ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

もはや時代遅れ?三角食べのメリット・デメリットとは?

   

昔は家庭でも学校の給食のときでも「三角食べをしなさい」とよく言われたものですね。三角食べをすることでバランス良く、残さず食べられる…というイメージもありました。

でも最近では、学校でも「三角食べ」をするようにとは言われていないことはご存知でしたか?もはや三角食べは、時代遅れだという意見もあります。

そこで今回は、ある程度の年齢の方なら馴染みのある「三角食べ」のメリットとデメリットについてまとめてみました。

三角食べって?

三角食べというのは、その名前の通り、和食の「ご飯・味噌汁・おかず」を順序よく、かつ均等に食べ進めていく方法です。その三つを順番に食べていく形から、三角食べと言われるようになりました。

これはそもそも1970年代、一部の学校(主に東日本)において、給食時に指導されるようになってから広まって行ったものです。

ちなみに、こういう食べ方をするのは日本人だけで、コース料理のように一品ずつ食べる習慣のある欧米では、三角食べという言葉・食べ方は存在しません。

あくまでも「和食を美味しくいただける食べ方」であるという観点からの、食事方法からスタートしたと言うことですね。

ばっかり食べってなに?

三角食べと逆に「ばっかり食べ」という食べ方がありますね。

これは、たとえばご飯を全て食べつくしてからおかずを食べ、おかずも全て食べてから汁物を飲む…というように、「一品ばっかり」を食べるという食べ方で、「片付け食い」や「一丁食い」と言ったりもします。

そしてこのばっかり食べ、和食ではマナー違反とされています

和食ではご飯やおかずなどを口で混ぜて食べる「口中調理」という食文化があるため、ばっかり食べをしてしまうと本来の和食を味わうことができないのです。

ちなみに、2007年に福井大学が小中学生を対象に行った実験では、4人に1人は「ご飯とおかずをかわるがわる食べない」つまり、ばっかり食べをしているという結果が出ているそうです。

以前は「日本人に特徴的な食べ方」として推奨されていた三角食べですが、最近では学校でもあえて指導していないというところが多いようです

三角食べのメリット・デメリット

三角食べは和食のマナーであるというだけでなく、様々なメリットがあります。まずは順番に少しずつ食べていくことで、バランス良く食べることができるということ。

ばっかり食べをしていると、ついつい好きなものを先に食べてしまい、その結果お腹いっぱいになってしまい、他のものを残す…ということがありえます。でも三角食べをしていれば、多少残してしまっても栄養バランスはしっかり取れるというわけです。

また、前述の「口中調理」が出来るようになるというメリットもあります。口中調理というのは様々な味わいを感じることができ、またご飯の量でおかずの濃さを調節するなど、繊細な味覚を育てることができるのです。

一方デメリットとしては、「噛むことがおろそかになりがち」だということです。三角食べをしていると、どうしても汁物でご飯などを流し込んでしまうということがありえます。特に小さい子供だとその傾向が強いでしょう。

噛まずに食べると消化にも影響してきますし、食べ過ぎてしまい太りやすくなる、顎が弱くなるなどのデメリットがあります。

どういう風に食事を摂ったら良いの?

三角食べのメリット・デメリットはわかったけれど、それではどういう風に食事を摂るのが正しいのでしょうか。

まず、食事において、栄養バランスの取れたメニューであれば、きちんと全て食べることが最も重要なこと。ですので、ばっかり食べをしていたとしても、完食できているのであれば気にする必要はないでしょう。

ばっかり食べをする子供は、先程述べたような「口中調理」にどうしても馴染まない子なのかもしれません。

また、特に小さい子供は色々な味を口の中で混ぜるということが難しい場合もありますし、見慣れない食材自体には拒否反応を示してしまうこともあります。

無理に三角食べをさせたり苦手な食材を強制すると、食べること自体が嫌になってしまう場合もあるので、注意が必要です

子供が小さいうちは、楽しく食べるということを大事にし、焦らず少しずつ食べられるものを増やしていく、食べる順番には拘らないという姿勢でいるくらいがちょうど良いでしょう。

好き嫌いせずに食べることが大切

「三角食べ」のメリットとデメリットについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

最近は、家庭でも学校給食でも和食に限らず洋食など様々なメニューが出るようになっていますので、和食の食べ方である「三角食べ」というのに固執する必要はないのかもしれませんね。

いずれにしても、食事は「好き嫌いせずに栄養バランスよく食べる」ということが一番大事です。子供が自然に食事に関心を持ち、楽しい食事時間になるように親としても気をつけたいものですね。

  関連記事

家族で引越しをした時のお隣さんへ渡す手土産はなにを選ぶ?引越し挨拶のマナーとは?

春を迎え、4月から新生活を始める方も多いのではないでしょうか。 ご主人の転勤に伴 …

体操着袋にも種類があるの?種類別の作り方とは?

子どもが小学校に入学するにあたり、ランドセルや文房具など、さまざまなものを用意し …

兄弟構成で子供の性格は大きく異なるって本当?その真相とは!?

昔から、血液型占いにつづいて、生まれたポジションで性格を判断された経験がある人も …

保育園の料金は年収別で違うって本当?料金の目安とは?

共働き世帯が専業主婦世帯を大幅に上回っている現代、保育園探しは重要な課題です。待 …

保活の前に知っておきたい待機児童とは?「待機児童ゼロ」は本当に待っている子供がいないことなの?

待機児童とはなに?待機児童ゼロでも安心するのは危険! 待機児童の問題についてはた …

子どもや妊娠中のママは注意が必要!マダニに咬まれる影響と予防法について

ダニと聞くと、室内のカーペットや畳に生息している小さなものを想像するひとが多いと …

ママを困らせる子供のお薬嫌い…克服の方法はコレ!

子育てが始まると必ず訪れる子供のお薬嫌いですが、スムーズに飲んでくれずに手を焼い …

遊び場から帰りたくない子どもの気持ちの切り替えを促す方法は?

子どもは、遊びを通して成長していくものです。そのため、自分の思うように身体が動か …

3歳~5歳児の保育園の1日の過ごし方を教えて!

働くママの場合、子どもを乳児期から預ける人が少なくありません。ですが中には、3歳 …

判断基準は?小児科にはいつまで通えるの?

子供が生まれると、何かあった時のためにと、かかりつけの小児科を探す人が多いです。 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss