ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

出産祝いののし袋やのし紙の書き方が知りたい!渡すタイミングとは?

   

親戚や親しい友人、同僚のところに赤ちゃんが産まれると、出産祝いをするのが一般的です。とはいえ、初めて出産祝いを贈る人にとっては、そのマナーがわからないことは十分に予想できます。

そこで今回は、出産祝いの金額の相場や贈り物の内容、渡すタイミングについて、お話しします。

その際にのし袋やのし紙をつけることになりますが、マナーを知らないと恥をかくことになります。きちんとマナーを守り、気持ちよく受け取ってもらえるように配慮しましょう。

出産祝いの金額の相場と渡すタイミングとは?

出産祝いとは、赤ちゃんが無事誕生したことを祝って、現金や商品券を贈ることをいいます。場合によっては、プレゼントを贈ることもあります。

また最近は、カタログギフトを贈って、赤ちゃんが産まれた家庭に選んでもらうことも増えているようです。

出産祝いで贈る金額の目安は、相手との関係によって異なります。自分の兄弟姉妹に出産祝いを贈るときは10,000~30,000円、いとこなど親戚の場合は3,000~5,000円が一般的です。

孫が産まれたときには、30,000~100,000円が相場となります。友だちの場合は、5,000~10,000円が目安で、プレゼントを贈るのが一般的です。

同僚の場合は、3,000~5,000円が相場で、みんなで合わせて大きなプレゼントを一つ贈るケースも多いです。

出産祝いは、赤ちゃんが産まれてから1週間から1カ月以内に贈りましょう

出産祝いに適したのし袋とは?のし紙の書き方は?

出産祝いとして現金や商品券を贈る場合は、「のし袋」に入れるのはしきたりです。そして、プレゼントを贈るときには「のし紙」をつけます。

のしにもいろいろな種類がありますが、出産祝いのときには水引を用い、白赤の蝶結びにするのがベストです。この蝶結びには、何度あってもよい祝い事という意味があります。

のしの表書きには、「御出産祝」「祝御出産」「御誕生祝」と入れます。そして、水引の下には贈り主の名前を入れます。この場合は、名字だけでもフルネームでも構いません。

夫婦連名で贈るときには、夫の名前を中心に書き、妻の名前は左側に添えて書くのがマナーです。

のし袋の書き方も同様ですが、現金や商品券を入れた後、上包みの下側にある折り返しを上に重ね、しっかり閉じるのを忘れないでください。

郵送で送るときには手紙を添えるべき?

遠方にいる親戚や友人に出産祝いを贈るときには、宅配便や郵送ということもあるでしょう。そんなときには、お手紙を添えてあげると喜ばれます。

その際、文中で「きる」「しぬ」「たえる」「なくなる」「ながれる」という言葉は、使ってはいけません。また、性差別につながるような文章も書かないことを徹底してください

時候の挨拶から始めて、「赤ちゃんのお誕生、おめでとうございます」と書いてから、産後の母子の健康や赤ちゃんを迎えた家族の健康と成長を祈る言葉をつづってあげましょう。

また最近は、グリーティングカードにもいろいろなものがあるので、メッセージカードにひとこと添える人も増えているようです。その際は、出産したママの好きなキャラクターやデザインにしてあげると、喜びが倍増するかもしれませんね。

お祝いの気持ちを伝えることを大切にしよう

出産祝いを贈るときには、お祝いの気持ちを形であらわすことが大切です。そのため、贈るものだけでなく、マナーやタイミングを守って、相手に不快な思いをさせないように配慮することが必要です。

プレゼントを贈る場合は、流行や受け取るママやパパの好みを考慮するとともに、ほかの人と同じ贈り物にならないよう、あらかじめリサーチしておくのも一つの方法です

特に、複数の友人と出産祝いをまとめる場合は、あらかじめほしいものをヒアリングし、重宝してもらえるものを選んであげるとよいでしょう。

  関連記事

子供が毛深いと学校でいじめにあいやすいって本当?子供の脱毛方法は?

体毛は、全身に生えており、その数は150~200万本といわれています。中でも、腕 …

保育園の申し込みはどうしたらいいの?確実な入園方法はある?

出産が終わっても、育児休業中のママにとっては、一安心というわけにはいきません。予 …

どう選ぶ?双子のためのベビーカー選び

妊娠が判明するとともにお腹の中の胎児は双子ですと診断されたら、ちょっとびっくりし …

しまむらのコラボ戦略がスゴイ!しまむら×ブランドの魅力とは?

しまむらと聞くと、「ロープライスだけどデザインはイマイチ…」と思い込んでいる人も …

子育て支援の新しいサービスが登場!キッズタクシーのことが知りたい!

みなさんは、「キッズタクシー」という言葉を聞いたことがありますか?これは、201 …

我が子のためにも知っておきたい!10年後に無くなる職業、生まれる職業のこと

日本には「十年一昔」という言葉がありますが、現代では時代の流れが加速しています。 …

子育てママは上手に活用したい!看護休暇制度について知っておこう!

みなさんは、2005年に改正された育児介護休業法の変更点のことを知っていますか? …

なくならない一人っ子批判とは?兄弟はやっぱり必要!?

一人っ子はかわいそうだ、兄弟がいるべきだ、と言われたことがありませんか? 一人っ …

子育て世帯だから知っておきたい!生命保険の種類と特徴、選び方のこと

子どもは、一人前に育て上げるまでに、長い時間がかかります。そして、子どもが自立す …

どうしても手放せない「ライナスの毛布」!実は育児に効果的だった!

ママの体内から産まれた赤ちゃんは、新生児の時点では母子一体化されており、母親と自 …