …

子供には安全なものを与えたい!危険な食品添加物とは?

飽食の時代に流通している食品と添加物の関係性は切り離すことができないものですが、 …

もしかしたらママが発達障害なのかも!?女性に多い不注意型ADHDとは?

近年、ADHD(注意欠陥多動性障害)に関する書籍が、たくさん出版されています。そ …

子どもの姿勢が悪いとどんな影響があるの?姿勢矯正椅子はおすすめ?

食事をしているとき、テレビを観ているとき、テーブルの前に座っているときなどに、子 …

遊び場から帰りたくない子どもの気持ちの切り替えを促す方法は?

子どもは、遊びを通して成長していくものです。そのため、自分の思うように身体が動か …

チャイルドシートとベビーシートとジュニアシートは何が違うの?

日本では車に乗る際、乳幼児をチャイルドシートに乗せることが義務付けられています。 …

その使い方本当に合ってる?柔軟剤の正しい使用方法とは?

子供のころ、クラスに1人は洋服からほんのりと柔軟剤の良い香りをさせている子がいた …

え!?離乳食を作らないの?イギリス式の離乳法ベビー・レッド・ウィーニングとは

日本においての子育て事情では、母乳もしくはミルクの授乳に続き食品の離乳食に入りま …

対人関係にも影響する?子どもの前頭前野の鍛え方とは?

近年、脳科学に基づいた教育法が高い注目を集めています。実は脳の成長は、赤ちゃんが …