ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

今や抱っこひもの定番!人気の「エルゴベビー」の魅力をとことん解説しちゃいます

   

250168

赤ちゃんが生まれる前に用意するものは様々ですが、特にママと赤ちゃんの普段の生活に欠かせないものが「移動用品」ですよね。買い物やお散歩など外出する時に赤ちゃんをそのまま素手で抱いていくわけにはいきません。また、ベビーカーは便利ですがかさばるし、大した距離じゃなければかえって邪魔に感じるときも。

そんな時に大活躍してくれるのが「抱っこひも」。赤ちゃんを抱っこした状態なのに両手が使えるので、動きやすいし赤ちゃんもママにくっついていられて安心。

今は様々な種類の抱っこひもが出ていますが、そんな中でもトップシェアを誇るエルゴベビーの魅力について、詳しくお伝えします!

エルゴベビーってどんな商品?

そもそも、抱っこひもは大体が「キャリー」と「スリング」の2タイプに分かれています。キャリーはしっかりと固めの生地で出来ており、肩や腰などをベルトで支えながら赤ちゃんを前に抱くための抱っこひもで、スリングは肩から下げたやわらかな布が赤ちゃんを丸く包み込むように運ぶことのできる抱っこひもです。

エルゴベビーはキャリー型の抱っこひもです。2003年にハワイのマウイ島で生まれたエルゴベビーは、赤ちゃんを身に着けるかのような一体感と赤ちゃんにもママにも負担のない安心設計が人気となり、現在では50か国以上で販売され、数々の賞も受賞しています。日本でも、「エルゴ」と呼んで愛用しているママが沢山います。

エルゴの主な特徴としては

  • 肩と腰で支える
  • 対面縦抱き・腰抱き・おんぶができる
  • 新生児から使用できる(注:別売りの商品(後述)が必要です)

などがあげられます。

どんな種類があるの?値段はどのくらい?

現在、エルゴベビーには

  • エルゴベビーオリジナル
  • エルゴベビー360
  • エルゴベビーアダプト

の3つの型があります。

エルゴベビーオリジナル

エルゴベビーオリジナルは、一番長く販売されている定番の型です。様々なカラーやブランドとのコラボ商品など、赤ちゃんや自分のファッションに合わせて選ぶ楽しみがあるのがオリジナルです。また、オーガニックコットン使用のタイプもあるので、敏感肌の人でも安心して使用することができます。

エルゴベビーオリジナルの値段はデザイナーコラボなどによって違いがあり、およそ17000円~25000円ほどとなっています。

エルゴベビー360

エルゴベビー360は、オリジナルの形を改良したことで前向きの縦抱きができるようになった商品です。赤ちゃんと同じ方向を向くことができるので、赤ちゃんの好奇心を満たしてあげたり、お散歩の際に語りかけやすくなっています。

エルゴベビー360の値段は、およそ25000円ほどです。

エルゴベビーアダプト

エルゴベビーアダプトは、最新型のエルゴベビーです。オリジナルと360は、新生児の抱っこの際に別売りの「インファントインサート」が必要なのですが、アダプトには必要なく、最初から新生児を抱っこできるように設計されています。成長に合わせて変化するシートや肩ベルトを背中でクロスして装着できるなど、より負担の少ないように改良されています。

エルゴベビーアダプトの値段は、24000円~27000円ほどです。

エルゴはいつからいつまで使える?

エルゴの使用は、新生児から可能です。ただし、エルゴベビーオリジナル・360に関しては新生児を包み込むクッション「インファントインサート」の購入が別途必要となります。このインファントインサートは、首が座り、体重が5.5kgを超え、生後4か月ごろになれば外すことが可能ですが、それまでは使用するようにと公式が定めています。

一方、年齢の上限は4歳ごろとなっています。ただし、年齢は関係なく、エルゴベビーオリジナル、アダプトは20kgまで、360は15kgまでと体重制限がありますので、注意が必要です。

エルゴのメリット

人気のエルゴには、それを裏付けるメリットが沢山!

パッド入りの肩ベルト・幅広の腰ベルトが負担を分散、疲れにくい構造

生まれたばかりの赤ちゃんは軽いといっても、3kgほどはあります。まして、どんどん重く大きくなっていくのに、最初からすぐ疲れてしまうようでは意味がありません。

エルゴは、肩と腰で重さを分散してくれるので負担がかかりにくく、ふんわりとしたパッドがあるので痛みも感じません。

赤ちゃんの股関節が自然な形をキープ

赤ちゃんの足は、カエルのようなM字開脚をしているのが自然な体勢です。足がピーンと伸びていたり、不自然な形に曲げられているようでは、股関節に負担がかかり健全な発達を妨げてしまいます。

エルゴは、赤ちゃんの足が自然に曲がるようにきちんと設計されているので、赤ちゃんに負担がありません。また、赤ちゃんのお尻が来る部分にも丸みがあるので、しっかりフィットしてくれます。

種類が豊富で選びやすい・手に入れやすい

赤ちゃんやママの負担は勿論ですが、日常使いするアイテムはできるだけお気に入りのものを選びたいですよね。

エルゴには、カラーやデザインが豊富にそろっているので、好きなものを選ぶことができます。また、人気があるためどこの赤ちゃんグッズ専門店でも取り扱っていますし、公式のオンラインショップもありますので買いやすいのもメリットです。

デザイン自体はシンプルなので、パパとも兼用しやすいのもよいですね!

エルゴのデメリット

人気のエルゴにも、デメリットはあります。

小柄な人や体が固い人には使いにくいことも…

エルゴベビーの装着は、慣れてしまえば簡単なのですが、慣れるまでは少し難しく感じる人もいるようです。また、海外発のブランドであるために、日本人の小柄なママには造りが大きくてうまく使えなかった、という場合も。また、背後で止めるバックルなどが体が固くてうまくはめられない、ということもあるようなので、購入前に必ず試着をすることをおすすめします。

人気のために、偽物が出回っている

エルゴは抱っこひもの中では高額なタイプです。そのため、できるだけ安く買いたい!とネットで探すこともあるかもしれません。しかし、インターネットにはエルゴに似せた偽物が売られています。偽物はネット上の写真では区別がつきませんし、バックルなどの安全性に問題があります。偽物だと気づかずに使用し、すぐに壊れて赤ちゃんが落ちた…なんてことになったら危険ですよね。

基本的に、実店舗で購入する場合は日本の正規取扱い店であるDADWAYの保証がついているはずなので、それを確認しましょう。どうしてもインターネットで購入したい場合でも、DADWAYの保証つきであれば正規品ですので、安心してくださいね!

エルゴを使う時に注意したいこととは

エルゴはとても使いやすく、赤ちゃんとの密着度も高いのでつい安心して動いてしまうかもしれません。基本的には赤ちゃんがずれ落ちることはないのですが、赤ちゃん本人とエルゴ自体はくっついていないために、ふと下にかがもうとして前傾姿勢をとると赤ちゃんが落下する恐れがあります。落ちたものを拾う時など、かがむ必要がある場合には腰ではなく膝を曲げるように気を付けましょう。

ちなみにエルゴには「ベビーウエストベルト」という、赤ちゃんとエルゴを接続できるオプションが販売されているので、不安な人は購入しておくといいかもしれませんね。

また、対面の縦抱きをしていると赤ちゃんの位置が悪くて顔がママの服に埋もれてしまうことも。赤ちゃんの顔が埋もれていると、窒息の恐れがあります。必ず、上から見て赤ちゃんの鼻まで顔を確認できるような姿勢を保ってあげましょう。

人気の裏に実力あり!エルゴベビーで外出や家事を楽しもう

529435

赤ちゃんとくっついていられるのは、ママにとっても赤ちゃんにとっても極上の幸せですよね。エルゴベビーを使うことで、負担は少なく幸せを感じながらお出かけや家事などをすることができるんです。是非、抱っこひもにはエルゴベビーの購入を検討してみてくださいね!

  関連記事

手作りバスソルトをつくってみたい!その効果と注意点は?

入浴は、身体を清潔に保つうえでも、リラックスするうえでも、欠かせない生活習慣の一 …

「仕事と子どもどっちが大事?」ついつい口に出てしまう時の対処法

子どもが産まれて、頑張るママたち。でも、一人で頑張るのには限界がありますよね。最 …

ママになった証の「母子手帳」!その利用方法や新しく生まれた電子母子手帳とは?

早く手に入れたい「母子手帳」、いったいどこで、いつくれるんだろう? 「そういえば …

保育園にウェブカメラは必要なの?そのメリットとデメリットは?

ここ数年、保育園や幼稚園にウェブカメラが設置され、ライブ映像がみられるところが増 …

プチプラでも大満足!おすすめのしまむらのバッグのこと

洋服の流行が変わると、それに合ったバッグが欲しくなるものです。ですが、それが翌年 …

本当の節約は「NOストック」生活にあり!日用品ストックを抑えて賢い節約を目指そう!

ご自宅の収納スペースにストック用品はありませんか?そのストックはいくつあり、どの …

あなたは大丈夫?意外と多いベビーカーの盗難を防ぐコツとは

赤ちゃんや乳幼児がいる家庭には欠かせないベビーカー。ベビーカーは子供を運ぶだけで …

授乳姿を見られるのは恥ずかしい!うまく対処する方法とは?

授乳は赤ちゃんとママにとって2人きりのリラックスできる幸せな時間です。しかし、胸 …

その浪費癖!実は病気かもしれない!?浪費癖を改善する方法は?

浪費癖と聞くと、ただの癖だと感じるので大したことがないように思いがちですよね。で …

送迎保育ステーションは働くママの強い味方!?その利用方法とは?

近年、全国の地方自治体が、通勤途中の駅にある保育園に子どもを送迎する事業を推進し …