ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

お年玉の相場はどれくらい?正しいあげ方やマナーも紹介

   

お年玉の金額というのは、家庭によってかなりの違いがありますよね。

自分の子どもにあげる分については、それほど深く悩む必要はありませんが、よそのお子さんにあげる場合には、どれくらいの金額を入れれば良いのかしっかり考えておかなければなりません。

自分の子どもと同い年のお子さんに、こちらから渡したのは3,000円だったのに、相手からもらったお年玉袋には5,000円入っていた…ということになると気まずいですよね。そこでお年玉の相場などについてご紹介しましょう。

お年玉の相場はどれくらい?

地域や家庭によっても違いは大きいです。まず、何歳になったらお年玉をあげるべきなのか?という問題についてですが、1~3歳の場合には、あげないという方も珍しくありません。

ただ、自分の子どもがお年玉をもらったということであれば、例え相手の子どもの年齢が1~3歳だったとしても、お付き合いという意味でお年玉を渡した方が良いでしょう。

小学生未満の子どもに対するお年玉の相場は、1,000円前後となっています。

お小遣いは、小学校の学年が一つ進むたびに増やす家庭も多いようですが、お年玉の場合は何年生だからいくらという形ではなく、小学生はひとまとめにしてだいたい3,000円程度が相場のようです。

中学生くらいになると3,000円~5,000円、高校生では5,000円~10,000円、大学生は10,000円前後が相場となります。

注意すべき金額

お年玉というのは、新年を迎えたおめでたい席で配るお金でもありますよね。そのため、あまり縁起が良くないとされている「4」に関連する金額は避けておいたほうが無難です

400円4,000円といった金額は、お年玉にはふさわしくありません。

例えば、中学生のお兄ちゃんに5,000円をあげようと思った場合、その妹が小学校6年生というケースでは、お兄ちゃんより少ない金額を設定しようと考える方もいるでしょう。その際には4,000円ではなく3,000円にした方が良いですね。

赤ちゃんにはお年玉をあげるべき?

まだお金には全く興味がないような赤ちゃんが相手の場合、お年玉をあげたほうが良いのかどうか悩んでしまいますよね。こういったケースではお金ではなく、おもちゃやお菓子を贈るのもおすすめです

赤ちゃんの場合、例えお年玉として渡したとしても親の手に渡ります。このことを考え、初めから親にお年玉を渡し、「○○ちゃんに何か好きなものを買ってあげて」というように伝えるのもおすすめです。

お年玉を渡すのはどの関係性まで?金額はどう決めるの?

お年玉を渡すとき、誰の分まで用意するか悩むもの。さらに関係性によって、金額も前後します。自分の子どもに渡さない人であっても、「甥っ子や姪っ子には渡す」ということもあるようです。

親戚の子どもや友人の子どもなど、お年玉を渡すかどうか悩ましい関係の人もいますね。甥っ子や姪っ子、孫など近い関係にある子どもには、比較的高額のお年玉を用意する人が多いです。

一方で、親戚や友人の子どもには、気を遣わせない程度のお年玉にしておくことが無難と言えます。高すぎず安すぎず、年齢に合った適切な金額のお年玉を渡すように心がけましょう

お年玉をあげない人も多い

近年、そもそもお年玉をあげないという方も増えているようです。

お相手が小学生くらいだとあげている方も多いのですが、高校生、大学生になったらあげないという方も珍しくないようなので、このあたりは各家庭の事情によって異なります。

ただ、こちらはあげるつもりがなかったとしても、相手からお年玉をもらった場合には、きちんとお返しするのがマナーだといえるでしょう。お年玉袋は一応用意しておくと安心ですね。

10枚入りというように、それなりの枚数がセットになっているものが多いのですが、場合によっては1~2枚しか使わない…という方もいるはず。

そういった場合にたくさん入っているものを購入するのはちょっと…ということであれば、近年はインターネット上から無料でダウンロードできるぽち袋があるのでそういったものも利用してみてくださいね。

親と相談してお年玉をあげる年齢や金額を決めている人も!

家族や親族に相談をして、お年玉に関する取り決めをしておくというのもおすすめの方法です。例えば、お互いに子どもがいる相手の場合、双方でお年玉はなし、と決めている家庭も珍しくありません。

また、金額についても悩んでしまいがちですが、これもある程度は親族と相談をして決められるとわかりやすいですね。

何歳まであげれば良いのかという問題で悩んでしまう方もいますが、学生のうちはあげると考えている人が一般的なようです。

お年玉に関するマナー

そもそもお年玉は何日までに配れば良いの?ということについてですが、これは松の内となる元日から1月7日までにあげるのが昔からのしきたりとされています。

使うお札は新しい門出をお祝いするという意味も含め、新札を用意するのが常識です。年末は何かと慌ただしくなりがちですが、合間を見て銀行で両替をして新札を用意しておきましょう。

それからぽち袋に入れる際にも、注意点があるので気をつけてくださいね。お札を入れる場合は折るわけですが、表面となる肖像が内側になるように折ります。このとき、左側を折ってから右側を折りましょう。

ぽち袋に入れる際には天地が逆さまにならないように注意しながら、最後に折った右側がぽち袋の正面側にくるようにいれます。

何枚か千円札を入れる場合は重ねてから折りましょう

硬貨を入れる場合も向きに注意が必要です。製造年が刻印されている側が裏となるので、絵柄が書かれている表面がぽち袋の正面を向くように入れてくださいね。

ぽち袋は、表に相手の名前、裏に自分の名前を書きます。ぽち袋によっては、表全面にイラストがある場合も。その場合には、裏側に両方書くなど、臨機応変に対応しましょう。

お年玉の相場は広い

年末年始といえば何かとお金がかかる時期でもあるため、小さな子どもがいる親戚が多いと、金銭的に厳しくなることもあるでしょう。ご紹介した金額はあくまで相場なので、必ずしもこの範囲内でなければいけないというわけではありません

家庭事情によって相場通りの金額を用意するのが難しいという方も、一つの参考としてとらえてみてくださいね。

  関連記事

3つのお店のメリットを兼ね備えるローソンストア100の魅力とは?

コンビニエンスストアのローソンが運営している「ローソンストア100」は、お客さま …

赤ちゃんの安全を守るベビーサークルの使い方とは?手作りできる?

妊娠・出産を控えて、赤ちゃんのものを用意するときは、退院後の生活のことを考えるの …

福祉先進国のフィンランドで行われているネウラボ子育て支援とはなに?

諸外国で福祉や教育制度は異なるものですが、世界各国で注目を浴びている育児制度があ …

しまむらのコラボ戦略がスゴイ!しまむら×ブランドの魅力とは?

しまむらと聞くと、「ロープライスだけどデザインはイマイチ…」と思い込んでいる人も …

寝具はいつも清潔を保ちたい!枕の正しい洗濯方法とは?

春の大掃除の季節ですね。寝具も一新して清潔にあらいたいものですが、皆さんは枕カバ …

保活に成功するためのポイントとは?保育園の選び方も知っておこう

近年、「保活」という言葉をよく見聞きしていることでしょう。待機児童問題が解決する …

いまやタオルより人気!?キャンドゥの手ぬぐいの魅力とリメイク方法のこと

出典:Instagram   キャンドゥをはじめとする100円ショップ …

赤ちゃんおにぎりとは?そのやり方と注意点のこと

お笑い芸人のエハラマサヒロさんは、お子さんを3人育てているパパでもあります。そん …

リーズナブルに北欧デザインが手に入る!イケアのソファの魅力について

イケアは、スウェーデン生まれの世界最大の家具メーカーです。リーズナブルなのに、オ …

産休・育休中の給料は?支給される手当の計算方法もチェック

妊娠してお腹が大きくなってくるとそれまで忙しく働いていた方でも仕事を続けるのが難 …