ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

兄弟仲良くしてほしい!兄弟関係を円滑にするポイントはあるの?

   




兄弟を持つ親なら誰しもが「仲良しでいで欲しい」と思うのではないでしょうか。

ところが実際は、さっきまで遊んでいたかと思えば突然喧嘩を始めたりと、親からしたら不安になってしまうことも多いですよね。

子供たち同士のやりとりもそうですが、この時に大切なのが、親がどのように接してあげているかです。ただ親が仲裁に入る、ということが正しいとは限りません。

そこで今回は、兄弟喧嘩の原因や対処法について紹介していきます。

兄弟喧嘩がおこってしまう理由とは?

子供の兄弟喧嘩というのは、何度注意しようが、場所や時間に構わず始まってしまうものです。

喧嘩の原因を思い返してみると、以下のように些細なものであることがほとんどで、親からしたら「何でこんなことで…」と思うかもしれません。

  • テレビのチャンネル争い
  • ご飯の量の違い
  • どちらが先にオモチャを使うか
  • 思い通りにいかなかったとき
  • 「○○だけズルい!!」

しかし、子供たちは本当にただ「オモチャをとられたのが嫌だったから」という理由だけで喧嘩をしているのでしょうか?

根本を探ってみると、兄弟同士で奪い合っているのは親の愛情です。これは人間なら誰もが持っている「愛されたい」や「認められたい」といった欲求からくるものです。子供にとって、兄弟は一番身近なライバルなのです。

上の子の場合は下の子が生まれると、今までのように自分ばかりが構ってもらえることがなくなり、我慢しなければならない局面に立つことが増えてきます。ときには弟や妹を”自分の愛情を奪った対象”として見てしまうでしょう。

また、下の子はお兄ちゃん、お姉ちゃんの姿をみて沢山学ぶ一方で、早く追いつきたい!と必死になるものです。

こういった親の愛情を独占したいという気持ちや負けたくないという思いが、兄弟喧嘩に発展してしまうのです。

兄弟喧嘩をしたときは?どうすればいい?

では、実際に兄弟喧嘩が始まってしまった時、親はどのようにふるまえばいいのでしょうか?

まずはお互いの意見をしっかり聞くこと

どうしても下の子の方が立場が弱いため味方になってしまいがちです。しかし、ここで上の子のことを頭ごなしに叱らないように気を付けてください。

まずは、なぜ喧嘩がおこってしまったのかを知るためにも、お互いの意見を聞くようにしましょう。このときに上の子から聞き出してあげることが大切です。状況をしっかりと説明できる側でもありますし、普段から何かと我慢しがちでもあるからです。

子供は、親が「そっか○○で嫌だったんだね」と復唱するだけでも落ち着くものです。そういう意味でも、はじめに上の子と下の子、それぞれの意見を聞いてあげてください。

親は仲介役に徹する

お互いの意見が分かったら、次に親がやるべきことは、それぞれに伝えてあげる仲介役になることです。

相手がいる前で言うと「それは違う!」とヒートアップしてしまうこともあるので、別々の場所で伝えるようにすると良いでしょう。ある程度落ち着くことで、本音を聞き出すこともできるかもしれません。

親はあくまでも中立な立場で、どちらかが明らかに悪かった場合はその理由をしっかりと伝えてあげるようにしましょう。

また、「悪いのはどっちだったと思う?」と親が聞き出して、謝ることができるシチュエーションを作り出してあげることも大切です。

「ちゃんと見ているよ」が仲良くいるためのコツ!

先程も述べたとおり、兄弟喧嘩の原因は愛情の独占であることがほとんどです。

しかしどんなに「兄弟平等に関わらなきゃ!」と気にしたり、「お兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだからと言い過ぎないように気をつけよう!」と心がけても、同じように愛情を注ぐのは簡単なことではありません。

言葉以外で伝えることも大切

そこで子供たちに安心してもらうために試してもらいたいのが、「抱きしめてあげること」たったそれだけです。30秒でも構いません。子供は抱きしめられると愛情を感じることができます。

特に上の子に関しては、振り向いてもらうためにママにわがままを言ったり赤ちゃん返りをすることがあります。

こういう時こそ、「いっぱい甘えていいよ」という暖かい気持ちで受け止めてあげましょう。そうすれば自然と落ち着いていき、きちんとお兄ちゃん、お姉ちゃんになってくれます。

また、下の子は甘え上手です。その甘えている姿を上の子は見ています。そのため、たまには「おいで。」とぎゅっと抱きしめてあげたり、思いっきり甘えさせてあげてください。

日頃からの声かけも忘れずに

また、仲の良さそうな兄弟を見かけた時などに、子どもが伝わりやすく理解できるように「仲良さそうに遊んでるねー。楽しそうだねー。」など、周りを引き合いにだしながらに声をかけてあげると良いでしょう。

そうすることで、子どもはママの嬉しそうな姿、様子に気づくはずです。自分たちも仲良くすることでママの安心へと繋がるかもしれないと感じるかもしれませんね。

また、ママの安心感が伝わって、子どもも安心して遊ぶことができます。それが、兄弟仲良く過ごすために大切なこととなります。

兄弟関係を通して学ぶこともあるので暖かくサポートしてあげよう

兄弟喧嘩をすることでなかなか目が離せなくなってしまいますし、時には殴り合いにまで発展してしまうこともあります。そのため、親にとって大きな悩みのタネでもあるでしょう。しかし、兄弟がいるからこそ学べることもあります。

例えば、思い通りにいかないこともあるという理不尽さです。また、子供同士の喧嘩から仲直りまでの過程で社会性やコミュニケーション能力を身につけることもできます。

手を出しあう程の喧嘩になったときは痛みを経験することができますし、どんな言葉を発したら相手が傷ついてしまうのかという加減を知ることもできるからです。

兄弟喧嘩そのものを無くすことは難しいかもしれません。しかし、日頃から愛情を伝えることを忘れず、喧嘩が始まってしまっても子供たちの成長につながるように親がサポートしてあげることも大切です。

  関連記事

ママに強い味方!おトクなサービスがいっぱいのAmazonファミリー

赤ちゃんが生まれてバタバタと毎日大変なママ!お買いものに出かけるだけでも大変です …

おむつの試供品を試した方がいいって本当?そのメリットとデメリットは?

赤ちゃんを迎えるにあたって、紙おむつにしようか、布おむつにしようか、悩むママも多 …

種類もデザインも豊富なので欠かせない!GUのTシャツが人気の理由とは?

Tシャツはオールシーズン着ることができるので、複数の枚数を持っているのが一般的で …

保活中のママは必見!認可保育所の入園予約制度とその今後

2016年8月、厚生労働省は各自治体に対し、認可保育所への入園予約制度導入につい …

チャイルドシートはどの位置がより安全? 前向きに座らせても大丈夫?取り付けの際に気をつけたいこと

日本では道路交通法で、6歳未満の乳幼児を自家用車に乗せる場合は、チャイルドシート …

働く女性が受けるマタニティハラスメントの原因と対策とは?

少子高齢化が進む現代の日本にとって、女性も重要な労働力です。また、終身雇用制度が …

赤ちゃんの語源は何?その由来や赤ちゃんと呼ばれる時期がいつまでかを教えて!

赤ちゃんと聞くと、あなたはどんな姿を思い浮かべますか?小さくて、眠ってばかりいる …

セリアの魅力とは?プチプラでもオシャレさを追究したいひとにおすすめ!

100円ショップはどこも、プライス以上の価値を感じられる商品開発に余念がありませ …

赤ちゃんおにぎりとは?そのやり方と注意点のこと

お笑い芸人のエハラマサヒロさんは、お子さんを3人育てているパパでもあります。そん …

2人育児は大変!!でもたくさんのメリットも!2人育児について知ろう

「2人育児」に対してどのようなイメージを持っていますか?「子どもが多い方がいい! …