ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

小児肥満の影響とは?安全なダイエットで健康な生活に導こう

   

肥満というと、グルメや食べ過ぎによる大人の症状だと思われがちですが、今は子供が肥満になる「小児肥満」という症状に悩まされる人も多くなってきています。

原因はレトルト食品・インスタント食品の普及などが大きいですが、小児肥満になることで子供のうちから成人病になってしまうリスクというのも多くなってしまいます。

また、健康や成長に影響してしまうこともあるものです。ですから子供だから大丈夫だと思わず、早くから子供にふさわしいダイエットを行うことが大事です。

小児肥満ってどういうこと?

小児肥満とは年齢の平均体重よりも著しく体重が多く、太ってしまっている状態です。

また、脂肪がつき過ぎてしまっていることで激しい運動をすると心臓が圧迫され、呼吸困難などを引きおこす恐れがあるため、運動制限などのドクターストップなどがかかっている状態です。

そのため痩せるために行う運動もハードなものはできず、医師の管理のもとで行うようなこともあります。そして成長期の子供なので栄養のある食事は続けつつ、食事制限によるダイエットも必要になっている状態です。

ただ単純に体重が多いのではなく、脂肪が多いことによって日常生活に影響が出ている状態でもあります。

小児肥満の弊害とは?

小児肥満になることによって成人病にかかるリスクも高くなります。

糖尿病や高血圧といった症状は大人の高齢者がかかる病気だとも思いがちですが、小児肥満になるとまだ子供のうちからそういった成人病のリスクも伴うことになってしまいます。

また、子供でありながら体育の授業はできるものとできないものがあるようなことも出てきます。まだまだ成長期の子供であれば食事も運動も制限ないことがほとんどですが、食事も運動も大人の管理のもとで行うことが必要にもなってくるものです。

友達が食べているおやつでも自分は食べられないこともあるので、悲しい思いをするようなこともあるでしょう。

そうした大人ではたやすく我慢できることも、子供にとってみれば試練になるので、そうした小さな我慢の積み重ねでストレスが溜まってしまうようなこともあるものです。小児肥満は子供にとっても苦痛が多くなるものです。

肥満の程度や状態はどうやってチェックしたら良いの?

小児肥満は、小学校の体重測定でわかることも多いです。

校医から指摘されたら医療機関に行き、肥満改善のための対策を取ることが必要です。成長期の子供は一時的に体重が増えてしまうようなこともありますから、それだけでは肥満とは言えないものです。

勝手に自分で肥満だと決めつけて食事制限をしてしまうのも良くないですから、きちんと医師の診断で判断をしましょう。また、普段から同じ年齢の子供と比較していくと良いです。

どれくらいの背丈で、どれくらいの体重が平均なのかがわかりやすいですし、グラフや数値よりもわかりやすいでしょう。自分の子供が肥満かどうかは、周囲の子供の体型などから判断したりしても良いでしょう。

また、砂糖の多いおやつばかり食べていないか、脂肪分が多い食事が続いていないかでもチェックしてみても良いでしょう。

サプリメントの使用はOK?安全なダイエットの方法や対策は?

小児肥満を解決する方法としては運動と食事制限がありますが、成長期の子供だからこそ量も気を付ける必要があります。

運動療法として効果的なのは水泳ですが、水泳はカロリー消費に良いのと同時にお腹もすくので、子供のダイエットには向かないこともあります。ですから運動後の過食につながらないように、水泳後は時間の使い方を考えるようにすると良いです。

子供は何か集中できるものがあると食べることに夢中にならなくなることもあるので、楽しく遊べる習い事などをさせるのも良いです。

また、ついおやつを食べてしまうような子供にはサプリメントも良いです。子供でも安全に利用できるものはあるので、ダイエットの方法として子供にも使えるサプリメントを利用していくのも良いでしょう。

子供にとってストレスにならないようなダイエット法を見つけるのが得策です。

基本的な生活習慣を見直そう

小児肥満というのは昔からありますが、外で遊べる機会が減ったことと、食生活の欧米化が小児肥満を増やす原因になっているということもあります。

ですから食生活の見直しが必要ですし、太ってきたから運動をするのではなく、適度な運動は毎日取り入れていくことが必要です。子供は無理やり運動させても続けることができませんから、楽しく遊べることを活かして遊びが運動になるようにすると良いです。

また、肥満の時は親の管理のもと、ダイエットをすることが大事です。

  関連記事

どうしたら入る!?父親のパパスイッチの入れ方とは

ママは妊娠が分かると同時に、自分の体の中に新しい命が宿ったという実感を少なからず …

働くママの味方はどれ!?買い物のススメ

育児をしているとただでさえ時間のやりくりが難しいのに、働いていたら尚更家事をする …

子育て中のパパママ必見!子どもの自立を阻む「スノープラウペアレント」になっていませんか?

モンスターペアレントという言葉が定着して、早数年。最近では、モンスターペアレント …

対人関係にも影響する?子どもの前頭前野の鍛え方とは?

近年、脳科学に基づいた教育法が高い注目を集めています。実は脳の成長は、赤ちゃんが …

タッチペンはキャンドゥがおすすめ!他店とは違う使い心地とは?

2017年、キャンドゥのスマホ関連グッズの中で、最も人気が高いといっても過言では …

イライラをコントロール!アンガーマネジメントって?

物事がすべてが自分の思い通りにいけばいいけれど、そうはいかないことが多いです。子 …

口腔アレルギーの症状や原因とは?食物アレルギーとの違いって?

口腔アレルギーは食物アレルギーのように、特定の果物や野菜を取ると症状が発症します …

遊び場から帰りたくない子どもの気持ちの切り替えを促す方法は?

子どもは、遊びを通して成長していくものです。そのため、自分の思うように身体が動か …

子どもを冷房病や熱中症から守るために、覚えておきたいエアコンや扇風機の使用方法

梅雨があけると、本格的な夏がやってきます。夏が好きなひとでも、熱帯夜が続くのは辛 …

病児保育ってなに?働くママを助けてくれる、その内容は?

働くママにとって、子どもの体調不良は悩みどころです。小さな子どもは様々な病気にか …