ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

パパ・ママ育休プラスで育児休業が伸びる!特許の条件は?

   

男性は外で働いて女性は家のことをするという感覚が昔は当たり前でしたが、最近では平等化が進んできています。そのため、夫婦で協力して子育てをすることでお互いの負担が減るのはもちろん、愛情も二倍になるのでお子さんにとってもいい環境といえるのではないでしょうか。

しかし、パパやママが利用できる制度の中には知っていないと利用できないものもあります。つまり、知らない人は損をしてしまうものがあるということですね。

例えば、「パパ・ママ育休プラス」というものはご存知でしょうか。これは簡単にご説明すると育児休業の期間延長に関する特例のことで、平成22年6月30日から実施されました。育児休業について検討しているという方はぜひチェックしてみてくださいね。

パパ・ママ育休プラスとはどのような特例?

育休といえば、産後お子様が1歳未満まで母親がとれる休みのことです。しかし、パパ・ママ育休プラスは、従来1年と定められている育児休業よりも期間が2ヶ月延長可能になり、1歳2ヶ月まで育児休業が認められる特例のことです。

ただし、利用するためには「父母がともに育児休業を取得すること」という条件が定められているので注意しましょう。つまり、ママだけが育児休業を取ったとしても対象にはならないということですね。

ただ、ここで勘違いしてはいけないのがパパとママが同時に育児休業を取る必要はないということです。例えば、パパ・ママ育休プラスが適用された場合、従来通りママが育児休業を1年取り、そのあとパパが2ヶ月分の育児休業を取るということが認められます。

パパの育児休業開始予定日は子どもが一才の誕生日を迎えるよりも前に設定する必要があるので気をつけましょう。また、パパが育児休業を開始するよりも先にママが育児休業後開始する必要があります。これはほとんどの場合は問題なく当てはまるでしょう。

ただし、パパとママがそれぞれ取得できる育児休業の期間は1年が原則となっているため、例えばパパも育児休業を取るからといってママの育児休業が1年2ヶ月まで認められるというわけではないので勘違いしないようにしましょう。

パパとママの育児休業期間は重複することも可能なので、大変な時期などは2人で協力しながら赤ちゃんを育てられます。

父親の育児休業再取得が可能

育児休業は連続して休業した場合に限り1回までの取得が認められる制度です。そのため、ママが出産後5ヶ月育児休業を取って育て、その後おばちゃんに1ヶ月預けた後に再度ママが育児休業を取る…といったことは認められません。

しかし、父親の場合は産後8週間以内に育児休業を取得したケースに限られるものの再度育児休業を取ることが可能です。ただし、この場合も再取得する前の育児休業と合わせて1年を超えない範囲でのみ認められる形になります。

父親のみこれが認められる理由としてあげられるのが、産後8週間以内という期間はママの体力を回復するための大切な時期だからということも関係しているでしょう。その中で授乳をしたりおむつを交換する必要もあるため、パパが育児休業を取ってくれると非常に助かります。

といっても、ママが産婦人科に入院してる間は特にやることもないため、いつから育児休業を取るべきかというのはママが退院するタイミングを見ながら考えましょう。

ママが専業主婦でもパパの育児休業が認められる

これまで、ママが専業主婦だった場合はパパの育児休業は認められていませんでした。しかし、法改正により認められるようになったのです。

そもそもこの制度は父親も育児休業を取りやすいように整えられたものなので、妻が専業主婦だった場合にもパパは必要に応じて育児休業の申請が認められます。

どうやって申請したら良いの?

勤務先に休業開始予定の1か月前までに書面で申請ができるようです。また、事業主が認めればメールやFAXでもよいところもあるようです。事業主は、申請があれば開始予定日及び、終了予定日を速やかに労働者に通知しなくてはならず、繁忙などの理由から拒むことはできないようです。

パパママ育児プラス制度を利用する場合の給料の支給については、以下のようになっています。

  • 育児休業給付金支給申請書
  • 配偶者の育児休業取扱通知書の写し
  • 住民票の写し

子どもが1歳に達する日の前日を含む支給対象期間までの申請時に、上記書類を添付しハローワークへ行き申請しましょう。休業中に給料が全額出なかったとしても、多少の額が支給されることはとてもありがたいことです。

早めに手続きをし、給付金額や給付期間などについて確認しておくとよいでしょう。また取得の期間についても、夫婦でよく話し合ってお互いに負担のないように計画してみてください。

どんなメリットがあるの?

母親の産後の体をやすめることができます。出産は本当に体に大きな負担がかかってしまうので、その中で育児に忙しい時期など、父親の存在があると安心です。また、育児ノイローゼも回避できるでしょう。

そして普段、父親は仕事で赤ちゃんのおきている様子をなかなか見れませんが、日中の様子をみて育児へ積極的に参加できることが魅力です。出産による退社をしなくてよいのも、会社にとっても本人にとってもとてもうれしい制度ですよね。

子供の成長には1歳6か月ごろまでの両親とのスキンシップが人間形成に良い影響を与えるといわれているので、大切な期間に深くかかわることができるのもとても大きなメリットです。

またホルモンバランスによる産後鬱など、ママの体の負担も軽減できるはずです。育児休暇を取ったからと言ってすべてを背負う必要はありません。夫婦で助け合って笑顔のあふれる家庭が築ければ嬉しいですね。

職場側の理解も必要

法の改訂によりパパが育児休業を申し出た場合、例え妻が専業主婦でも会社側はそれを拒めないということになったのですが、まだまだ会社側の理解が得られていないケースも多いようです。

実際に育児休業を申請したところ、会社側から嫌みを言われてしまったというケースもあるようなので、妻の妊娠がわかった頃から会社側に相談しておきましょう。

パパが育児休業を取ることによりママがしっかり休めるだけでなく、赤ちゃんと触れ合う機会も増えるので利用する価値は非常に高い制度です。

制度を最大限活用して充実した子育てライフを

せっかくの制度があるので、思い切って利用してみることで仕事から少し離れリフレッシュが出来るのではないでしょうか。毎日のように子どもと向き合うことは慣れないことで、大変なことも多いですが、癒されることはとても多いです。

そして母親も少し休みを取ることが出来るので、子供も母親だけでなく父親とたくさん触れ合うことができるとてもいい機会だとおもいます。

仕事を離れることで不安になる方もいるかもしれませんが、休暇中に得る育児での様々なものはとても大きいものになるはずです。楽しい育児休暇になりますように。

  関連記事

寝具はいつも清潔を保ちたい!枕の正しい洗濯方法とは?

春の大掃除の季節ですね。寝具も一新して清潔にあらいたいものですが、皆さんは枕カバ …

キッズソファはこう選ぶ!市販or手作り、あなたはどっち派?

海外のおしゃれな子供部屋でよく見る「小さなソファ」。可愛らしいデザインのソファに …

和食マナーは子どもにも教えるべき?そのメリットと方法は?

和食のマナーと聞いて、自分がきちんとできているかどうか、不安に思うパパやママも少 …

幼稚園で定められている教育要領とは?幼児教育の教育方針はどういうシステムになってるの?

幼稚園では保育園よりもさらにステップアップされた教育が施されることを、誰もが期待 …

幼稚園でも実施されてる?延長保育の実態とは?最大でどのくらいの時間まで預かってくれるの?

幼稚園に通わせると子どもは早い時間に帰ってきてしまう、そんな時代もありました。 …

子ども用の傘を選ぶポイントとは?適正なサイズって?

子どもが小さいうちは、傘を持って歩くのが難しいので、レインコートを着せて外出する …

ハンチントン病は遺伝するって本当?原因と症状、治療方法は?

日本では、さまざまな病気を難病指定しています。「ハンチントン病」も、そうした病気 …

ベランダで簡単に始められる家庭菜園を子供と一緒に楽しもう!家庭菜園を行うポイントは?

ベランダや庭で家庭菜園を楽しんでいるご家庭も少なくないでしょう。家庭菜園は自分で …

上履き入れにも種類があるって本当?その作り方が知りたい!

子どもが保育園や幼稚園、小学校、児童館などに通い始めると、上靴を用意する必要があ …

子どもとお出かけ!長時間の車移動の際に必要な持ち物ってなに?

子供との遠出は色々と心配だらけです。着替えも大人の2倍以上必要な上に子供の行動は …