ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

幼稚園の送迎をするときに適したファッションとは?コーディネートのポイントが知りたい!

   

幼稚園の送り迎えをするようになると、毎日何を着たらよいのか、悩むママもいそうです。そして、幼稚園の送迎に適したファッションは、お子さんが通っている園によっても異なります。

そこで今回は、幼稚園の送迎の際に適したファッションとは何か、コーディネートをするときのポイントなどについて、お話しします。

モデル上がりのママタレントさんのファッションやコーディネートが参考になるので、こまめにチェックしておくことをおすすめします。

幼稚園の送迎ときのファッションは園によっても異なる!

幼稚園とひとくちに言っても、「小学校受験が基本の受験幼稚園」「遊びや運動を重視するマンモス幼稚園」「カトリック系など質素を重んじる幼稚園」「自由教育を行う幼稚園」「預ける時間が短い公立幼稚園」と、その特徴はさまざまです。

その幼稚園の雰囲気に合わせて、ママの送迎ファッションを決める必要があります

小学校受験が基本の受験幼稚園なら、紺や黒、グレーを基調にしたコンサバファッションが基本です。そのまま、お受験のためのお稽古事に連れて行けるようにしておきましょう。

遊びや運動を重視するマンモス幼稚園なら、ママのファッションにこだわりはありません。自分の好みのファッションに、その年のトレンドを加えるようにしましょう。

カトリック系など質素を重んじる幼稚園の場合は、落ち着いた色合いのファッションがおすすめです。アクセサリーをたくさんつけるなど、華美にならないように配慮しましょう。

自由教育を行う幼稚園は、子どもが泥だらけになって帰ってくることも珍しくありません。お迎えのときに一緒に遊ぶことができるよう、ラフなファッションがよいでしょう。

預ける時間が短い公立幼稚園は、退園後にそのまま、お友だちと公園で遊ぶことも多いようです。汚れても気にならない、カジュアルファッションで送迎しましょう。

NGファッションをまず知っておこう!

幼稚園の送迎ファッションは、園の雰囲気に合わせてチョイスするのが大原則です。ですが、どんな幼稚園でも共通しているNGポイントがあります。それは、清潔感のないファッションです。

流行から大きく外れていたり、洗いざらして着古した感じがしたり、しみなどの汚れが残った服装ばかりでは、周囲のママが眉をひそめることになります。

子どもにいくらキレイな格好をさせても、毎日送迎するママのファッションに清潔感がなければ、だらしない家庭で育っているという印象を与えかねません。

漂泊して色が抜けている、着古して裾や首回りがよれよれしている、穴が開いている服は、幼稚園の送迎の際に着てはいけません。また、キレイであっても、露出が激しい、派手すぎる洋服も、幼稚園の送迎には適さないので、気をつけましょう

コーディネートのポイントはある?

幼稚園の送迎ファッションのコーディネートにも、いくつかのパターンがあります。カジュアルな服装でOKのところは、チュニックとレギンスを合わせる、シャツとコットンパンツを合わせる、Tシャツとジーンズを合わせるのが基本でしょう。

自転車で送迎するママは特に、パンツスタイルで上手なコーディネートを考えるのがおすすめです。最近はやりのガウチョパンツやスカーチョ、ワイドパンツも動きやすいので、ローテーションにくわえておきましょう。

また、重ね着したいときように、チェックのシャツを用意しておくのもおすすめです。ジャケット風に羽織ったり、セーターと重ね着したり、腰に巻いてアクセントにすると素敵です。一年中使えるように、綿素材を購入しておくと便利です。

幼稚園の雰囲気に合わせたファッションを選ぼう!

とはいえ、子どもにお金がかかる子育て世帯では、ママのファッションにそれほどお金をかけることができないものです。そんなときには、ファッションコーディネートのアプリなどを参考に、手持ちの洋服で組み合わせを変えてみるのもおすすめです。

ファストファッションでも、コーディネートに配慮すれば、オシャレなママに変身できます。あくまでも、幼稚園の雰囲気にあっていることを重視して、ファッションを選ぶようにしてくださいね

  関連記事

働くママの味方はどれ!?買い物のススメ

育児をしているとただでさえ時間のやりくりが難しいのに、働いていたら尚更家事をする …

卵の殻が再利用できるって本当?主婦が真似したい節約術を教えて!

子どもがいて、卵にアレルギーがないことがわかると、食卓にあがる頻度が高くなります …

仕事で忙しいママも大助かり!急病や外せない用事が出来た時に利用したい土曜保育とは?

待機児童の問題が取りざたされている昨今でしたが、同時に日本において働き盛りの労働 …

育児に対して不安を感じてしまう!どう対処したらいいの?

妊娠も出産も待ち遠しいと思っていたママも、いざ赤ちゃんが産まれて育児を始めるとな …

もはや時代遅れ?三角食べのメリット・デメリットとは?

昔は家庭でも学校の給食のときでも「三角食べをしなさい」とよく言われたものですね。 …

育児あるある!子育て中にやってしまいがちだけど、NGなこととは?

初めて子どもを持つママとパパは、親としての経験がない1年生です。我が子への愛情に …

近頃ニュースでもよく見聞きする、ブラック保育園とは?その特徴と見分け方とは?

最近、幼稚園や保育園で適正に給食が支給されていなかったり、負担する教材費がアップ …

性別で子供の遊びを制限するべきなの?制限なく遊ばせるメリットとデメリットとは?

最近、仮面ライダーベルトを欲しがる女の子の様子を撮影した動画がアップされ、話題を …

抱っこひもの一種として知られているベビースリング!その使用方法と選び方のコツは?

「ベビースリング」とは、いわゆる”抱っこヒモ”の一種であり、大きな布 …

子どもを育てるにはお金がかかる1番気になる教育費と教育の注意点とは?

子どもは、育児などに追われて大変だけれど、やはり可愛いものですよね。中には、家族 …