ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どものお小遣い相場まとめ!すぐなくなる・増額要求の対策も

   

お小遣い自由というのは、家庭によってかなりの差がありますよね。「我が家は○○円!」と決めたとしても子どもから「○○ちゃんの家ではもっともらってるのに!」と言われると、もっとあげたほうがいいのかな…と不安になる方も多いはず。

できることならば子どもも親も、納得できるお小遣いの金額を設定したいですよね。そこで、一般的な相場情報についてまとめてみました。子どものお小遣いを、いくらに設定したらいいのかわからず悩んでいるという方は、参考にしてみてください。

子どものお小遣いの意味は?

お小遣いのあげ方、あげ始めるタイミング、金額…。子育て中の親にとって、悩ましい問題ですね。お小遣いについて考えるうえで、押さえておきたい重要なポイントがあります。

お小遣いは、「親が何かしらの明確な目的を持ったうえであげる」ということです。それは「金銭感覚を養いたい」、「お金の大切さを教えたい」等の理由で結構です。

その理由を元に、あげ始めるタイミングや金額を決めていくと、適切なお小遣いを渡すことができるでしょう。

「子どもがかわいいから」、「周りの人があげているから我が家も」等、親が何となく渡すと、子どもにとってお小遣いが有意義なものになりません。せっかくあげるお小遣い。子どもの成長に一役買うものにしたいですね

子どものお小遣い相場まとめ

年齢によってお小遣いの相場は違います。小学生未満の場合、まだまだお金の価値について正しく理解していないので、1ヶ月にたくさんのお小遣いをあげる必要はないでしょう。相場としては150円から180円くらいとなっています。

小学生になると少しずつお金の感覚も身についていくので、適切な金額を設定し、正しいお小遣いの使い方についても学ばせたいですね。相場は次の通りとなっています。

小学生

小学生
1年生 300円
2年生 500円
3年生 500円
4年生 1,000円
5年生 1,000円
6年生 2,000円

中学生、高校生

中学生 高校生
1年生 2,000円 3,000円
2年生 3,000円 5,000円
3年生 3,000円 5,000円

家庭によってかなり差がありますので、自分の家庭事情に応じて適正な金額を考えてみましょう。

高い金額を設定するのも考えもの…

小学生の段階で毎月5,000円以上のお小遣いをもらっている方もいるようです。その場合、年間で6万円ものお金を手にすることになるわけですよね。

果たして本当に正しい使い方ができるのでしょうか。金銭感覚を身に付けさせるという目的で、小さいうちからお小遣いをあげている方も多いのですが、年相応とはいえない金額を設定してしまうと、かえって金銭感覚が狂います

ご紹介した相場を参考にしながら、お小遣いの与えすぎにはならないように注意してみてくださいね。特にお金の価値がよくわかっていない小学生未満の段階で、毎月決まった金額のお小遣いをあげるのはおすすめできません。

「○○を購入するにはいくら必要」という最低限の金銭感覚が身に着いてから、毎月のお小遣い制度を取り入れたほうが、お金の価値について正しく理解させられるでしょう。

お小遣いは何歳からあげる?

家庭によって大きな差があるものの、小学生になってからお小遣い制度を取り入れたという方が多いようです。

また、毎月決まったお小遣いの金額を設定していないという方も珍しくありません。本当に必要なものができた時に親に申請し、その分のお金を出してもらっているという方もたくさんいます。

ただ、子どもといっても友達づきあいもありますよね。一緒に出かけた際に友だちは自分のお小遣いの範囲内でお菓子を買ったりしているのに、お小遣いがないから自分だけ何も買えない…ということになっては大変です。

小学生になると友だちと遊びに出かけることも増えるので、小学生になったらお小遣いをあげることも検討してみましょう

お小遣いをあげてもすぐになくなる場合はどうすればいい?

相場と同じくらいのお小遣いをあげているものの、あっという間に使い切る子もいます。子どもということもあり、欲しいものを見つけたらすぐにでも買いたくなり、計画的にお小遣いを使っている子どもは非常に少ないです。

特に毎月1回決まった日にちにお小遣いをあげている場合、最初の1週間で使いきって、またおねだりされるという家庭も多いはず。このようなケースでは毎月1回お小遣いを渡すのではなく、1ヶ月のお小遣いを分割にして渡すのもおすすめです

月2回、または毎週1回という形でお小遣いを渡し、その範囲内でやりくりしてもらいましょう。お小遣い帳を用意し、いつどのような目的で使ったのか、子どもに理解させることも大切です。

お小遣いの増額を防げる可能性も!

お小遣いを渡しているのに子どもから「足りない」と言われ、増額した方が良いのか…と悩んでいる方も多いことでしょう。子どもが足りないという大きな原因は、計画することなくお小遣いを使い、手元からなくなるからです

これを防ぐためにも、分割でお小遣いを渡すのが効果的なので試してみてくださいね。

お小遣いの増額をお願いされたら?

計画的に使い、それで足りれば良いのですが、それでも足りないと言われることがあるかもしれません。お小遣いの増額をお願いされたら、なぜ今のお小遣いでは足りないのか、子どもに明確に説明してもらいましょう。

子どもはお小遣い増額のために、情報を集め、分かりやすく説明しようと努力します。その過程で、徐々にディスカッションに必要な能力を身に付けていくことができます。この能力は、一生モノです

親が説明に納得できれば増額、説明不足や情報不足であれば現状維持といった、子どもも納得できるような対応をしてあげてください。

大人が子どもを言い負かすのは簡単かもしれません。でも、それでは意味がありません。お小遣い増額を食い止めるために無理難題を投げかけるのではなく、子どもが対応できる範囲で討論していきましょうね。

よくあるのが友だちとの話の中で「私は毎月○○円のお小遣いをもらっている」という話を聞き、それをうらやましく思って増額をお願いするケースです。

お小遣いは足りているけれど「○○ちゃんが○○円もらっているらしいから私もそれくらいほしい」というような理由で、増額を求めているのであれば応じる必要はないでしょう。

そうではなく、「今のお小遣いでは○○に○○円使うと残らない、だから○○を買うためにあと○○円増やして欲しい」というように、明確な理由と金額があるのであれば応じることも検討してみてくださいね。

理由を聞く事なく、とにかくだめ、と伝えてしまうと子どもの不満もたまります

お小遣いは金銭感覚を養う大切なもの

子どもにお小遣いをあげる際には、先にご紹介した相場を確認しながら、多すぎず少なすぎない金額を設定しましょう。自分でやりくりをし、もらったお小遣いの中で納めるというのは、金銭感覚を身につけるためにも必要なことです

小さいうちからお小遣いをあげるなんて、贅沢だと思う方もいるかもしれませんが、教育の一環と考えてみてくださいね。

子どもの頃に身に付けた金銭感覚というのは、大人になってからも大きく影響してくるものなので、金額については慎重に考えることが大切です。

  関連記事

ネットいじめの抑止力になる!?Filiiのしくみと利用方法について?

小学生がスマートフォンを持つことが珍しくない現代、親の目の届かないインターネット …

結婚できなくなる娘の育て方があるって本当?その特徴とは?

生まれた赤ちゃんが女の子だとわかったとき、苦労の少ない、幸せな女性になってほしい …

天候に左右されたくない人にオススメの室内遊園地はどこ?

休日に家族でレジャーを楽しみたいと考える家庭も多いと思いますが、気になるのは天候 …

6つのこ食が子どもたちに悪影響を及ぼす!その理由とは?

食育が盛んになって久しく、その方法もさまざまです。 食育に関心がある場合、「こ食 …

保活中のママは必見!認可保育所の入園予約制度とその今後

2016年8月、厚生労働省は各自治体に対し、認可保育所への入園予約制度導入につい …

妊娠中でも、無理がなくできる仕事はある?妊娠中にむいている仕事とは?

現代は、共働き世帯が専業主婦世帯を大幅に上回っており、妊娠中も仕事を続ける女性が …

子育てをしながらパートを始めるタイミングっていつ?パートの選び方とは?

妊娠・出産を機に一度は仕事を辞めたものの、子どもが成長すれば何かとお金がかかるの …

三角コーナーを使う必要が無くなる時が来る!?生ゴミを賢く捨てる方法とは?

生ゴミの水を切ってためておき、纏めて捨てることが出来るキッチンシンクの三角コーナ …

ママになった証の「母子手帳」!その利用方法や新しく生まれた電子母子手帳とは?

早く手に入れたい「母子手帳」、いったいどこで、いつくれるんだろう? 「そういえば …

どう選ぶ?双子のためのベビーカー選び

妊娠が判明するとともにお腹の中の胎児は双子ですと診断されたら、ちょっとびっくりし …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss