ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子ども用の傘を選ぶポイントとは?適正なサイズって?

   

子どもが小さいうちは、傘を持って歩くのが難しいので、レインコートを着せて外出することが多いものです。ですが、子どもが成長し、傘をさす意味を理解するようになると、大人と同じように自分の傘を欲しがります。

傘を振り回さずに持てるようになる2歳くらいに、子ども用の傘を与えるママやパパが多いようです。でも、子ども用の傘をどう選んだらよいのか、迷う人も多いはずです。そこで今回は、子ども用の傘を選ぶポイントについて、お話しします。

子ども用の傘はサイズ選びが重要!

子ども用の傘を選ぶときには、安全で使いやすいことが大前提となります。そのため、子どもの身長に合わせて、適切なサイズを選ぶことが重要です。傘のサイズは、親骨で表示されるものなので、年齢や身体の大きさを考えて、サイズを選んであげましょう。

一般的には、3~4歳なら親骨が45cm、5~6歳なら親骨が50cm、小学校1~2年生なら親骨が53cm、小学校3~4年生なら親骨が55cm、小学校5~6年生なら親骨が58cmが適正とされています。このサイズは、各年齢の標準身長に基づいているので、お子さんの大きさに合わせて、選んであげましょう。

また、小学生の場合は、ランドセルを背負うことを想定し、少し大きめのサイズを選んでも問題はありません。

子ども用の傘を選ぶポイントとは?

子ども用の傘を選ぶポイントも、いくつかあります。子ども用の傘は基本的に、軽くて丈夫に、そして安全性が高いようにつくられていますが、子ども自身が開いたり閉じたりできるのかどうかは、必ず確認しましょう。

お子さんが就学前の幼児のときには、集団の中でも目立つように、デザインにこだわるママやパパが多いようです。これは、車にも気づいてもらいやすいというメリットがあるからです。また、子どもが傘を持ったときでも、前がきちんと見えるように、傘の一部または全部が透明になっているものがおすすめです。

そして、子どもは長いものを持つと振り回すことが多いですし、風の日でも安心して使えるように、丈夫なものを選んでおくとよいでしょう。そして何より、適正なサイズを選んであげてください。

透明窓があるものがおすすめ!

子どもは自分で傘を持ちたがりますが、大人のように周囲に配慮する力は、十分に育まれていません。そのため、子ども用の傘を持つことで、視界を遮らないことが、安全性を高めるうえで重要なポイントになります。

特に幼稚園や保育園に通っている間は、透明窓のついた子ども用の傘を選ぶことをおすすめします。小学校に入学するころには、傘を斜めにしたり、持ち上げることで、子ども用の傘をさしていても前を見て歩けるようになります。

子ども用の傘についている透明窓は、デザイン性を高めるのではなく、安全性という機能性をアップするためにあるものですので、必ずチェックしましょう。特に最初に与える子ども用の傘の場合は、傘全体が透明で模様が入っているものにして、慣らすのがおすすめです。

使用時期を考慮して適正な価格のものを選ぼう!


子どもは年齢によって、身長や行動は大幅に変わります。そのため、子ども用の傘は成長に合わせて買い替えていくことになります。子ども用の傘にもブランド品は多く、中には驚くような価格のものも含まれています。

ですが、子ども用の傘はサイズによって使用時期が決まっていますし、扱い方によって消耗度も変わります。壊しても買い替えるのに躊躇しない価格が、適正といえるでしょう。デザインだけでなく、サイズや価格もきちんとチェックして、子ども用の傘を選んであげましょう。インターネットで、子ども用の傘のおすすめをチェックすると、参考になるはずです。

  関連記事

家庭的保育事業(保育ママ)を利用するメリットとデメリットは?

現代の日本は、深刻な保育園不足に陥っています。そのため、2010年より家庭的保育 …

ベランダで簡単に始められる家庭菜園を子供と一緒に楽しもう!家庭菜園を行うポイントは?

ベランダや庭で家庭菜園を楽しんでいるご家庭も少なくないでしょう。家庭菜園は自分で …

子どもが危険に晒されている!とっさの事態を回避する注意方法は?

子供の行動特性上、一歩外へ踏み出すと危険がいっぱいです。学童期の通学路には、子供 …

ニトリの本棚で本を大切に保管しよう!収納力もデザインも抜群の本棚が勢ぞろい!

文庫本や料理本、出産を機に買った育児本や絵本などで気がついたら本棚がいっぱいにな …

ダイソーの収納グッズで片付け上手に!?おすすめ収納グッズ10選

みなさんはリビングやキッチンの収納に困っていませんか?引き出しの中に入れてはいる …

子どもも大人も発症する可能性がある、ばね指の原因・症状・治療方法は?

みなさんは、「ばね指」という病気を知っていますか?聞き慣れない病名かもしれません …

ダウン症の子どもは将来結婚できる?子どもを持つ場合のリスクとは?

晩婚化が進む日本では、初産年齢や高齢出産する割合が高くなっています。そのため、ダ …

「は・ち・み・つ・じ・ま・ん」とは?子どもに教えたい!不審者と判断する方法や身を守る方法とは?

小学生になると一人で行動する子が増えてくると思います。登下校や放課後の外遊びで心 …

いまさら聞けない、ジュニアNISAのこと。そのメリットとデメリットは?

日本の社会保障制度が揺らいでいる現在、年金受給が危ぶまれる年代は、自分で資産運用 …

子どもの医療費は削減できる?医療費控除を賢く利用する方法が知りたい!

子どもが小さいうちは、ケガや病気で病院にかかることが多いものです。まして家族が多 …