ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

体温調節がしやすい、春のマタニティファッションのコーディネートのコツは?

   

妊娠すると、女性の体内ではホルモンバラスが急激に変わります。そして、週数が進むとお腹が目立つようになり、これまで着ていた洋服が入らなくなります。そんな妊婦さんの身体に合わせて、マタニティウエアがつくられています。

最近は、オシャレなマタニティウエアも増えていますが、コーディネートに迷うママもいそうです。そこで今回は、春のマタニティファッションのコーディネート術を中心に、マタニティウエアを着る際の注意点について、お話しします。

妊娠初期から必要なマタニティウエアがある

まず、マタニティウエアは妊娠初期から必要になるものがあります。それは、インナーです。妊娠すると、赤ちゃんの体温で温かくなると思い込んでいるママが多いのですが、それは違います。お腹の赤ちゃんはママの血液から、酸素や栄養を補給していますが、それが心臓から子宮に届くまでの間に、全身を巡っています。

そのため、ママが薄着で身体が冷えていると、赤ちゃんに届く血液も冷たくなってしまうのです。その結果、流産や先天性異常の発症リスクをあげることになります。

そうした身体の冷えを防ぐために、下着やタイツ、レギンス、腹巻などは、妊娠初期から活用することをおすすめします。お腹を冷やさないことは、つわりの軽減にも効果があるとされているので、心がけましょう。

春のマタニティファッションのおすすめは?

では、春のマタニティファッションを考えるとき、何を優先したらよいのでしょうか。それは、1日の中で気温の変化が激しいことを、念頭においてコーディネートすることです。

春先は、日差しは暖かくても風が吹くと寒いことが多いので、すぐに羽織れるアウターを用意して、体感温度に合わせて脱着ができるようにしておくと便利です。

また、お腹がふくらんでくると、それまで履いていたパンティストッキングやタイツなどがきつく感じたり、入らないことが増えてきます。

マタニティ用のレギンスやトレンカなどを用意しておくと、下半身の冷えを防ぐ意味でも重宝します。妊娠中でもオシャレするのはよいですが、身体を冷やさないマタニティファッションになるように、配慮してくださいね。

春におすすめのコーディネートとは?

では、春におすすめのコーディネートには、どんなものがあるのでしょうか。マタニティファッションでコーディネートしやすいアイテムには、ワンピースやサロペット、ゆるめのニット、ロングカーディガン、ストールなどがあります。

春のマタニティファッションで考えるときは、シチュエーションも大事です。働く妊婦さんの場合は、伸縮性のある素材でできたタイトなワンピースに、ロングカーディガンやトレンチコートを合わせると、センスアップできます。

また、妊婦健診や買い物などでちょっとオシャレしたいときには、淡いピンクのシャツやニットに、ダークグリーンのシンプルなパンツなどを組み合わせ、首元にストールを巻くと、春らしさを演出できます。

サロペットにも、ワイドパンツタイプやスカート風など、いろいろなタイプがあるので、気分に合わせて、使い分けましょう。

妊娠中は体温調節しやすい服装を心がけよう!

妊娠中でもオシャレしたいママは、女子力が高く、ステキです。とはいえ、オシャレ優先で、お腹の赤ちゃんを冷やしてしまっては、何の意味もありません。

アウターは羽織りもので調節できるように薄着でも構いませんが、インナーでしっかり冷え対策をしておくのが基本です。暑ければ脱ぐ、寒ければ着るで調節できるファッションが理想なのです。

また、外出時にはく靴はヒールではなく、安定感のあるものを選ぶのが大原則です。洋服とのコーディネートも大事ですが、歩きやすく、安定感のある靴をチョイスするようにして、転ばないように気をつけましょう。

  関連記事

子どもの名前を付ける時の親への責任や、その後の後悔とは?

名前とは親が初めて子どもにプレゼントするもので、一生関わるものです。家庭によって …

ダイソーの収納グッズで片付け上手に!?おすすめ収納グッズ10選

みなさんはリビングやキッチンの収納に困っていませんか?引き出しの中に入れてはいる …

お子さんが園生活を始めるなら、覚えておきたい連絡帳の書き方のこと

お子さんが初めて保育園や幼稚園に通い始めると、ママの生活は一変します。そして、お …

小さくなったクレヨンはリサイクルできる!レインボークレヨンの作り方とは?

幼児にお絵描きをさせるときに使う文房具の筆頭といえば、やはりクレヨンでしょう。保 …

リーズナブルでサイズや形状が多彩!ニトリのカラーボックス

ニトリのカラーボックスは、幅は「スリム」「レギュラー」「ワイド」の3種類、高さは …

身体が冷えやすくなる、冬におすすめのマタニティファッションとは?

寒い冬は、室内にいても身体が冷えてしまう場合があります。妊娠中期以降は、腹帯を巻 …

素材も種類もさまざまなおもちゃをお手入れする方法は?そのメリットは?

赤ちゃんの消化機能は大人ほど整っていないため、授乳の際には除菌や殺菌が不可欠です …

ママが働きやすいプラチナくるみん認定の企業とは?

プラチナくるみんって何? 出典:厚生労働省 新「くるみんマーク」と「プラチナくる …

日々の成長の記録をつけよう!育児日記のつけ方、続け方

この世に誕生してからの赤ちゃんは、ものすごいスピードで日々成長し毎日いろんなこと …

子ども用の傘を選ぶポイントとは?適正なサイズって?

子どもが小さいうちは、傘を持って歩くのが難しいので、レインコートを着せて外出する …