ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

雨の日に親子で楽しめる室内遊びはある?室内遊びでのポイントとは?

   


子どもは遊びを通して、さまざまなことを学んでいます。身体を鍛える意味でも、天気が良い日は外遊びする家庭もあると思いますが、雨の日に子連れで出かけるのは気が重いですよね。

そんなときには、親子で室内遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか。室内遊びでも、子どもが楽しめるものはたくさんあります。そこで今回は、雨の日に親子で室内遊びをするときのポイントや、子どもの年齢別の遊び方について、お話しします。ぜひ、実践してみてくださいね。

雨の日に親子で室内遊びをするときのポイントとは?

雨の日でも遊べる児童館や子ども支援センター、屋内遊園地など、遊び場はたくさんありますが、そこに連れて行く手間を考えると、お家で過ごしたいと思うママも多いはずです。そんなときには、親子で室内遊びを楽しみましょう

そのときのポイントは、いつも遊んでいるおもちゃで遊ばせるのではなく、ママも一緒にいつもとは違う遊びにチャレンジすることです。もちろん、いつも遊んでいるブロックや積み木もよいのですが、いつもより精巧なものをつくってみたり、折り紙やシールで飾るなど、子どもが夢中になれるように工夫をこらすのです

また、料理の手伝いも、子どもにとっては遊びの延長です。ボールの中身を混ぜてもらったり、丸めるなど形を整えるのを手伝ってもらいなど、いつもと違うことをさせてあげると、身体が思いきり動かせないストレスを発散できるはずです。

乳幼児におすすめの室内遊びとは?

乳幼児の室内遊びの基本は、「」と「」を組み合わせることです。静かな遊びといえば、お絵描きや塗り絵を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。カレンダーの裏側など、いつもより大きめの紙に、色鉛筆や汚れを落としやすいクレヨンで好きなだけ描かせてあげましょう。

また、好きなキャラクターの塗り絵を用意しておくのもおすすめです。このほかにも、指先を使うおはじきや、粘土遊びもおすすめです。

動く遊びでは、太鼓や鈴などを使って楽器遊びをしたり、不要なダンボールでトンネルや家をつくって、くぐったり入ったりして楽しんだり、新聞をびりびりに割いて、早くビニール袋にしまった方が勝ちというゲームをすると、子どもは夢中になるようです。

4歳以上の幼児におすすめの室内遊びとは?

子どもも4歳以上になると、道具を使わずに遊べるようになります。そこで、ママと一緒にしりとりをしたり、15個くらいを目標に、小さなものから少しずつ大きなものを連想していく、あるいはヒントを与えることで何のものの説明なのかをあててもらうゲームなど、考える遊びをしてみるのもよいでしょう

また、いらないチラシなどで商品を工作し、お店屋さんごっこをするのも楽しそうです。身体を使って遊びたいときには、ジェスチャーで何の動物かを伝えるゲームをしたり、お手玉やけん玉、かるたなどもおすすめです。また、テーブルにシーツをかけてキャンプごっこをしたり、空のペットボトルを並べて、新聞紙をまるめたボールでボウリングをするのも、子どもは喜びます。

親子で一緒に楽しむことが何よりも大切!

室内遊びをするために、あらかじめ道具を用意しなくても、親子で楽しめることはたくさんあります。ペットボトルや空き箱、いらないチラシ、ビニール袋など、あるもので工作をしたり、何がつくれるか一緒に考えたりするだけで、子どもの発想力や創造力が磨かれます

大事なのは、子どもを一人で遊ばせるのではなく、ママが一緒に遊ぶことです。お出かけできない日には、ママといつもと違う遊びができることがわかれば、子どもが外出をせがんで泣く回数も減るはずです。手間をかけずにできることから、実践してみましょう。

  関連記事

子供乗せ自転車の選び方のポイントは?普通の自転車と電動自転車の違いについても教えて!

都市部では、保育園の送迎に子供乗せ自転車を利用する家庭が多いものです。徒歩よりも …

3人家族の食費の平均って、いくらくらい?節約術はある?

赤ちゃんが産まれるのは喜ばしいことですが、出費は確実に増えます。紙おむつや粉ミル …

最近話題の保けいことは?

保けいこをうまく活用して保育園に通っている子供でも効率よくおけいこをしよう! 保 …

保活の前に知っておきたい待機児童とは?「待機児童ゼロ」は本当に待っている子供がいないことなの?

待機児童とはなに?待機児童ゼロでも安心するのは危険! 待機児童の問題についてはた …

子連れの海外旅行は現地での病気やケガの予防と対策が重要!心がけるべきことは?

旅行好きのご夫婦にとって、子どもが小さいうちに一緒に海外旅行に行くことは、自然な …

親子でも楽しめる横浜ランドマークタワー内の施設を徹底調査!

月齢期の子供とのお出かけ先で悩むママ、パパも多いことでしょう。 春休み及び夏休み …

いらなくなった学習机の処分方法は?リメイクできるって本当?

子どもの小学校入学に合わせて、はりきって学習机を用意した家庭も多いことでしょう。 …

子どもを夜間に一人にさせないために。トワイライトステイを知っておこう!

みなさんが居住する地域でも、「トワイライトステイ」と呼ばれる夜間保育や夜間養護の …

赤ちゃんと初めてのお出かけ!レストランの選び方やマナーはどうしたらいい?

出産後の毎日は喜びも大きいけれど、慣れないお世話で大変なことも沢山。しばらくする …

アイロンで接着するだけで可愛く名前を入れられちゃう!お名前ワッペンの選び方と活用方法とは

入園準備をする中でママたちを悩ませるのが名前つけの作業です。簡単にしかも可愛く名 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss