ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

福祉先進国のフィンランドで行われているネウラボ子育て支援とはなに?

   

諸外国で福祉や教育制度は異なるものですが、世界各国で注目を浴びている育児制度があります。日本国内ではインテリアの国として認識が高いフィンランドの子育て事情は、過去から注目を浴びてきた歴史があります。

今、日本でもその政策を見習おうと、各地域の行政でも取り組みが始まっています。そのお手本となる、フィンランドのネウラボ子育て支援をご存知でしょうか?

フィンランドが少子化対策を含む政策として取り組む、親子を対象にした子育て支援です

どうしてフィンランドは福祉先進国なの?

フィンランドの社会福祉について知っておきましょう。昨今はすっかり世界中に周知されることとなった、フィンランドの社会福祉への取り組みですが、その活動は国民の税収が財源になっています。

フィンランドの価値観である平等の考えのもと、1970年代以降に全ての学童期の子供に、9年間無償で学ぶ権利と義務が与えられたことが始まりです。

大学までの教育費用は全て税収から賄われています。またフィンランドでの所得は全ての税収の対象とされています。

フィンランドでは誰もが平等の権利と責任が生じることを尊重された社会です。一般的な平等は、性別や信仰、年齢などに頼らずに誰もが平等であることが含まれます

ネウラボというのは一体何?

少子高齢化を背景に、フィンランド政府が打ち出した支援ネウラボは「neuvo=アドバイスの場」が語源とされる言葉です。

女性の妊娠期間から出産まで、出生後の新生児が乳児に成長するまでの期間に、健やかに育つための育児支援を目的に設立されています。

実際の活動目的は、母親の育児における精神的な支援から、父親の育児参加への推奨などにも及びます

また、おきてはいけない案件ですが、児童虐待や夫婦間のドメスティックバイオレンスなどの相談、解決に向けての対応などにも幅広い活動を見せています。

利用者の実績は機関に保存され、相互機関での情報の共有化と将来の支援活動に役立てられるなどしています。

このような支援の存在も一端にあり、昨今ではフィンランドにおける出生率は減少をくい止め、安定を保っているといわれます

ネウラボはどんな活動をしているの?

ネウラボ子育て支援の活動についてご紹介してきます。

各自治体での無料健診の実施

妊娠期間中から出産後の母親と子供の健診および、育児相談の場が無料公開されています。予約制、担当制をとり、親子と従事者との信頼関係を重視されている特徴があります。

医療機関の窓口としての役割も担います

各妊婦の健康状態にあう病院への紹介、専門医への紹介も担われています。

社会保障制度の充実も支援のうちです。社会保険庁事務所から支給される現金支給に加えて、育児パッケージを選択することもできます。育児パッケージに含まれるアイテムは育児に必要な衣類、総勢50点ほどが用意されて詰められています。

産休と職場復帰の制度も整っており、両親の片親が育児休業を取れる「親休」の取得、取得率が8割を超える父親の休業が取れる「父親休業」の制度も整っています

日本でもネウラボの流れが導入される?

フィンランドに劣らず、少子高齢化が進んでいる日本社会でも、各地域でネウラボの育児支援を学ぶ場が出来ています

主に、医師や保育士、行政、などを含む専門家の間で勉強会が開催されており、話題を呼んでいることをご存知でしょうか?児童虐待などを撲滅して、出生率を上げてきたというネウラボの育児支援に、学ぶべきことが多いと協賛の声が上がっています。

既にネウラボに学び取り組んでいる地域は、埼玉、東京、千葉、と首都圏を中心に拡大を見せています。また、地域ごとで取り組みが行われるために、支援サービスも地域で異なります。

ケアマネージャーによる介護のプランニングを子育て世代に転用させる取り組み、産前産後の相談窓口の充実、などなど各地域で出来ることから取り組み、日本各地に広がりを見せています。まだまだ取り組みが開始されたばかりですが、期待したいですよね。

子どもたちの社会生活を支援していこう

フィンランドのネウラボ育児支援は、歴史的な背景と法律が関係しており、絶対的な文化にまでなっている傾向があります。日本国内で学べることというと、限られたサービスであることが予想されます。

しかし、最も必要性の高い育児相談の窓口や医療機関の窓口、専門医の紹介という分野では期待したい分野です

医療機関や子供の健康に悩んでいる母子は多く、相談窓口が用意されていると、安心して妊娠、出産ができる女性も多いのではないでしょうか。

  関連記事

子どもの名前を付ける時の親への責任や、その後の後悔とは?

名前とは親が初めて子どもにプレゼントするもので、一生関わるものです。家庭によって …

どう選ぶ?双子のためのベビーカー選び

妊娠が判明するとともにお腹の中の胎児は双子ですと診断されたら、ちょっとびっくりし …

乳幼児を連れて旅行をするときの注意点は?何を持っていけばいい?

子どもの生活リズムがある程度できあがり、長時間のお出かけが可能になると、家族で旅 …

将来のために備えたい!「来店型」か「訪問型」か、保険の無料相談はどっちが良いの?

新しく増える家族のために、家族が増えた後の家計やリスク対策のために、妊娠・出産と …

母娘の親子仲が悪くなる原因は?よくするコツが知りたい!

ママにとって、娘は成長するにつれ、自分の気持ちをわかってくれる特別な存在になりが …

どうしたら入る!?父親のパパスイッチの入れ方とは

ママは妊娠が分かると同時に、自分の体の中に新しい命が宿ったという実感を少なからず …

B型肝炎ワクチンの予防摂取はしたほうがいい?副作用は大丈夫?かかる費用はどれくらい?

B型肝炎は団塊世代の問題ではなく、子供にも移行しやすい疾患として周知されています …

無料で応急手当出張講座が受けられるって本当?その利用方法は?

みなさんは、急病人やけが人が出たときに、応急処置を行う知識を持っていますか?地震 …

最近の授業参観は保護者のマナー違反が多い!保護者として注意すべきことは?

子どもが保育園や幼稚園、小学校に通うようになると、授業参観の機会が増えます。 で …

保育園や幼稚園に通う子供でも恋するの?大人顔負けの恋愛事情とは

我が子が保育園や幼稚園に通うようになり、子供なりの世界を持つようになっても、パパ …