ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

出産前の産道準備にピッタリ!おしり歩きってどんなもの?

   

マタニティ ヨガ、マタニティ ダイエット、妊娠で身体が変化する妊婦さんには、多くの健康法が推奨されています。次々に話題になる健康法のなかでも、いま話題の「お尻歩き」を耳にした人も多いのではないでしょうか。

誰でも簡単に習得することができるうえに、実践する場所を一切選ばずに自宅で習慣にすることができます。妊婦期間の「お尻歩き」は妊婦さんにどのようなメリットをもたらしてくれる運動になるのかを簡単にご紹介します。

おしり歩きってなに?

そもそも、「お尻歩き」というエクササイズは、身体の臀部を軸に使用して、前方方面へ進む動き方で知られています。お尻をついて座り、両膝を立てます。体育座りの姿勢から脚を倒し気味にして座り太ももと足首の間に空間を作ります。

このような体育座りを崩した姿勢でお尻を軸にして進みます。マットなどのアイテムを必要とせず、ただ一人でいつでも自宅の絨毯の上でも運動することができます。

とても効率的な「お尻歩き」は、便秘の解消、冷え性改善、ダイエット効果、などが推奨されていますが、妊娠期間中には便秘の改善効果を期待されていることが多いようです。

どんな効果があるの?

「お尻歩き」は、ダイエット効果、冷え性改善効果、骨盤の歪みの解消効果、便秘の解消効果と謳われています。

骨盤矯正

骨盤の矯正は自己の上半身の体重を重力として利用させることで強い矯正力を発揮します。

冷え性改善、ダイエット効果

骨盤を取り囲む筋肉が鍛えられることで、ウエストからヒップの引き締め効果が期待できます。両腕を大きく振ることで両脇の腹斜筋が鍛えられ、結果引き締め効果が期待できます。有酸素運動により深部の筋肉が鍛えられて血行促進効果も得られます。

便秘の解消効果

お尻歩きの刺激が直腸や大腸に伝わり、便通の改善が期待されます。

以上、「お尻歩き」の効果について紹介しました。一日5分から10分程度のエクササイズを習慣にして以上の効果を期待することができるようです。ただし、妊娠期間や体調に留意した運動を心がけるようにします。

おしり歩きのやり方は?

「お尻歩き」は1日に5分程度のエクササイズで充分といわれています。できれば、マットと動きやすい服装を準備するとよいでしょう。

マットのうえに体育座りの格好をしてから、両足を伸ばします。マットと足の間にトライアングルの空間が出来る位脚を突き出します。そのような体育座りのままで、お尻を軸にして前方に進みます。この時には両腕を左右に振って進むと前進が行いやすくなります。

ポイントは、両脇の腹斜筋を意識して、両腕を降り臀部の筋肉を使います。通常は右手と右足が交互に出ますが、ここでは、足と肩を同時に進めて歩くことがポイントです。

また、つま先を駆使して歩みを進めず無理に進むのではなく、お尻の筋肉を意識したお尻歩きが目的に沿った効果的な方法です。このようにして「お尻歩き」のエクササイズは簡単に取り組むことができます。是非に試してみる価値がありそうです。

注意すべきことやコツは?

「お尻歩き」は効率的なエクササイズです。場所と道具を選ばずに一人でも取り組むことが可能です。しかし、効果を期待するには幾つかの注意点があります。

効果的に取り組むためのお尻歩きの禁忌事項

  • 腰痛の場合には控える
  • つま先や脚の力で進まないようにする
  • 歩行時のように腕と足を交互に出さない
  • 左右に脚を開いて進まない
  • 妊娠期間は体調に留意する
  • 簡単なストレッチですが、身体に柔軟性がない場合には無理に取り組まない
  • 痔の疾患を抱えている場合には症状によっては控えることも大切です

以上の項目に留意して「お尻歩き」に取り組みましょう。出来るだけ両腕を大きく振ることが望ましいですが、部屋の中で両腕を伸ばすことができない場合には、胸の前で腕を組んで前進します。妊娠期間中の身体の場合には、焦らずにゆっくりと前進運動を心がけていきます。

無理をせずに少しずつでも続けることが大切!

話題の「お尻歩き」について簡単にご紹介してきましたが、妊娠期間中にも取り組むことができる「お尻歩き」は、妊婦さんに便秘の解消効果を期待されています。

大腸が長く直腸型便秘が多い日本人女性には、このような運動を習慣化させることが大切です。

さらに無理なく習慣化させるには、正しい知識を身につけて行うことが重要です。一人でも取り組むことができますが、ヨガのように他者とも共有することができます。家族とともに習慣化できれば楽しく取り組むことができますね。

  関連記事

入学式にママが着るスーツ選び方とは?アクセサリーの付け方は?

小学校の入学式は、ママやパパにとって、子育ての節目となる行事の一つです。そのため …

子供が毛深いと学校でいじめにあいやすいって本当?子供の脱毛方法は?

体毛は、全身に生えており、その数は150~200万本といわれています。中でも、腕 …

働く女性が受けるマタニティハラスメントの原因と対策とは?

少子高齢化が進む現代の日本にとって、女性も重要な労働力です。また、終身雇用制度が …

筆箱にも種類があるの?選び方のポイントが知りたい!

小学校に入学するにあたり、ランドセルや上靴など、用意しなければならないものがたく …

子どもの病気を癒してくれる!医療機関で常勤が広まっているセラピー犬のこと

盲導犬を見かけることは、案外多いのではないでしょうか。ですが近年、盲導犬以外の犬 …

共働きでも小学校受験に合格できる?そのための対策とは?

近年、教育格差の問題が深刻化しています。公立小学校や中学校に進学するのが当たり前 …

ニトリの座椅子でゆったりとした時間を過ごしませんか?ニトリのおすすめ座椅子10選

ひと息ついてお茶を飲んだり、テレビを見たりするのは、子育て世代にとって貴重なひと …

複数の子どもの名前を間違えて読んでしまう!その原因と改善方法は?

子どもが二人以上になると、名前を呼び間違うひとが多くなります。そして、子どもだけ …

義実家と同居した方がいい?そのメリットとデメリットは?

共働き家庭が増えている現代、保育園の待機児童の問題は深刻です。仕事を続けるために …

市川市が保育園開設断念に追い込まれた事情と今後への課題とは?

2016年4月、市川市に開園予定だった私立保育園が、近隣に住む住民による反対で建 …