ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子供に持たせるハンカチは何を選べばいいの?おすすめは?

   

 

子供が幼稚園や小学校に通うようになると、毎日ハンカチとポケットティッシュを持たせることになります。そんなとき、子供用のハンカチを何枚用意したらよいのか、どんな素材のものを選べばよいのか、迷うママもいそうです。

そこで今回は、子供に持たせるハンカチの選び方について、お話しします。子供用ハンカチにも種類があり、年齢や用途によって便利な素材が変わりますので、その点を踏まえて、洗い替えも含めて準備してあげるようにしてくださいね。

子供用ハンカチでおすすめの素材は?

 子供用ハンカチには、いくつか種類があります。素材でいうと、タオル地のものとガーゼ地のもの、通常の綿素材の3種類に大別されます。子供の洋服のポケットに無理なく入れられるのは、綿素材やガーゼ地のものです。

お弁当や給食の時間の前に手を洗う習慣があるなど、子供が手を拭く回数が多い場合には、吸水性の高いタオル地がおすすめです。ですが、タオル地は厚く、ポケットに入りにくいこともあります。

そんなときは、ガーゼ地のハンカチを入れてあげましょう。ガーゼ地は何度洗濯をしても、ふんわりとした触り心地は変わりませんし、濡れてもすぐに乾くので、子供も重宝するはずです。

子供の年齢が高くなり、口を拭うことがなくなってきたら、綿素材に変えてあげるとよいでしょう。

子供が使いやすいサイズはある?

 子供用のハンカチは、その手のひらのサイズにあわせてつくられています。大人のハンカチと比べると、ミニサイズあるいはハーフサイズであることがほとんどです。

基本的には、四つ折りでポケットに入れやすい15~20cmのものがほとんどなので、そのサイズで素材が違うものをいくつか用意しておくとよいでしょう。

日常的に使うタオル地やガーゼ地のものを5枚、綿素材を2~3枚用意しておくと便利です。ただし、汗をかきやすい夏や、子供が小さくて上手に手を拭けないときには、一回り大きなハンカチの方が使い勝手がよいです。

いつものサイズのハンカチを持たせるときには、ポケットに1枚、バッグに替えのハンカチを別に入れてあげるようにしましょう。

人気の子供用ハンカチにはどんなものがあるの?

 では、子供用のハンカチで人気があるものを、いくつかご紹介しておきましょう。まず、マークス オリジナル 通園グッズシリーズ ハーフハンカチです。

小さな子供の手でも持ちやすいように、ハーフサイズになっているガーゼ地ハンカチです。通気性と吸水性を兼ね備えた泉州タオルが使われているので、肌触りもよいと評判です。

次に、コロ工房 キッズはんかちです。カラフルなデザインバリエーションが豊富で、触り心地にこだわり、裏地がオーガニックコットンのワッフル素材になっています。

タオルハンカチを探しているなら、今治タオル ハンカチ NUMBER-COLORがおすすめです。色ごとにナンバーがつけられ、カラーブロックがオシャレです。今治タオルは肌触りが柔らかく、吸水性が高いので、使い心地は抜群です。

幼稚園時には、ループがついたタイプのハンカチも人気が高いので、探してみましょう。

お子さんの好みも考慮して選ぼう!

 使い勝手を考えると、ガーゼ地やタオル地のハンカチだけでよいのでは?と考える、ママやパパもいそうです。確かに使い心地はよいのですが、ポケットに入れるときにかさばりやすいというデメリットもあります

そのため、ちょっとおめかししてお出かけするときには、ポケットがふくらまない綿素材のハンカチがあると便利です。そして、幼稚園や小学校の子供の場合、色や柄の好みもあるので、一緒に選んであげましょう。

幼稚園や小学校では、ウイルスなどに集団感染しやすいので、しっかりと手洗いとうがいを習慣づけることが大事です。毎日清潔なハンカチを持たせて、その習慣を続けてもらうように配慮してあげてください

  関連記事

病児保育ってなに?働くママを助けてくれる、その内容は?

働くママにとって、子どもの体調不良は悩みどころです。小さな子どもは様々な病気にか …

もしかしたらママが発達障害なのかも!?女性に多い不注意型ADHDとは?

近年、ADHD(注意欠陥多動性障害)に関する書籍が、たくさん出版されています。そ …

市川市が保育園開設断念に追い込まれた事情と今後への課題とは?

2016年4月、市川市に開園予定だった私立保育園が、近隣に住む住民による反対で建 …

確定申告の扶養控除とは?廃止されたはずなのに子どもの名前を書く理由とは?

毎年3月中旬に提出締め切りがある確定申告ですが、会社員で職場が対応しているから確 …

日々の成長の記録をつけよう!育児日記のつけ方、続け方

この世に誕生してからの赤ちゃんは、ものすごいスピードで日々成長し毎日いろんなこと …

子育てにはお金がかかる!育児費用を節約する方法はある?

赤ちゃんを授かることは、夫婦にとって望外な喜びです。ですが、子育てにはお金がかか …

和食マナーは子どもにも教えるべき?そのメリットと方法は?

和食のマナーと聞いて、自分がきちんとできているかどうか、不安に思うパパやママも少 …

フランスの育児の特徴とは?赤ちゃんを大人扱いすることで夜泣きを軽減!?

国ごとに歴史、風習、法律、宗教的観念、文化をもち教育にも個性が存在します。他国か …

ニトリのラグでほっこり心地よい部屋づくりを!おすすめラグ特集

あなたのお部屋にはラグが敷いてありますか?ラグが一枚敷いてあるだけで足元があたた …

メルカリというアプリを使えば、主婦でもお小遣い稼ぎができるって本当?

スマートフォンの普及に伴い、さまざまなアプリが開発されるようになりました。家計簿 …