ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

チャイルドシートとベビーシートとジュニアシートは何が違うの?

   

日本では車に乗る際、乳幼児をチャイルドシートに乗せることが義務付けられています。そのため、妊娠中にベビー用品店を訪れるご夫婦も多いと思いますが、チャイルドシートやベビーシート、ジュニアシートがあり、種類も豊富なので、何を基準に選んだらよいのか迷う人も多いようです。

そこで今回は、チャイルドシートとベビーシートとジュニアシートの違いと、対象年齢などについて、お話しします。可愛い我が子の命を守るために購入するものなので、納得のいくものを選びましょう。

チャイルドシートって何?対象年齢は?

チャイルドシートとは、生後9カ月から4歳ごろまでの幼児を対象につくられているシートのことをいいます。車の進行方向と同じく前を向くタイプで、そのほとんどが股と腰、肩の5点をハーネスでサポートします。リクライニング式のものも多く、乳幼児に合わせて角度が調節できます。

この時期の乳幼児は、車に乗せると振動で眠ってしまうことが多いので、リクライニングを調整して座りやすくしてあげるのがおすすめです。長時間お座りができるようになったら、ベビーシートからチャイルドシートに移行する家庭が多いようです。

チャイルドシートには、年齢や身長、体重の目安が書かれているので、月齢に縛られることなく、座り心地で選んであげましょう

ベビーシートって何?対象年齢は?

ベビーシートとは、新生児から生後9カ月ころまでの乳児を対象につくられているシートです。車の進行方向とは異なる、後ろ向きに装着するという特徴があります。これは、交通事故での死亡・傷害の多くが、後方あるいは側面からの追突のことが多いからです。

ベビーシートの中には、キャリーやラックとしても使用できるものもあるようです。ベビーシートの背もたれは、首が座っていない赤ちゃんが万が一衝撃を受けた際に、それを分散できるように45度程度の傾斜がついています。

ベビーシートの対象年齢は1歳とされていますが、この時期の赤ちゃんの体格には個人差があるので、体重や窮屈そうでないかを基準に、チャイルドシートへの移行を検討しましょう

ジュニアシートって何?対象年齢は?

ジュニアシートとは、主に学童用といわれるシートです。3~7歳ころ(目安体重15~25kg)のグループⅡと、5~12歳ころ(目安体重22~36kg)のグループⅢに大別されます。ジュニアシートになると、どちらのタイプであっても、車のシートベルトの装着をすることになります。

子どもの体重が18kgを超えたら、ジュニアシートに移行するタイミングです。とはいえ、チャイルドシートまでは5点で身体を支えていましたが、ジュニアシートは3点になります。きちんと車内で聞き分けよく座っていられることが、使用にあたっての条件となります。

背もたれのあるタイプとないタイプが販売されていますが、肩と腰がきちんと支えられるものを選びましょう。ジュニアシートを使う目安は、子どもが145cmを超えるまでが基本です

子どもの安全を守るため、必ず使おう

チャイルドシートとベビーシート、ジュニアシートは、万が一交通事故にあった際に、子どもの命を守る確率を上げるためにも必ず必要なものです。子どもの月齢や年齢に合わせて、上手に活用しましょう。

近年は、ベビーシートからチャイルドシート、ジュニアシートが、1台ですべてまかなえるタイプの商品も増えているので、購入前にベビー用品店でチェックするのもよいでしょう。

また、国内製と海外製でも、特徴が異なります。安全基準はヨーロッパ製の方が優れていますが、日本製の場合は素材やファブリック、縫製など快適性能が優れているので、乗車時間や頻度も考慮して、選ぶようにしましょう。

  関連記事

ドイツ製のベビーカーがおすすめって本当?その特徴や機能、価格について知りたい!

赤ちゃんが生まれるにあたり、ベビーカーの購入を考える家庭が多いことでしょう。その …

ママが働きやすいプラチナくるみん認定の企業とは?

プラチナくるみんって何? 出典:厚生労働省 新「くるみんマーク」と「プラチナくる …

天候に左右されたくない人にオススメの室内遊園地はどこ?

休日に家族でレジャーを楽しみたいと考える家庭も多いと思いますが、気になるのは天候 …

学童保育には公立と民間がある!?公立と民間の違いとは?

子どもが保育園に通っているときは親は保育園に送り迎えをすればよかったのですが、小 …

雨の日に親子で楽しめる室内遊びはある?室内遊びでのポイントとは?

子どもは遊びを通して、さまざまなことを学んでいます。身体を鍛える意味でも、天気が …

母子家庭は住宅手当や家賃補助を受けられるの?公営住宅に入りやすい?

諸般の事情で母子家庭になることが決まった場合、生活費の確保とともに考えなければな …

ベビー用品をレンタルするときの選び方とは?その注意点は?

ベビー用品の中には、使う期間がさほど長くないものがたくさんあります。あれば便利で …

子どもにとって兄弟ってどんな存在?兄弟がいると良いこと

子どもは一人でよいと思っていたけれど、ふとママの頭の中に思い浮かぶ子どもには兄弟 …

子育て世帯が知っておきたい!乾燥機の種類と選び方のこと

子どもが産まれると、とたんに洗濯物の量が増えます。そして、専業主婦世帯を共働き世 …

子育てにはお金がかかる!育児費用を節約する方法はある?

赤ちゃんを授かることは、夫婦にとって望外な喜びです。ですが、子育てにはお金がかか …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss