ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

プレ幼稚園はいつから通う?費用や必要なものが知りたい!

   

bf81e98c158a35f5a1a2835eb19b77e0_s

近年は、幼稚園も3年保育が主流です。そして、正式に入園する1年前から子どもを通わせる、「プレ幼稚園(未就園児保育)」を行う幼稚園が増えてきています。

そこで今回は、プレ幼稚園とは何か、いつから通えるのか、費用や必要なもの、プレ幼稚園に通うメリット・デメリットについて、お話しします。

プレ幼稚園への通園を考えている場合、早期からの情報収集が不可欠なので、パパともよく話し合い、通園させるかどうかを早めに決めておきましょう。

プレ幼稚園って何?いつから通えるの?

プレ幼稚園とは、幼稚園の年少クラスより1学年下、つまり2歳の子供が通う、入園前の体験期間のことです。「未就園児クラス」と呼ぶ、幼稚園もあります。

プレ幼稚園の目的は、正式に入園する前に幼稚園の生活を体験することで、園の雰囲気や環境に慣れることを目的としています。また、子育て支援の一環としても機能しています。

プレ幼稚園に通えるのは、3年保育の場合は3歳になる年の春から、2年保育の場合は4歳になる年の春からです。プレ幼稚園に通う日数は、週に1~2日程度で、保育時間は数時間から1日と、幼稚園によって異なります。

プレ幼稚園の保育内容は、リトミックやリズム体操、季節行事など、通常の幼稚園の保育内容に組み込まれているものが主流で、親子で参加するものもあります。

プレ幼稚園に通う費用は?用意すべきものは?

プレ幼稚園にかかる費用は、公立か私立か、保育時間の長さなどによって、金額に幅があります。目安としては、入園・入室料が10,000~30,000円、保育料(月謝)が0~20,000円、昼食代や送迎バス代などの実費が500~5,000円となっています。

プレ幼稚園するにあたり必要なものには、上履きや制服、スモック、カバン、名札、水着などがあります。幼稚園指定のものを購入しなければならないところも多いので、あらかじめ確認しておきましょう。制服がない幼稚園でスモックの下に着せる洋服は、動きやすくて、汚れてもいいものが基本です。

また、ママも幼稚園に行く機会が増えますので、上履きを用意しておくのがマナーです。携帯用スリッパでもよいですが、かかとがある上履きの方が、幼稚園の中では動きやすいのでおすすめです。

プレ幼稚園に通うメリットとデメリットは?

子どもをプレ幼稚園に通わせるメリットとしては、正式に入園させる前に幼稚園のことをよく知ることができる、優先的に入園させてもらえる、子どもが集団生活に慣れやすい、入園前に友だちができる、ママ友ができる、幼稚園選びの参考になる、自宅ではできない経験ができることがあげられます。

一方で、週に数日なので子どもがプレ幼稚園に慣れるまでに時間がかかる、プレ幼稚園を前提に週や1日のスケジュールを決めなければならない、我が子とほかの子を比べて一喜一憂してしまうという、デメリットもあります。

とはいえ、幼稚園と我が子の相性は、実際に通わせてみないとわからないものです。正式入園させてから後悔しないようにと、プレ幼稚園を活用するママが増えているのは頷けます。

プレ幼稚園を有効活用しよう!

d3de39c1a04db66a21cb4eac36f8a528_s

プレ幼稚園は幼稚園と違い、複数のところに通うことができます。そのため、子どもに体力があるようなら、週に1~2日ずつ、複数のプレ幼稚園に入園させてみるのもおすすめです。

プレ幼稚園の募集開始は、幼稚園によって異なるので、ホームページや広告などをチェックし、必ず説明会や見学会に参加して、確認しておきましょう。

また最近は、プレ幼稚園の人気が高まっていることから、応募が遅れると、希望する幼稚園に入れないことも増えています。プレ幼稚園の倍率についても、早々に情報収集を始め、上手にプレ幼稚園を活用できるよう準備しましょう。

  関連記事

高額な出産費用を用意するのは大変!節約する方法はある?

赤ちゃんが授かることは、夫婦にとって本当に喜ばしいことです。ですが、妊婦健診や出 …

保育園には春・夏・冬休みはあるの?その期間と休み中の対策について

幼稚園や小学校には、春・夏・冬休みがあります。働くママやパパも、夏休みと冬休みに …

子どもにとって兄弟ってどんな存在?兄弟がいると良いこと

子どもは一人でよいと思っていたけれど、ふとママの頭の中に思い浮かぶ子どもには兄弟 …

知らないひとからLINEが届く!どう対処したらいいの?

LINEは無料でメールや通話のやりとりができるので、便利に使っているママが多いは …

B型肝炎ワクチンの予防摂取はしたほうがいい?副作用は大丈夫?かかる費用はどれくらい?

B型肝炎は団塊世代の問題ではなく、子供にも移行しやすい疾患として周知されています …

子どもが病気のときに真価がわかる!?パパの処方薬把握事情とは?

共働き家庭が増え続けている現代。お子さんが病気になったとき、仕事を休む、遅刻・早 …

安眠できる布団の干し方がある?知っておくべき!布団を干す際のコツやポイントとは?

お日様の光をたっぷり浴びた、ふかふかのお布団で寝ると気持ちがいいですよね。大切な …

乳児には必須のスタイ!その種類や選び方とは?

かつては「よだれかけ」と呼ばれていたベビーグッズが、いまでは「スタイ」と呼ばれる …

保育園にウェブカメラは必要なの?そのメリットとデメリットは?

ここ数年、保育園や幼稚園にウェブカメラが設置され、ライブ映像がみられるところが増 …

入学式にママが着るスーツ選び方とは?アクセサリーの付け方は?

小学校の入学式は、ママやパパにとって、子育ての節目となる行事の一つです。そのため …