ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中でも、無理がなくできる仕事はある?妊娠中にむいている仕事とは?

   

5042f6f594ab25b4387859ed306349a0_s

現代は、共働き世帯が専業主婦世帯を大幅に上回っており、妊娠中も仕事を続ける女性が少なくありません。ですが、働く女性のすべてが正社員雇用ではなく、さらに妊婦さんが続けるには難しい職種もあります。

そのため、妊娠をきっかけに仕事探しを始める女性は大勢いるのです。とはいえ、妊娠中は身体の変化も大きく、仕事探しには配慮が必要です。

そこで今回は、妊娠中でも無理なくできる、あるいはむいている仕事について、一緒に考えてみましょう。

妊娠中に仕事を探すポイントとは?

妊娠中に仕事を探す場合は、普通の仕事探しとは違う配慮が必要です。それは、お腹の赤ちゃんへの負担が少なく、職場にかける迷惑が最小限になるよう、仕事探しをすることです。

まず、妊娠中は妊婦健診や体調不良などで、遅刻や早退、欠勤する可能性が高いので、勤務時間に柔軟に対応してくれる雇用形態が望ましいでしょう。

次に、外回りや立ちっぱなしなど、身体に負担をかける職種はNGです。事務やパソコンの仕事も、長時間になると身体に負担がかかるので、勤務時間を短くできる方が安心です。

また、通勤の有無も大事なポイントです。どれだけ条件がよくても、ラッシュ時に長時間電車に乗って通勤するのは、妊婦さんにはおすすめできません。できれば、自宅に近いところがおすすめです。

妊娠中に無理がなくできる仕事とは?

では、妊娠中に無理なくできる仕事とは、どんなものなのでしょうか。

まず、ストレスの少ない仕事です。例えば、自分の趣味や特技を活かせるものだと、仕事内容にストレスを感じにくくなります。

単純作業であれば、データ入力などのデスクワークもおすすめです。座ってできるので、立ち仕事よりは身体が楽ですし、専門スキルも不要なので、誰でも始めることができます。

また、一般事務職でも来客応対などで適度に動ける仕事だと、同じ姿勢のままいなくて済むので、身体が楽かもしれません。

絶対に妊婦さんが避けるべき仕事としては、重いものをもつなどの力仕事、夜間勤務、病気への感染リスクが高まる医療系の仕事などです。自分と赤ちゃんの健康を守るためにも、無理はしないことが鉄則です。

在宅ワークという選択もある

妊娠中でも外で働きたいと考えているなら、現在の職場で働き続ける、短期派遣の仕事を受けるという方法があります。過去に産前産後休暇や育児休業の利用実績がなくても、法律で権利が定められているので、職場への交渉はできるはずです。慣れた仕事と人間関係の職場で働き続ける方が、新たに仕事を探すより不安が少ないはずなので、まずは仕事を続ける方向で会社と話し合いましょう。

とはいえ、職場環境や仕事内容によっては、妊娠・育児との両立が難しい職種もあります。その場合は、派遣会社に登録し、短期派遣の仕事を紹介してもらい、月に何日か働くというスタイルを選択するのもおすすめです。

そして、妊娠を機に、在宅ワークを始めるという手もあります。パソコンを使ったデータ入力などの在宅ワークは、インターネットで探すことができます。体調をみながら、在宅ワーカーとして働くことも、検討してみましょう。

プロのサポートも積極的に活用しよう

91aec649c7a14b6aeda19a42f7f0e4aa_s

とはいえ、妊娠中の個人が仕事探しをしても、なかなか面接までたどり着けない現実があるのも事実です。採用する企業としては、遅刻や早退、欠勤がなく、フルタイムで長く働いてくれる人を雇用したいと考えるのが普通だからです。

そのため、妊娠中に仕事探しをするのであれば、プロのサポートを受ける方が安心です。派遣会社や、妊婦さんが応募できるアルバイトやパートの情報を提供してくれるサイトなどに登録し、仕事探しをサポートしてもらいましょう。

  関連記事

乳幼児を連れて旅行をするときの注意点は?何を持っていけばいい?

子どもの生活リズムがある程度できあがり、長時間のお出かけが可能になると、家族で旅 …

筆箱にも種類があるの?選び方のポイントが知りたい!

小学校に入学するにあたり、ランドセルや上靴など、用意しなければならないものがたく …

通園バッグの種類が知りたい!それぞれの作り方は?

子どもを保育園や幼稚園に入園させるとき、通園に使うバッグが必要となります。これを …

保育園には春・夏・冬休みはあるの?その期間と休み中の対策について

幼稚園や小学校には、春・夏・冬休みがあります。働くママやパパも、夏休みと冬休みに …

入学式にママが着るスーツ選び方とは?アクセサリーの付け方は?

小学校の入学式は、ママやパパにとって、子育ての節目となる行事の一つです。そのため …

子育てを失敗したと後悔している先輩ママに聞く、アドバイスとは?

妊娠・出産したときには、子育てがいつか終わるということは、まったくイメージできな …

「は・ち・み・つ・じ・ま・ん」とは?子どもに教えたい!不審者と判断する方法や身を守る方法とは?

小学生になると一人で行動する子が増えてくると思います。登下校や放課後の外遊びで心 …

赤ちゃんの離乳食の進め方などの相談にものってくれる!栄養相談会のこと

少子化が進み、ベビー産業は集客のために、さまざまなサービスに力を入れるようになり …

赤ちゃん連れの外食はいつからOK?お店選びのポイントが知りたい!

赤ちゃんが生まれると、昼夜を問わずお世話が続くので、なかなか外出の機会がないもの …

保活の前に知っておきたい待機児童とは?「待機児童ゼロ」は本当に待っている子供がいないことなの?

待機児童とはなに?待機児童ゼロでも安心するのは危険! 待機児童の問題についてはた …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss