ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

長く使える小学生の相棒探し!「ランドセル」の選び方ガイド

   

1a19147d74b10d06e3186739f1f96eb9_s

お子さんが年長さん位の年齢になると気になってくるのが、「ランドセル」。皆さんのご家庭では、どうやってランドセルを選びますか?

メーカーによって特色が異なり、カラーバリエーションや機能もさまざま。値段も幅広く、何も知らずに買いに行くと決められないということも。ランドセルは、できることなら小学校6年間しっかりと使って欲しいものですよね。

そこで今回は、お子さんにとっても親御さんにとっても良い選択ができるように、ランドセル選びをサポートしていきたいと思います。

ランドセルの語源は?

なぜ「ランドセル」という名前なんだろう。と一度は抱く疑問。「ランドセル」は、オランダ語の「ランセル(ransel)」がなまってできた言葉と言われています。ランセル(ransel)は、「背嚢」を指し、布でできた四角い背負カバンを意味します。

ランドセルは元々、軍隊で使われる用途で作られました。江戸時代の軍隊方式は、オランダの影響を大きく受けているため、「ランドセル」も一緒に伝わってきました。

なぜそれが学校の通学用に使われるようになったのか。それは明治20年頃にさかのぼります。その時の内閣総理大臣である伊藤博文が、当時の皇太子の学習院初等科入学を祝い、革製・四角いカバンを送りました

これを受けて当時の富裕層は、通学用に両手の自由が効く革製の背嚢を使うようになりました。その後、通学時に革製のかばんを使うことが浸透していき、現在のランドセルになったと言われています

ランドセルの選び方!選ぶときのポイントは?

4538fe5255a29af9195e24968d0f3512_s

いざランドセルを選ぶとき、種類がたくさんあって悩んでしまうもの。ランドセル選びのポイントをまとめてみました。

軽さ

初めてランドセルを背負う時は、6歳でまだまだ小さな体です。毎日子どもが使うランドセル自体の重量は、選ぶときに重要なポイントとなります

ランドセルだけを背負っていくわけでなく、中にものを入れることも考慮しておきたいですね

実際に重量が軽いことに加え、背負ったときに重さを分散できる構造で「体感を軽くする」ように工夫されているものもあります。

現在どのランドセルも軽量が進んでいますが、店頭でお子さんに背負ってもらい、実重量と体感の重さを確認しておきましょう

カラー・デザイン

一昔前までは、「男の子は黒、女の子は赤」でしたね。今は本当にいろいろなカラーバリエーションがあります

男の子は、現在でも黒がダントツで人気があります。それに続き、紺系、グリーン、チョコ・キャメル、ブルー系、シルバーとなっています。

女の子も半数以上が、赤を選んでいます。ピンク系、ワイン系、チョコ・キャメル、水色、ラベンダーなど多岐に渡るカラーが人気です。

ランドセルを使うのはお子さんです。でも、すぐに飽きてしまいそうなデザインを避けて欲しい親心。親御さんがアドバイスしつつ、お子さんが気に入った色やデザインで長く使えそうなものを選んでいけると良いですね

安全性や収納力などの機能面

ランドセルを背負った子どもは、一人で登下校します。ランドセルによっては、広範囲に反射材が付いていたり、一定の力が加わるとベルトが外れ事故を防ぐ工夫がされているものがあります。

ランドセルによって、お子さんを事故から守れると安心ですよね。また、ランドセルのサイズも様々です。小学校教材がすっぽりと収まるのか、子どもでも収納しやすくなっているのか等、サイズ感や機能面も確認しておきましょう。

丈夫さ・耐久性

ランドセルは、できることならば6年間ずっと使って欲しいですよね。いくら大人が「大切に使って」と伝えても、子どもの使い方だと多少荒く扱われてしまうのも当たり前。

留め具やベルトの故障などが起こりづらい、丈夫な素材や留め具が使われているランドセルを選びましょう。特に前面に留め具があるランドセルは、デザインはおしゃれですが、扱い方によって壊れてしまうこともしばしば。

やはり昔ながらの下部に留め具があるタイプが、長持ちして良いかもしれませんね

人気ランドセル!10選を紹介

ランドセル <ハンサムボーイ> コンビカラー フィットちゃん

 
男の子に人気のメタリックカラーを採用したランドセル。ツートンカラーなので遠くからでも一目でわかります。A4フラットファイル対応の大容量サイズです。

>>コンビカラー フィットちゃんの詳細はこちら

ランドセル <ロイヤルローズ> シンプルカラー フィットちゃん

 
レースのような可愛い刺繍の縁取りが施されたキュートなランドセル。色も、チョコ、チェリー、ホットピンク、プラチナホワイト、サクラと多彩に揃えています。A4フラットファイル対応の大容量サイズです。 

>>シンプルカラー フィットちゃんの詳細はこちら

アディダス ランドセル 学習院型

 
飽きのこないスタンダードな学習院型デザインです。大マチは「しっかりくん機能」で補強がされているので活発な男の子でも6年間安心して使うことができます。前段ポケット内のコイルチェーン付き。

>>アディダス ランドセルの詳細はこちら

ふわりぃ コンパクト ロイヤルコレクション (女の子)

 
パール素材を使い、リボンとキルティング刺繍があしらわれた可愛らしいデザインです。<ふわりぃカット>を採用し大容量でありながらコンパクトを実現しています。

>>ふわりぃ コンパクト ロイヤルコレクションの詳細はこちら

ふわりぃコンパクト ロイヤルコレクション (男の子)

 
耐傷素材を使用しているので傷に強くて丈夫です。<ふわりぃカット>を採用し大容量でありながらコンパクトを実現しています。男の子に人気のスポーティーなデザインです。

>>ふわりぃコンパクト ロイヤルコレクションの詳細はこちら

セイバン 天使のはねランドセル モデルロイヤル トラッド

 
セイバンオンラインストアの男の子に人気No1のランドセルです。マチ部分にエンブレム刺繍や、かぶせの裏側にストライプ模様を採用したトラディショナルなデザイン。「天使のはね」や「3D肩ベルト」などセイバンの代名詞ともいえる機能も充実しています。

>>天使のはねランドセル モデルロイヤル トラッドの詳細はこちら

セイバン 天使のはねランドセル モデルロイヤル・レジオ プリンセス

 
セイバンオンラインストアの女の子に人気No1のランドセルです。パール素材に、プリンセスをイメージさせる刺繍をあしらったエレガントなデザインです。かぶせの裏側には、お姫様のお城や馬車などのシルエット模様が散りばめられています。ました。カラーも4色展開しています。

鞄工房山本 コードバン・アンティーク

 
大量生産ではなく、最初から最後まですべての過程で職人が手作りしている鞄工房山本。このランドセルは、牛革の3 ~ 4 倍の強度を持つ最高級コードバン(馬のお尻の革)を使用し、金具はアンティークブロンズを用いるなど、毎年売り切れとなってしまう人気のランドセルです。

鞄工房山本 フィオーレ・ブロッサム

 
大量生産ではなく、最初から最後まですべての過程で職人が手作りしている鞄工房山本。このランドセルは、かぶせの表面に大きな花の刺繍が特徴的なデザインです。他社では、ステッチだけのものが多いですが、こちらは大きなお花を別色の革で抜き、かぶせにアップリケしています。技術力がなくてはできないデザインは、鞄工房山本の職人の技術の高さを物語っています。

コクヨ×あんふぁん ベーシックモデル

 
シンプルなデザインのランドセルです。本体の色とステッチ色の組み合わせが全部で12タイプと多彩にあります。大容量でありながら、ノートやプリントがくしゃくしゃにならないように、中に仕切りを入れて使うことができるので整理しやすいランドセルです。

>>コクヨ×あんふぁん ベーシックモデルの詳細はこちら

世の中のランドセル予算はどのくらい?ランドセルの相場

子どもの時は気にしなかったランドセルの値段。実際はどのくらいするのでしょうか?

一般的な相場は1~4万円で、多くの方が3万円程度のものを選んでいるようです。最近のランドセルは、合皮で作られていることが多く、以前より価格が低下傾向にあります。

ランドセルの種類が多過ぎて悩む場合には、まず予算を決めて絞込み、そこから品質とのバランスを考慮して選択していくと良いでしょう

世の中には、10万円を超えるような高級なものもあります。このようなランドセルは、本革仕様など品質にこだわって作られているので、予算が許せば検討してみても良いかもしれませんね。

長く使える、子どもにとって良いものを!

いかがでしたか?ランドセルの選び方についてイメージが湧きましたか?ランドセルは、小学生時代の「相棒」と言っても過言ではありません。

一度購入すると、なかなか買い直すことも難しいものです。ランドセルの適切な選び方を知って買えば、初めから後悔のない選択ができます。ランドセル選びのポイントを抑えながら、親子で楽しく「相棒」を探していきましょう。

お子さんが愛着を持って使えるような、素敵なランドセルに出会えると良いですね。

  関連記事

育児に追われるママにおすすめ!大人のぬりえとは一体何?

毎日育児に家事に仕事にと忙しく過ごしているママは隠れたストレスを抱えていることが …

転倒防止のためのベッドガードで死亡事故が起きているって本当?未然に防ぐ方法は?

乳幼児の死亡原因のトップにくるのは、「不慮の事故」です。事故と聞くと、交通事故を …

遊び場から帰りたくない子どもの気持ちの切り替えを促す方法は?

子どもは、遊びを通して成長していくものです。そのため、自分の思うように身体が動か …

赤ちゃんの外遊びにおすすめ!ワンタッチテントに選び方とは?

赤ちゃんが外遊びができるようになると、アウトとアレジャーを楽しみたいと考える家庭 …

幼稚園でも実施されてる?延長保育の実態とは?最大でどのくらいの時間まで預かってくれるの?

幼稚園に通わせると子どもは早い時間に帰ってきてしまう、そんな時代もありました。 …

紙オムツをうっかり洗濯してしまった!その対処法とは?

子どもが産まれると、どうしても洗濯物の量が増えます。そして、育児の合間に家事を進 …

車でお出かけした時に子供を飽きさせない方法はそうする?オススメ車内遊びとは?

車が好きなパパはドライブが趣味で、週末になると子どもたちと楽しんでいるという人も …

学童保育には公立と民間がある!?公立と民間の違いとは?

子どもが保育園に通っているときは親は保育園に送り迎えをすればよかったのですが、小 …

安眠できる布団の干し方がある?知っておくべき!布団を干す際のコツやポイントとは?

お日様の光をたっぷり浴びた、ふかふかのお布団で寝ると気持ちがいいですよね。大切な …

育児あるある!子育て中にやってしまいがちだけど、NGなこととは?

初めて子どもを持つママとパパは、親としての経験がない1年生です。我が子への愛情に …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss