ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

産後の職場復帰はいつから可能?職場復帰を考えるママが知っておきたいこと!

   

妊娠が分かり安定期に入ったという人も、子どもを望んでいて今後も仕事をしていきたいと考える人も気になるのは産後の仕事復帰の時期はどのくらいになるのか?どのくらいにするとよいのか?ということではないでしょうか。

もちろん妊娠してから考えても良いのですが妊娠中は自分の体調や赤ちゃんの様子によって予定通りに進まないこともありますし、妊娠中は妊娠中ならではの悩みや不安そしてやっておきたいことがあったりすることも多く自分と仕事に対する考えをゆっくりまとめる時間がないかもしれません。

ずっと仕事をしていきたい、そんなママや女性が知っておきたいことをまとめます。

産後の職場復帰のタイミングはいつ頃が適切?

出産後の職場復帰のタイミングのパターンは大きく分けて2つあります。

まず一つ目は出産し産後休暇8週間取得した後に会社の定める育児休暇1年を利用し、その期限が来るところで職場復帰をするパターン。

そして二つ目は産後休暇8週間を取得したのちに保育園への入園が一番しやすいと言われる0歳児の4月入園を狙って職場復帰をするパターンです。

誕生月にもよりますが、ある程度赤ちゃんとも長時間一緒に過ごす時間を作ることができ、赤ちゃん自身も外の環境に慣れだした頃にあたること、そしてママの体も妊娠前の体調に戻ってきていると感じられる時期として適切な時期と考えられます。

産後の職場復帰をする最短と最長の期間はどれくらい?

産後休暇の8週間を過ぎた時期であれば仕事をすることが可能です。また、基本的な産後休暇は8週間ですが本人の申し出と医師による許可が出れば、最短で産後6週間を過ぎた時期から仕事をすることが可能になります。

しかしまだママの体は出産のダメージを受けている時期ですし、赤ちゃんもまだまだか弱い時期ですので、よほどの理由がない限りはあまり無理をして職場復帰をすることはお勧めできません。

逆に職場復帰までの最長はというと、公務員や一定企業などで認められている育児休業3年をフルで利用しているママです。3年の育児休業を取得している間に、次の赤ちゃんを授かることになると育児休業もさらに3年プラスされることになり6年くらい育児休業をさせてもらっているという人も中にはいるようです。

これらを考えると、育児休業の最長といっても過言ではないと感じます。

産後の職場復帰をするうえでの注意点はある?

産後の職場復帰はママ自身の体調管理も大切ですが、初めての保育園という環境で他の子との接触もあって子どもが病気になってしまう可能性が高い時期です。

せっかく職場復帰をしたのにこんなに休むことになるなんて…と落ち込んだことのあるワーキングママは少なくありません。

誰もが通る道ですが、子どもが体調が悪くなったときママが休むのか、パパが休むのか、祖父母が一緒に看てくれるのかで職場を休む日数が大幅に変わってきます。

また周囲でサポートが得られない場合には病児保育を行っているところを探すのも手です。また、一年以上休んでいると職場も人事異動で人が変わっていたり、システムが変更になっていたりすることもあるかもしれません。

仲の良い同僚から情報を仕入れておくことで心構えができることもあります。さらに、子どもの予防接種など可能なものは早めに済ませておくと慌てずにすみます。

職場に戻る前に準備しておきたいことは?

職場に戻ったらワーキングママとして時短勤務などを利用することがあっても、一人の労働者として責任をもって仕事に取り組まなければなりません。もちろん仕事が終われば可愛い我が子が待っています。

どちらも自分が望んでいたことなのにやっぱりフル活動しているママは疲れもたまりますし、やることがたくさんあります。

職場に戻る前には職場に、戻った後の自分の生活がスムーズに回るようにイメージをしておくことが大切です。

食事の準備一つにしても素材の下ごしらえを週末にまとめて作っておくことや、調理食材を届けてくれるようなサービスを活用して時間短縮をしやり過ごす方法もあります。

また家事もママ一人でこなすのではなくパパにも分担して手伝ってもらうことも大切です。職場に戻ってから考えるのでは遅いので戻る前に朝おきて寝るまでの時間とやることのシュミレーションをするようにしましょう。

職場復帰をするまえは計画性を持って準備しよう

どのくらいの期間お休みしていたかによって仕事の記憶は異なり勘を取り戻すまでの時間は異なりますが、ママの職場復帰でそれ以上に大変だと感じることは仕事と育児と家事の両立です。

仕事や手を抜けない部分もたくさんありますが、日々の家事は手を抜くことや簡単に済ませる方法を考えたり、パパの協力、育児もママとパパ二人で行うようにすることによって負担も分散されます。

無計画でいくとうまく回らない毎日に困惑してしまうことも多いので計画を立てて職場復帰後に行動できるよう準備しましょう。

  関連記事

案外汚れる車のシートを、きれいにお掃除する方法とは?

マイカーがあると、通勤や買い物に便利なのはもちろん、子どもがいる家庭ではいざとい …

どうしても手放せない「ライナスの毛布」!実は育児に効果的だった!

ママの体内から産まれた赤ちゃんは、新生児の時点では母子一体化されており、母親と自 …

実は主婦に多い、キッチンドリンカーのことを正しく知っておこう!

2013年に厚生労働省では、「問題飲酒者に関する人口推計」の調査結果を発表しまし …

母娘の親子仲が悪くなる原因は?よくするコツが知りたい!

ママにとって、娘は成長するにつれ、自分の気持ちをわかってくれる特別な存在になりが …

幼稚園説明会ってどんなことをするの?子どもも一緒に連れて行くべき?

就学前の子供をもち幼稚園への入園を考えているご家庭にとって、子供をどんな幼稚園に …

世界に認められているユニクロのポロシャツの魅力とは?

2015年、フランスの「Capital」という雑誌で、ポロシャツの特集を行いまし …

授業参観に気軽に行けないママが増えているって本当?原因と対処法は?

近年、子どもの授業参観に参加したくないと思っているママが増えているようです。 ニ …

通園バッグの種類が知りたい!それぞれの作り方は?

子どもを保育園や幼稚園に入園させるとき、通園に使うバッグが必要となります。これを …

子どもの姿勢が悪いとどんな影響があるの?姿勢矯正椅子はおすすめ?

食事をしているとき、テレビを観ているとき、テーブルの前に座っているときなどに、子 …

実の親にかわって子どもを養育する?里親制度とは

みなさんは「里親制度」というものを耳にしたこがあるでしょうか。 近年、産みの親の …