ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

保育園や幼稚園に通う子供でも恋するの?大人顔負けの恋愛事情とは

   

我が子が保育園や幼稚園に通うようになり、子供なりの世界を持つようになっても、パパやママにとっては赤ちゃんのときの延長上で、可愛くて仕方がないことでしょう。

ですが、子供はパパやママが考えている以上に成長しており、特に女の子の場合は、保育園や幼稚園のころに「初恋」を済ませているのは珍しくありません。

そこで今回は、保育園や幼稚園に通う子供たちの恋愛事情について、一緒に考えてみたいと思います。ほほえましいその姿を、見守ってあげてくださいね。

保育園や幼稚園時代に初恋をする女の子が多い

赤ちゃんのうちに性差を感じることは少なくても、子供が保育園に通うようになり、年少さん、年中さん、年長さんと大きくなるにつれて、その心の成長の速さが違うことが顕著にあらわれ始めるものです。

特に男の子と比べると、女の子はおませさんなことが多く、家で「●●くんが好き!」といって、パパやママを驚かせる子も少なくありません。

そのため、毎朝着る洋服を決めるのに一苦労したり、髪を結って可愛くするように求めるなど、パパやママからすると時間がないときには辟易するような行動をとることも多くなってきます。

そして、保育園や幼稚園に着くなり、意中の男の子のところに一目散に走っていく姿を見て、寂しさを感じることもあるかもしれませんね。

婚約やファーストキスもありうる!

保育園や幼稚園時代でも、両想いになるカップルもいます。その主導権は、大抵はおませな女の子が握っています

男の子の初恋が保育園や幼稚園時代であることも珍しくなないのですが、女の子のようにボディタッチをしたり、積極的にアプローチするのは少数派のようです。

そして、保育園や幼稚園の時代にファーストキスを済ませたり、「将来、●●くんと結婚するから!」と、いきなり婚約を宣言する子供もたくさんいます。

特に娘をもつパパはドギマギしそうですが、日ごろから夫婦仲が良くて、パパとママがキスをする習慣を持っていると、子供も自然に真似するようになるものです。

そして、保育園や幼稚園の子供の恋愛感情は大人より移り気なので、温かい目で見守ってあげるのが一番です

親としてどうすべき?

保育園や幼稚園に通う子供が恋をしていても、その感情には男女差があります。そもそも男性は女性より、精神年齢が10歳も若いといわれていますので、保育園や幼稚園に通う子供時代は、圧倒的に女の子の方が上手です。

中には、気の強い女の子に息子さんが振り回されて、ヤキモキするママもいると思いますが、あくまでも一時的なことです。異性との違いや付き合い方を学ぶ、初めての機会でもあるので、神経質にならずに見守ってあげましょう。

ママの中には、息子がクラスの女の子にキスされたと知り、感染症にかかることを恐れてクレームを入れるケースもあるようですが、過剰に反応すると、保育園や幼稚園のママ友との仲が悪くなるきっかけになってしまいます

保育園や幼稚園に好きな子がいれば、登園も楽しくなるでしょうから、可愛くて幼い恋を応援してあげるのがおすすめです。

人を好きになる気持ちは尊重してあげよう!

パパと出会い、子供を授かったママには、人を好きになる気持ちがよくわかりますよね。そして、人を好きになることは、特別なことではありません。

初恋が保育園や幼稚園時代にくるのは、我が子の心の成長が順調に進んでいるあらわれでもあるのです。

むしろ、ママやパパが愛情あふれる夫婦関係を築いているから、人を好きになるすばらしさを体験的に知っていると思えば、ほほえましいと思えるはずです。

その気持ちが一生続くことはおそらくないですから、我が子の可愛い恋を見守ってあげてくださいね。

  関連記事

乳児や幼児もピアスをする時代!?ピアスの低年齢化どう考える?

ピアスを開けてオシャレを楽しむ大人が増えている中で、子どものピアスの考え方に対す …

その使い方本当に合ってる?柔軟剤の正しい使用方法とは?

子供のころ、クラスに1人は洋服からほんのりと柔軟剤の良い香りをさせている子がいた …

子育てママは上手に活用したい!看護休暇制度について知っておこう!

みなさんは、2005年に改正された育児介護休業法の変更点のことを知っていますか? …

離婚後は子どもの戸籍はどうなるの?戸籍を変更するメリットとデメリットは?

子どもが20歳未満の場合、夫婦が離婚するにあたって、親権をどちらが持つかを決めな …

毎年心待ちにする人もたくさん!しまむらの福袋の魅力とは?

トレンドを押さえつつもロープライスの商品を提供することで人気なのが、ファッション …

バタバタバタ…マンションやアパートで響く子どもの足音対策を教えて!

小さい子供がいる家庭にとって気がかりなのが、子供たちの走り回る際の大きな足音。上 …

ままごと遊びは知育におすすめ!でも、子供の会話には注意が必要!

子どもはごっこ遊びができるようになると、男女を問わず「ままごと遊び」をするように …

実は主婦に多い、キッチンドリンカーのことを正しく知っておこう!

2013年に厚生労働省では、「問題飲酒者に関する人口推計」の調査結果を発表しまし …

一人の女性からママとなって変わったことはありますか?

恋愛し、結婚を決めるときには、パートナーと二人で暮らす生活を思い描くことはできて …

保活に成功するためのポイントとは?保育園の選び方も知っておこう

近年、「保活」という言葉をよく見聞きしていることでしょう。待機児童問題が解決する …