ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

保育園から不承諾通知が届いた!理由とその後の対策とは?

   

cd7ee2d41cf76536781f4fd62e994603_s

現代の日本の待機児童問題は、いまだに解決の見込みがたちません。そのため、職場復帰のために応募したにも関わらず保育園から不承諾通知が届き、預け先の目途がたたずに、途方に暮れるママも少なくありません。

そこで今回は、保育園から不承諾通知が届く理由や、その場合の対策について、お話しします。

認可保育園の入園にあたっては、地方自治体が定めている利用条件を満たすだけでなく、ランクが高くなければ難しいという実情があります。認可外保育園も並行して応募するなど、最悪の事態を想定して準備を進めることをおすすめします

保育園は応募しても入園できないことがある

保育園は、認可保育園と無認可保育園に大別されます。

認可保育園に入園するためには、各地方自治体が定める条件を満たしていることが大前提となります。さらに、それぞれの条件に基づいてランク付けされ、応募人数が募集人数を上回った場合には、ランクの高い順番に入園許可が下ります。そのため、応募しても入園ができないことがあるのです。

特に、0~1歳児は応募人数が多くなる傾向があり、ほかの年齢の子どもより保育士の数を増やさなければならないので、待機児童になりやすいです。そのため、認可保育園への応募しか考えていない場合、それから無認可保育園を探しても、すでに空きがないというケースが多くなります

保育園探しを行うときには、必ず前年度の倍率などもチェックし、万が一に備えながら応募先を検討しましょう。

保育園から不承諾通知が届く理由とは?

保育園から不承諾通知が届く理由は、ランクと呼ばれる基準指数が低かったからです。保育園入園の基準指数は、各地方自治体によって異なります。

保育を必要とする理由は、両親が就業していることだけでなく、母親の妊娠・出産、保護者の疾病や障害、同居親族の介護なども含まれます。そして、ひとり親世帯や生活保護世帯、世帯年収などが調整指数として加算されます。さらに、兄弟姉妹がすでに保育園を利用している、兄弟姉妹が同時に入園を申し込む場合も加算されます。認可保育園の場合は、無認可保育園を利用していることも加算対象になります。

その反面、65歳未満の祖父母と同居している、兄弟姉妹を保育園や幼稚園に預けているが保育料を滞納している、子どもを同伴できる職場環境があるときは減点されます。その結果、保育園から不承諾通知が届いたのです。

保育園から不承諾通知が届いたときの対策は?

では、保育園から不承諾通知が届いたら、何をしたらよいのでしょうか。保育園から不承諾通知が届いても、絶対に保育園に入れないと決まったわけではありません。その後6カ月は申込書が有効なので、待機児童として登録されるので、空きが出るのを待ちます。そして、認可保育園の二次募集と無認可保育園への申し込みを行います。

それでも預ける保育園が見つけられないときには、勤務先に育児休暇の延長ができるかどうか、問い合わせてみましょう。また、家庭的保育事業(保育ママ)や、地域のファミリーサポートを受けるという方法もあります。まずは居住する地区町村に問い合わせ、方法を探りましょう。

近隣にパパかママの両親が住んでいる場合は、保育園が見つかるまで、面倒をみてもらうのも選択肢の一つです。

年度途中に入園できるチャンスもあるのでアプローチを続けよう!

594379

保育園から不承諾通知が届いても、親の転勤や退職などにより、年度途中に空きができることがあるものです。待機児童に登録されている限り、入園のチャンスはあります。

また、とりあえず無認可保育園に預けておけば、5月以降の入園審査の際に、ランクアップができます。また、無認可保育園の場合は、選考が先着順のことも多く、認可保育園よりは審査のハードルが低いです。

保育園から不承諾通知が届いたときは、落ち込むよりも、次の手を打つべく、迅速に対応することが大事です。情報収集に励み、いろいろなところに相談してみましょう。

  関連記事

ノルウェーが行っている子育て制度は世界一って本当?その内容とは?

北欧にあるノルウェーは、福祉大国としても知られています。そのため、世界中の国々の …

どうしても手放せない「ライナスの毛布」!実は育児に効果的だった!

ママの体内から産まれた赤ちゃんは、新生児の時点では母子一体化されており、母親と自 …

子育てをしながらパートを始めるタイミングっていつ?パートの選び方とは?

妊娠・出産を機に一度は仕事を辞めたものの、子どもが成長すれば何かとお金がかかるの …

車でお出かけした時に子供を飽きさせない方法はそうする?オススメ車内遊びとは?

車が好きなパパはドライブが趣味で、週末になると子どもたちと楽しんでいるという人も …

自宅で子どもの散髪がしたい!バリカンの選び方のポイントは?

乳幼児の散髪をするとき、美容室に連れて行こうと思っても、何だか機嫌が悪かったり、 …

七五三のお参りに行く時には、両親はどんな服装をすべきなの?

最近は、七五三の記念撮影を前撮りすることも多く、「お参りだけなら軽装で構わないの …

子どもを育てるにはお金がかかる1番気になる教育費と教育の注意点とは?

子どもは、育児などに追われて大変だけれど、やはり可愛いものですよね。中には、家族 …

子供の大切なおもちゃが壊れてしまった!実は壊れたおもちゃを修理してくれるおもちゃ病院がある!

子供が成長するにつれておもちゃが増えていきます。また、おもちゃに対する執着心も強 …

三角コーナーを使う必要が無くなる時が来る!?生ゴミを賢く捨てる方法とは?

生ゴミの水を切ってためておき、纏めて捨てることが出来るキッチンシンクの三角コーナ …

近年問題視されている、パタニティハラスメントの事例と対処法は?

2010年、日本では「イクメンプロジェクト」が始動しました。これは、男性も子育て …