ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

どうしても手放せない「ライナスの毛布」!実は育児に効果的だった!

   

ママの体内から産まれた赤ちゃんは、新生児の時点では母子一体化されており、母親と自分の区別がつきにくいとされています。やがて、赤ちゃんはお世話をしてくれるママを特別な存在と認識する様になり、成育段階で母親離れをしてゆくのです。

その時期や過程は人それぞれで異なります。同じ歳でも早い時期に母親との愛着行動が見られない様に自立する子供もいれば、いつまでも母親の後をつけて甘えている子供もいるのです。その様な過程で見受けられる「ライナスの毛布」についてご紹介します。

実は育児の異効果的?その理由とは?

子供がいつまでも新生児期のアイテムを離したがらない場合、母親としては子供の成長に不安に思うこともあるものです。子供にとっての「ライナスの毛布」は、母親との愛着から生まれており、ある程度の年齢までは必要とされています

赤ちゃんはママの胎内では何処へ行くにも共にしていましたが、誕生後の乳児は徐々に母親と自分が分離していることを前提に一人で自立し始めます。

ところが、この過程において母親との愛着から急に離れられないということもあります。そのような時に、子供は「ライナスの毛布」を使用して安心感を得ようとしているのです。子供自身が手放す時がくるまでは必要なものとして受け入れる必要があります

そもそも「ライナスの毛布」っていったいなに?

世代が異なっても「ピーナッツ(スヌーピー)」を知らない人はいないのではないでしょうか?アニメやグッズでもおなじみの、人気キャラクター、スヌーピーのことです。

ライナスの毛布」とは、このスヌーピーが主人公の「ピーナッツ」に登場する人物である「ライナス君」がモデルになっています。「ライナス君」が何時も持ち歩いている毛布のことをライナス君ごと「ライナスの毛布」と呼んでいます。この様な名称には理由があります。心理学では(子供の愛着物として)何時もぬいぐるみや毛布を携帯して歩く子供の状態を揶揄して呼称されています。

「ライナスの毛布」は、母親代わりの携帯物である、ぬいぐるみやタオルケットなどを所有する子供全般を指します。聞きなれない人は、毛布の種類と勘違いする人も多いのではないでしょうか。

「ライナスの毛布」現象がおこる原因とは?

そもそも、幼児は誕生後から母親との分離を余儀なくされます。新生児期には抱っこ抱っこで母親に甘えたり、密着することで満たされていた愛着が、成長と共に母親と距離感が生じてくることはやむを得ないことです。

しかし、このような過程において母親への愛着心を移行する対象物が現れてくることがあります。それは、子供の持ち物に見られることが多く、その状態を「ライナスの毛布」と呼んでいます。このような子供はそれぞれに「ライナスの毛布」を携帯することで、母親から得られた安心感や居心地の良さを携帯物に求めていることが多いものです。

このような子供の現象は幼さや発育不全というものでもなく、自立への第一歩と捉えなければなりません。子供の発育過程では決して問題ではないということを念頭において、子供を暖かく見守ってあげる必要があります

ライナスの毛布になりやすいものは?

幼児が母親と自分を分離させていく段階において、代用するものが必要になる子供の心理を「ライナスの毛布」と呼称しています。

「ライナスの毛布」は、毛布以外のアイテムで代用が効きます。子供が愛着を示す他のアイテムには、ぬいぐるみやタオルケット、タオル、お人形さん、ペットなどが代用されます。

本来ならばずっと一緒にいたい母親との愛着が移行する対象には、幼児が何処へ行くにも一緒に行動を共にすることができるという条件が必須の様です。それは、幼児の小さな身体でも持ち運びができる重量と大きさのアイテムが対象物になるようです。

また、幼児によっては就寝の時間だけをベットで共にする「ライナスの毛布」がある場合もあり、個々によって特定の対象物も、扱いかたにも違いが見受けられることも特徴です。個々にとっての「ライナスの毛布」があるということですね。

無理に取り上げないでおこう

子供の成長過程には必要な「ライナスの毛布」ですが、卒業する時期は人それぞれと言われています。学童期に卒業する子供もいれば、成人近くになっても離さずにいる子もいるでしょう。

しかし、ここで重要なことは、例え大人になってからもこの傾向が見受けられたとしても、決して責めたり取り上げてはならないということです。まして、子供の「ライナスの毛布」は自立のための足場と捉えて、決して無理やり取り上げたり、大人が捨てたりしてはならないのです。

子供の心を尊重して見守ってあげましょう。

  関連記事

子連れの海外旅行は現地での病気やケガの予防と対策が重要!心がけるべきことは?

旅行好きのご夫婦にとって、子どもが小さいうちに一緒に海外旅行に行くことは、自然な …

幼稚園の特徴と種類はどんなものがあるの?幼稚園と保育園の違いとは?

幼稚園にはどんな特徴がある?保育園との違いは? 子どもを預けられる場所として代表 …

空いた時間でできると人気のクラウドソーシング。そのメリット・デメリットは?

子どもを妊娠すると、仕事を辞めて子育てに専念する女性も多いです。 しかし、子ども …

親子でも楽しめる横浜ランドマークタワー内の施設を徹底調査!

月齢期の子供とのお出かけ先で悩むママ、パパも多いことでしょう。春休み及び夏休みに …

いまや子ども服のトレンド!?ZARA キッズでオシャレ度をアップしよう!

最近の子どもはオシャレに敏感で、特に女の子は幼稚園のころから、洋服のデザインや色 …

デザインとカラーが豊富なニトリのソファで、くつろぎの空間をつくろう!

リビングをくつろぎの空間にしたいなら、ソファは必需品といえるかもしれません。です …

ママを困らせる子供のお薬嫌い…克服の方法はコレ!

子育てが始まると必ず訪れる子供のお薬嫌いですが、スムーズに飲んでくれずに手を焼い …

妊婦さんや子どもは注意が必要!条虫症の原因と症状、治療について

病気の中には、寄生虫に感染することでおこるものがたくさんあります。寄生虫感染と聞 …

赤ちゃん連れの外食はいつからOK?お店選びのポイントが知りたい!

赤ちゃんが生まれると、昼夜を問わずお世話が続くので、なかなか外出の機会がないもの …

ベビーシッターって一体どうなの?そのメリット・デメリットとは?費用などは?

少子化時代とともに昨今の日本では首都圏を中心にして待機児童が話題を呼んでいますが …