ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

出産祝いののし袋やのし紙の書き方が知りたい!渡すタイミングとは?

   

親戚や親しい友人、同僚のところに赤ちゃんが産まれると、出産祝いをするのが一般的です。とはいえ、初めて出産祝いを贈る人にとっては、そのマナーがわからないことは十分に予想できます。

そこで今回は、出産祝いの金額の相場や贈り物の内容、渡すタイミングについて、お話しします。

その際にのし袋やのし紙をつけることになりますが、マナーを知らないと恥をかくことになります。きちんとマナーを守り、気持ちよく受け取ってもらえるように配慮しましょう。

出産祝いの金額の相場と渡すタイミングとは?

出産祝いとは、赤ちゃんが無事誕生したことを祝って、現金や商品券を贈ることをいいます。場合によっては、プレゼントを贈ることもあります。

また最近は、カタログギフトを贈って、赤ちゃんが産まれた家庭に選んでもらうことも増えているようです。

出産祝いで贈る金額の目安は、相手との関係によって異なります。自分の兄弟姉妹に出産祝いを贈るときは10,000~30,000円、いとこなど親戚の場合は3,000~5,000円が一般的です。

孫が産まれたときには、30,000~100,000円が相場となります。友だちの場合は、5,000~10,000円が目安で、プレゼントを贈るのが一般的です。

同僚の場合は、3,000~5,000円が相場で、みんなで合わせて大きなプレゼントを一つ贈るケースも多いです。

出産祝いは、赤ちゃんが産まれてから1週間から1カ月以内に贈りましょう

出産祝いに適したのし袋とは?のし紙の書き方は?

出産祝いとして現金や商品券を贈る場合は、「のし袋」に入れるのはしきたりです。そして、プレゼントを贈るときには「のし紙」をつけます。

のしにもいろいろな種類がありますが、出産祝いのときには水引を用い、白赤の蝶結びにするのがベストです。この蝶結びには、何度あってもよい祝い事という意味があります。

のしの表書きには、「御出産祝」「祝御出産」「御誕生祝」と入れます。そして、水引の下には贈り主の名前を入れます。この場合は、名字だけでもフルネームでも構いません。

夫婦連名で贈るときには、夫の名前を中心に書き、妻の名前は左側に添えて書くのがマナーです。

のし袋の書き方も同様ですが、現金や商品券を入れた後、上包みの下側にある折り返しを上に重ね、しっかり閉じるのを忘れないでください。

郵送で送るときには手紙を添えるべき?

遠方にいる親戚や友人に出産祝いを贈るときには、宅配便や郵送ということもあるでしょう。そんなときには、お手紙を添えてあげると喜ばれます。

その際、文中で「きる」「しぬ」「たえる」「なくなる」「ながれる」という言葉は、使ってはいけません。また、性差別につながるような文章も書かないことを徹底してください

時候の挨拶から始めて、「赤ちゃんのお誕生、おめでとうございます」と書いてから、産後の母子の健康や赤ちゃんを迎えた家族の健康と成長を祈る言葉をつづってあげましょう。

また最近は、グリーティングカードにもいろいろなものがあるので、メッセージカードにひとこと添える人も増えているようです。その際は、出産したママの好きなキャラクターやデザインにしてあげると、喜びが倍増するかもしれませんね。

お祝いの気持ちを伝えることを大切にしよう

出産祝いを贈るときには、お祝いの気持ちを形であらわすことが大切です。そのため、贈るものだけでなく、マナーやタイミングを守って、相手に不快な思いをさせないように配慮することが必要です。

プレゼントを贈る場合は、流行や受け取るママやパパの好みを考慮するとともに、ほかの人と同じ贈り物にならないよう、あらかじめリサーチしておくのも一つの方法です

特に、複数の友人と出産祝いをまとめる場合は、あらかじめほしいものをヒアリングし、重宝してもらえるものを選んであげるとよいでしょう。

  関連記事

子どもが他人のペットに噛まれたら、慰謝料請求はできるの?

数年前、俳優の反町隆史さん・松嶋菜々子さんご夫妻が飼っている犬が近所の方を噛み、 …

保育園入園までに必要な物を確実に用意するために

入園する保育園が決まったら、すぐにでも始めてほしいことがあります。それは、入園準 …

子どもの医療費は削減できる?医療費控除を賢く利用する方法が知りたい!

子どもが小さいうちは、ケガや病気で病院にかかることが多いものです。まして家族が多 …

どんどん寒くなっていく、秋におすすめのマタニティファッションとは?

妊娠中のママにとって、暑い夏より気温が下がる秋の方が過ごしやすいと感じることでし …

抱っこひもの一種として知られているベビースリング!その使用方法と選び方のコツは?

「ベビースリング」とは、いわゆる”抱っこヒモ”の一種であり、大きな布 …

ママに強い味方!おトクなサービスがいっぱいのAmazonファミリー

赤ちゃんが生まれてバタバタと毎日大変なママ!お買いものに出かけるだけでも大変です …

子どもの大事な歯を守るためには、どのように歯ブラシを保管すればいいの?

毎日の歯磨きは、口の中の菌を除去し、お子さんが健康な歯を保つために欠かせません。 …

子どもの貧困ってどういうこと?脱却する方法とは?

近年、ニュースやテレビ番組、書籍などで「子どもの貧困」を取り上げることが増えてい …

みんなはどうしている?トイレタンクの掃除のコツが知りたい!

トイレ掃除をするとき、便器や床をキレイに磨き上げるひとは多いと思います。では、ト …

主婦がメルカリで稼いだら、確定申告は必要?経費も計上できるの?

メルカリとは、スマートフォンを利用して、不要品の売買ができる、フリーマーケットア …