ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

褒めるだけの子育ては間違いって本当?叱るとのバランスのとり方は?

   

現代は、体育会系のスパルタ式ではなく、褒める子育てが主流です。ですが、褒めるだけの子育てでは、子どもをダメにすることもあるのです。

そこで今回は、褒めるだけの子育てが間違いなのか、叱り方とのバランス、子どもの正しい褒め方と叱り方について、お話しします。

子どもはいつか自立しなければならないのですから、将来、我が子が社会生活で困らないように、子育ての方針や方法を夫婦で考え、実践してあげてくださいね。

子どもの褒めすぎは甘やかしにつながる!

近年、子どもを褒める子育てが推奨されるようになったのには、理由があります。褒められることで子どもに自信がつくこと、子どもが自己肯定感を育むことができること、子どもが意欲的に行動するようになることです。

これは、多様な価値観の人と関わりながら社会生活を行っていくうえで、とても大切なことです。

ですが、褒め方を間違うと、こうしたプラス面よりも、自分は特別な存在であると勘違いする、褒められないことはやらなくなる、親の顔色をうかがって行動するようになるなど、マイナス面が出てしまい、子どもが社会生活を送りにくくなる要因になるのです。

子どもを褒めすぎることは、甘やかすことと同義です。根拠のない自信に満ち溢れ、何でも自分の思い通りになってあたり前と思う傲慢な人間に育つと、幸せな人生を送るのは難しいのが現実ですから、節度をもった子育てが大事なのです。

子どもの正しい褒め方とは?

では、子どもの良さを伸ばす、正しい褒め方とはどんなものなのでしょうか。まず、子どもに感謝の気持ちをストレートに伝えることです。

「靴を揃えてくれたの。ありがとう」「お手伝いしてくれて、ありがとう」など、素直に口にすることです。そして、褒めるときにはタイミングが大事です。がんばったとき、いいことをしたとき、すぐにその場で褒めてあげましょう。

そして、子どもが1歳くらいまでは、大げさに褒めるのがポイントです。「たっちできたの!」「あんよできたの、すごいね!」など、自分の行動がママやパパを喜ばせていることを、子どもに実感させるのです。拍手してあげるのも、おすすめです。

そして、子どもが行った結果だけでなく、がんばったというプロセスを褒めるのも大事です。褒めるときには具体的に、心を込めて褒めてあげましょう。

子どもの正しい叱り方とは?

そして、子どもを健全に育てるためには、褒めるだけでなく叱ることも必要です。その際、感情に任せて怒るのではなく、しつけのために冷静に叱ることがポイントです。

子どもを叱るときには、きちんと向き合い、目線を合わせます。そして、決して大声を出すことなく、叱る理由をきちんと説明しましょう。その際、子どもの人格を否定することは、絶対にしてはいけません。

また、子どもが悪いことをしたらすぐ叱ることを徹底してください。子どもを叱るときには、人前で行わないことも大事です。人前で叱られる恥ずかしさが先に立ち、自尊心が傷ついたり、話している内容を聞かないことがあるからです。

最後に、叱った後には必ずフォローをすることを、忘れないでください。

1つ叱ったら、10褒めてあげよう!

子どもの褒め方や叱り方で、受け止め方に差が出るのは事実です。子どもを叱ろうと思うときに、まず子どもの良い部分を褒めてから、「でもね」と切り出す法が、子どもも受け止めやすいかもしれません。

そして、1つ叱ったら、10褒めることを習慣にしてください。叱られることで自己否定感が強まったまま、放置するのはよくないからです。

褒め方と叱り方に配慮するだけでも、子どもの受け止め方は大きく変わります。自己肯定感を持つことができるので、周囲にやさしく接することができる人物に育つことでしょう。

  関連記事

子供の宿題代行サービスがある!?そのメリット・デメリットとは?

小学生のころ、夏休みともなれば大量に出される宿題。五教科の学業に、図工や作文など …

医療費控除の申請方法が平成29年度から変わる!変更点やメリットについて教えて

平成29年度分として行う確定申告から医療費控除の申請方法が変わります。ですが、そ …

セリアの魅力とは?プチプラでもオシャレさを追究したいひとにおすすめ!

100円ショップはどこも、プライス以上の価値を感じられる商品開発に余念がありませ …

赤ちゃんの安全を守るベビーサークルの使い方とは?手作りできる?

妊娠・出産を控えて、赤ちゃんのものを用意するときは、退院後の生活のことを考えるの …

東京都のオリジナル?認証保育園ってどんなところ?認可・無認可保育園とはどう違うの?

働くママは産休、育休が明ける前に子どもの保育所を探さなければなりません。しかし都 …

社会でのマナーを子どもに身につけてほしい!しつけの方法とは?

子供が乳児から幼児に変わるころから頭を悩ませる『しつけ』。感情的に怒鳴ってしまっ …

身体が冷えやすくなる、冬におすすめのマタニティファッションとは?

寒い冬は、室内にいても身体が冷えてしまう場合があります。妊娠中期以降は、腹帯を巻 …

これでクラスの人気者!?逆立ちができるようになるコツって?

子どもに聞かれて答えに詰まってしまうものはいくつかありますが、その中でも運動系は …

子どもの病気を癒してくれる!医療機関で常勤が広まっているセラピー犬のこと

盲導犬を見かけることは、案外多いのではないでしょうか。ですが近年、盲導犬以外の犬 …

子供には安全なものを与えたい!危険な食品添加物とは?

飽食の時代に流通している食品と添加物の関係性は切り離すことができないものですが、 …