ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

判断基準は?小児科にはいつまで通えるの?

   

子供が生まれると、何かあった時のためにと、かかりつけの小児科を探す人が多いです。しかし、小児科には何歳まで通ってもいいのだろう、ということを疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。

小児科には小さな子供が通っているイメージがありますが、特に何歳までという決まりはないようです。小児科ってどんなところ?何歳を目安にかかりつけ医を変えればいい?など、小児科に関するちょっとした疑問についてみていきましょう。

小児科ってどんなところなの?

小児科は、子供を専門に診る医療機関のことで、主に風邪などの診察と各種予防接種、乳児健診などが診療項目としてあげられています。

いわば子供の体に関するスペシャリストですので、子供の体について心配なことがあれば、小児科医に相談することが好ましいとされています。基本的には、どんな症状に対しても診てもらうことが可能です。

子供の体は大人に比べて、様々な面で未熟な状態です。成長過程に合わせた診察や薬の処方をしてくれるのは、専門知識のある小児科ならではです。

また、体が未熟なだけでなく、精神面においても子供は未熟です。専門知識のある小児科医に診てもらうことで、診てもらう子供本人も親も安心感が大きく変わるのではないでしょうか。

小児科から内科に切り替えるのはいつ頃?

小児科には何歳までしか通えない、という具体的な決まりはありません。予防接種に関しては大人も受けることができますし、小児科医によっては子供と一緒に親の診察を行っているところもあります。

しかし小さな子供が通うというイメージがあるため、多くの子供は中学校卒業を期に、大人と同じ内科にかかりつけ医を切り替えるケースが多いです。

高校生くらいになれば、体つきも大人とほとんど変わらなくなるため、内科医の診察でもほとんど問題はありません。ですが、大人になっても小児科を受診し続けるケースもあります。

たとえば持病がある場合は、小さいころから診てもらっている先生に診断を仰ぎ、その後の治療方針を決めることもあるのです。

高校生になっても、子供本人が小さいころからの馴染みの先生に診てもらいたいというなら、まずは小児科を受診してもまったく問題はありません。

中学生でも内科に切り替えるといえば、体の大きさに応じて切り替えてもいいでしょう

怪我をした場合はどうする?

怪我をした場合は、まずは整形外科を受診、と思う親御さんも多いでしょう。小児科医といえど、専門的な分野に関しては治療することができないケースももちろんあります。

その場合は専門医に診てもらうことが望ましいですが、まずはかかりつけ医に相談してみましょう。小児科医の判断で、専門医に診てもらったほうがいいとした場合、紹介状を書いてもらうこともできます

そして、まずかかりつけ医に診てもらうことで、過去にどのような怪我や病気をしたかという記録が残ります。次に同じような怪我をしたり病気をした時の診断にもつながります。怪我だけでなく、目や耳の調子が悪い時でも同様のことが言えます。

もしかしたら小児科の受診だけで大丈夫なこともありますし、専門医を薦められることもあります。子供に何か不安な症状が現れたら、まずは小児科に診てもらうということを基本にしておくといいでしょう。

小さい頃からかかりつけの場合は?

小さい頃からかかりつけ医が決まっている場合、むやみにかかりつけ医を変える必要はありません。先にも紹介したように、持病を持っている場合は小児科で受診をつづけたほうがメリットが大きいからです。

先天性の心臓疾患や小児マヒ、小児ぜんそくなど、大人になっても引き続き診察が必要な病気の場合は、そのまま小児科で見てもらいましょう。成人になったことをきっかけに、今後の治療方針などを小児科医に相談してみてもいいかもしれません。

このまま小児科に通い続けてもいいのか、ほかの専門医にかかりつけを移したほうがいいのかを聞いてみましょう。どちらになるにせよ、治療を進めていくうえで、患者にメリットとなるような方針を導いてくれるはずです。

勝手に小児科に通うことをやめて、かかりつけを変えることだけはしないようにしましょう。今までの治療を、そのまま引き継いでいくことが重要となるからです。

お子さんの成長スピードによっても違う。

中学校を卒業とともに、小児科から内科にかかりつけを切り替える子供が多いですが、必ず切り替えなければいけないわけではありません。

子供の成長が早く、中学生でも大人と同じくらいの体格になれば内科を受診してもいいですし、高校生でも小児科に通い続けることはできます。子供の成長に合わせてかかりつけ医を選ぶことが大切です

また、持病がある場合は小児科医をしっかり相談したうえで、かかりつけ医を変えるようにしましょう。

  関連記事

ママが働きやすいプラチナくるみん認定の企業とは?

プラチナくるみんって何? 出典:厚生労働省 新「くるみんマーク」と「プラチナくる …

紙オムツをうっかり洗濯してしまった!その対処法とは?

子どもが産まれると、どうしても洗濯物の量が増えます。そして、育児の合間に家事を進 …

産休と育休ってどう違うの?賢い活用方法が知りたい!

出産後も仕事を続けようと考えている女性は、産休や育休を取ることになります。産休と …

その浪費癖!実は病気かもしれない!?浪費癖を改善する方法は?

浪費癖と聞くと、ただの癖だと感じるので大したことがないように思いがちですよね。で …

手続きをする前に、知っておきたい出産手当金のこと

仕事をしている女性は、出産にまつわる手続きがいろいろあります。育児休業終了後に復 …

認可とどんなところがどう違う?無認可(認可外)保育園ってどんなとこ?

赤ちゃんが少しずつ成長してくると、働くママは復職のことも気になってきますよね。待 …

メリットたくさん?ベビーモニターの活用術とは?

ベビーモニターというと、一般的にアメリカでよく使われているものだというイメージが …

保育園や幼稚園に通う子供でも恋するの?大人顔負けの恋愛事情とは

我が子が保育園や幼稚園に通うようになり、子供なりの世界を持つようになっても、パパ …

我が子をキッズモデルにしたいママ必見!仕事内容&応募方法について

我が子は、とても可愛いものです。そして、その可愛さが周囲にも認められるレベルだと …

その使い方本当に合ってる?柔軟剤の正しい使用方法とは?

子供のころ、クラスに1人は洋服からほんのりと柔軟剤の良い香りをさせている子がいた …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss