ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

アイロンで接着するだけで可愛く名前を入れられちゃう!お名前ワッペンの選び方と活用方法とは

   

入園準備をする中でママたちを悩ませるのが名前つけの作業です。簡単にしかも可愛く名前を付けられるものはないかと探しているママも多いと思います。

そこでお勧めしたいのがお名前ワッペンです。しっかりと名前が入り、しかも簡単につけられるというのが入園準備で何かと忙しいママにとってもポイントが高い商品です。

お名前ワッペンというものをはじめて知ったというママにも便利さやお手軽さを知ってもらえるようご紹介します。

入園準備では持ち物に名前を記入するのは必須?

入園準備ではすべての持ち物に名前を記入するようにどこの幼稚園でも指示があります。まだ3歳児の年少組に入園する子どもに、名前を書かない自分のものを管理することは不可能です。

名前を書いてあることでまだ文字を読むことはできなくても文字の形状や、シンボルマークなどで自分のものだと判断することができます。

また、どこかへ置いてきてしまうこともあるので、名前が書いてあると先生たちが誰の物か判断をしてくれることもありますし、間違えてお友達の物を自宅に持って帰ってきてしまうということがあっても名前があることにより誰のものか分かりお返しすることもできます。

お名前ワッペンってそもそも何?

お名前ワッペンとは、アイロンでつけることができるワッペンに名前の刺繍が入っている特注タイプのワッペンのことを指します。縫い付ける必要がないので簡単です。中には一つの文字のタイプのワッペンもあり、こちらは特注の扱いにはなりません。

大きなものから小さなものまで様々なサイズのワッペンがあるので、入園準備品で名前の記入の必要なもののサイズに合わせて使うと良いです。

手書きで字を書くのが苦手な人や、あまりお裁縫が得意ではないという人にもお名前ワッペンは名前を手書きで記入する必要がなく、またワンポイントとなるのでお勧めです。

子どもにも動物やキャラクター、星やハートなどのマークと一緒になったお名前ワッペンならまだ年少さんで文字を読むことはできなくてもそのマークで自分の物を判断できる材料となりますのでお名前ワッペンの良さを存分に引き出すことができます。

お名前ワッペンはどんなものを選べばいい?

お名前ワッペンは子ども自身が自分の荷物を判断できるように好きな動物やキャラクターなど相談して選ぶと入園後に自分の物を見分けやすいですし、お友達からも誰の荷物化認識してもらえるようになります。

また、幼稚園グッズを作るのにキャラクター生地を利用するならば、お名前ワッペンはキャラクターだと統一感がなくなってしまうのでシンプルなものをチョイスすると良いです。

更に今が旬のヒーローもののキャラクターの場合は子どもの飽きが来てしまう可能性もありますので、園グッズを長く使うためにも入れ替わりの早いキャラクターを使うのではなく長く使えるものを選んだほうが無難です。

ワッペンを作成している会社によっては標準のひらがなを使用しているところがあります。ひらがなを覚えるときに子どもが迷ってしまわないように教科書で標準とされているひらがなを使用しているメーカーを選びましょう。

おすすめのお名前ワッペン10選を紹介!

お名前ワッペン『お花』

 
かわいいお花の形をしたお名前ワッペンです。アイロンで簡単に接着することができます。ぷっくりとした刺繍で文字を入れてあるのですが、とてもしっかりとしているのでお洗濯に強く安心です。このシリーズは形が13種類、色や柄も選べるため、たくさんの中から選ぶことができます。スモックや帽子、バッグなどいろいろなものに使えるのでおすすめです。

>>お名前ワッペン『お花』の詳細はこちら

大きいひらがなワッペン(縦6.5cm)

 
縦6.5センチもある大きめのワッペンなので、とても目立ちます。お子様が自分の持ち物をすぐに探すことができますし、お遊戯会や運動会ではお子様を見つけやすくなります。カラーが大変豊富で22色から選ぶことができます。アイロンで簡単につけられるのがうれしいです。

>>大きいひらがなワッペン(縦6.5cm)の詳細はこちら

お名前ワッペンbig『お花』

 
大きめサイズで、とてもインパクトのあるお名前ワッペンです。ドットやチェックなど7種類の生地と、16色の文字刺繍の組み合わせから選ぶことができます。正しいひらがなを覚えるのに役立つ学習フォントで刺繍されているので安心です。大きくてかわいらしいので、大変目立ちおすすめです。

>>お名前ワッペンbig『お花』の詳細はこちら

カタチの名札『お花』

 
かわいいお花の形をした布に、フルネームで刺繍を入れたワッペンです。チェックやハート柄など7種類の生地と、16色の文字色から組み合わせることができます。かわいくしたり、かっこよくしたり、いろいろなイメージにできます。とてもしっかりとしているワッペンなので、お洗濯を繰り返しても安心です。

>>カタチの名札『お花』の詳細はこちら

大きめお名前ワッペン

 
リボンやイチゴなど7種類のデザインとフルネームが入った、安心な日本製のまんまるワッペンです。3枚セットになっているので、いろいろなものに使えます。とてもかわいらしいので、お子様のお気に入りになります。縦横とも7センチと大きめなので、お布団カバーやバッグなどに最適です。

>>大きめお名前ワッペンの詳細はこちら

刺繍で名前が入るお名前ワッペン

 
長方形のスタンダードな形をしたお名前ワッペンです。クローバーやハートなどのかわいいデザインが20種類と3種類の文字色から組み合わせることができます。5枚セットなので、たくさん使う入学や入園にぴったりです。お洗濯を繰り返してもヨレヨレにならない丈夫なワッペンです。

>>刺繍で名前が入るお名前ワッペンの詳細はこちら

お名前ワッペン(キラキラいちごフリル・直)

 
女の子の好きなものが詰まったかわいいワッペンです。縁にリボンとフリフリが付いていて、キラキラとするハート形でできています。お子様が「お姫様みたい」と喜んでくれるので、いろいろなものに付けたくなるワッペンです。

>>お名前ワッペンの詳細はこちら

名前入りワッペン/くるま

 
男の子の大好きな車がデザインされている丸いお名前ワッペンです。ネイビーの生地には赤い車、水色の生地には緑の車、グリーンの生地には水色の車で、男の子が好みそうな3種類から選べます。フェルト生地に車とお名前が刺繍されていて、とてもかわいいです。アイロンで手軽に付けることができます。

>>名前入りワッペン/くるまの詳細はこちら

シンプルかわいい!おなまえワッペン

 
リボンなどかわいらしいモチーフが付いていないタイプの、シンプルなお名前ワッペンです。ストライプやチェックの3枚セットで、4色から選べます。シンプルでありながら、かわいらしさもあるワッペンです。シンプルなお名前ワッペンを探している方におすすめです。

>>シンプルかわいい!おなまえワッペンの詳細はこちら

カタチの名札『四角』

 
縦4.6センチ横7.3センチもある、四角い大きめのワッペンです。ドットやハート柄の7種類の生地から選ぶことができます。1枚にフルネームが入るワッペンで、縦書きと横書き両方に対応しています。大きめなので、お布団カバーなどにもおすすめです。

>>カタチの名札『四角』の詳細はこちら

お名前ワッペンの賢い使用方法とは?

お名前ワッペンはとても便利なアイテムですが、特注で刺繍を入れてもらうのでそれなりにお金もかかります。すべての園グッズにお名前ワッペンで名前を付けるのではなく、人の目につきやすく良く使うものを優先してつけると良いです。

例えば運動着などを入れる通園用のサブバッグやお弁当入れ、上履き入れなどは長く使用しますのでお名前ワッペンがお勧めです。名前を記入しなくてはいけないけれど、制服や靴下など小物類は他の方法で名前の記入をした方が経済的です。

また、大きなお名前ワッペンを探しているとなかなかないのですが、一文字ごとのワッペンで名前を作っていけば大きな名前を付けることができますのでお名前ワッペンのイメージにとらわれず、一文字づつ貼り付けることも視野に入れてみると良いです。

メーカーによってお名前ワッペンの粘着力も異なりますが、洗濯をして剥がれてしまいそうなら数か所先に縫い付けておくと安心です。

手書きじゃないので可愛く名前表記できる優れもの!

手書きだとなんだか味気なくなってしまう幼稚園グッズのお名前つけもお名前ワッペンをつければ、かっこよく…そしてかわいらしくバッグなどを飾ることができます。

幼稚園に持って行く持ち物が子どものお気に入りになれば幼稚園に行くのもきっと楽しくなるでしょう。ママも手軽に簡単に名前つけをできる優れもの。

お名前ワッペンは特注になるので込み合う時期は納期が少しかかることもありますので早めに注文して入園に間に合わないということがないようにしましょう。

  関連記事

ベランダで簡単に始められる家庭菜園を子供と一緒に楽しもう!家庭菜園を行うポイントは?

ベランダや庭で家庭菜園を楽しんでいるご家庭も少なくないでしょう。家庭菜園は自分で …

嫌な部屋干しのニオイとさよなら!忙しい育児中のママでもできる洗濯の対策とは?

昨今、仕事と育児・家事を両立する女性が増加しています。女性の社会進出を機に、洗濯 …

いまさら聞けない、個人型確定拠出年金「iDeCo」とは?そのメリットとデメリットについて

2017年1月より、個人型確定拠出年金「iDeCo」の内容が変更になり、罐ひゅう …

私立保育園と公立保育園では違いがあるの?それぞれの特徴は?

保活を始めるママにとって、保育園選びの基準をどこに置くかはとても大事なポイントで …

体温調節がしやすい、春のマタニティファッションのコーディネートのコツは?

妊娠すると、女性の体内ではホルモンバラスが急激に変わります。そして、週数が進むと …

判断基準は?小児科にはいつまで通えるの?

子供が生まれると、何かあった時のためにと、かかりつけの小児科を探す人が多いです。 …

通園バッグの種類が知りたい!それぞれの作り方は?

子どもを保育園や幼稚園に入園させるとき、通園に使うバッグが必要となります。これを …

子供部屋に秘密基地がつくれる!いま話題のティピーテントのこと

みなさんは、「ティピーテント」という言葉を知っていますか?子ども部屋のインテリア …

車のチャイルドシートはどう選ぶ?日よけの選び方とは?

自家用車がある家庭は、妊娠中に購入しなければならないベビーグッズが増えます。それ …

子どもの成長につながるといわれる砂場遊び。砂場遊びセットの選び方とは?

外遊びができるようになった子どもを公園に連れて行くと、砂場にまっすぐ走っていく子 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss