ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもと映画を観に行こう!子どもに楽しんでもらうポイントとは?

   

映画館は子どもが生まれてからしばらく行っていないというママ、そして映画館で上映されている子ども向けの映画作品はどんな感じなのだろうか、子どもは何歳から映画館に行くのかなと、気になっている人もいるのではないでしょうか。

子どもとそろそろ映画館に行ってみたいな、でも一緒に楽しめるか不安だなと感じる人に知ってもらいたい、子どもと映画館と、作品と大人の関係について、子どもと映画を観に行ってみたい気持ちになれるポイントをまとめます。

映画館ってどんなとこ?

映画館とは、大きなスクリーンで臨場感のあるサウンドを浴びながら映画作品を鑑賞する場所です。規模は映画館により異なりますが、100名程度のホールから500~600名入るような大きなものまで様々です。

普段は自宅で家族とテレビを見ることが映像と触れる場所になりますが、知らない人と一緒に同じ作品を鑑賞する場所が映画館となります

映画館内での飲食は可能なので、もし子どもと行った時に途中で飽きてしまったり、お腹が空いたと言われた時でも飲んだり食べたりすることは可能なので安心です。

ただし、薄暗いところで食べることになるので食べやすいものにしておいた方が無難です。

映画館に入れるのは何歳から?

映画館には年齢による入場制限はありませんが、たくさんの人が同じ空間で作品を楽しむことを考えれば席に座っていられることと、騒がずに観ていられることが条件になってくるでしょう。

また、兄弟の付き添いなどで映画鑑賞中もずっと寝ているような乳児はいます。

その場合は静かにしているときはなにも問題ありませんが、おきて泣き出すことがあったら一度退席をして気分が整ってから再入場をするなど、周囲への配慮が必要になります

映画館の上映作品の中でも子ども向けのものには子どもが多く、多少のザワザワ感が許される場面もありますが、大人がメインでみる映画の場合には、多少のざわつきも周囲は気になる音として感じることがありますので作品選びが重要になります。

はじめて子どもが映画を観に行くのは幼児向けの上映時間の短いアニメ映画などで、2歳か3歳ころから行き始める子どもが多くなります

楽しんでもらうためのコツは?

子どもに映画を楽しんでもらうためには、まず子どもの興味のある作品を観に行くことです

いつも家でみているアニメなら子どもも引き込まれやすいでしょうし、ディズニー作品やジブリ作品であれば、同じような作品を子どもに見せて興味があるかないか判断して、興味がありそうな作品を観に行くようにしましょう。

また初めての映画館で子どもが驚いてしまいがちなことがあります。それは映画が始まると場内が真っ暗になってしまう事と、大きな音です。

何も知らずにそれらが始まってしまうと大丈夫な子供もいますが、驚いて映画が楽しみだという気持ちよりも不安な気持ちの方が勝ってしまい楽しめないことがあります。事前に映画館では映画がどんなふうに始まるのかを教えてあげましょう

一番大切なことはおとなも子どもと一緒に作品を楽しむことです。映画を観終わった後にお互いに感想を伝え合う時間は、とても楽しいものになるでしょう。

子ども用作品であってもおとなも楽しめるの?

子供向けの作品、アニメだからといって侮ってはいけません

毎週テレビで放送されているようなアニメでも、テレビの時にはコミカルな内容しか扱われていなくても、映画になると世界観が変わってグッと引き込まれ、映画が終わることには感動でホロリと涙を流してしまうことも少なくありません。

いつもと同じような笑いがあり、そしてハラハラドキドキのスリルがあり、最後には感動の嵐…子どもも大人も引き込まれてしまう作品はたくさんあります。

また、子ども用の作品であっても、映画で使われるメインテーマ曲はミュージシャンが歌うJ-POPが多くなります

大人の好きなアーティストがテーマ曲を歌っていれば、その歌詞に込められた意味と作品とがリンクしてさらに作品を楽しむことができます。子どもと一緒に歌を口ずさむことができるようになるのもまた一つの楽しみになりますよ。

マナーを守って楽しく鑑賞しよう

映画館で作品を見ることはとても楽しいことですが、周囲への配慮をしたり、マナーを守って鑑賞する必要があります

子どもと映画館に行く時には映画館がどんな場所であるのか、どんなふうに映画を鑑賞しなくてはならないのかを事前に教えてあげれば、子どももきちんと守れるはずです。

映画作品のなかには親子で様々なことを考えさせられる作品もたくさんあり、学ぶ機会にもなります。気になる作品を見つけたら子どもを誘って映画館に出かけてみてはいかがでしょうか。

  関連記事

ママ友ネットワークで育児節約ができるって本当?お願いするポイントは?

育児をしていると、どうしても出費がかさんでしまいがちです。そして、親戚や友人が多 …

タイミングが大事!兄弟喧嘩に親が介入するとどうなる?

兄弟喧嘩というのは兄弟がいる家庭であれば誰しも経験するものですが、親が止めに入ら …

子どもの実家暮らしは何歳までOK?実家暮らしと独立のメリット・デメリットについて

近年、社会人になっても実家で暮らす若者が増えているようです。そのため、就職活動を …

赤ちゃんの安全を守るベビーサークルの使い方とは?手作りできる?

妊娠・出産を控えて、赤ちゃんのものを用意するときは、退院後の生活のことを考えるの …

バイアグラはどんな人が利用するべき?その実態と、気になる効果や副作用の恐れは?入手方法はどうしてる?

バイアグラのイメージとはどのようなイメージですか?「精力剤じゃないの?」というイ …

子供にケガはつきもの!顔にケガをしてしまった時!傷を残さないようにするにはどうする?

子供は好奇心旺盛で予測不可能な行動をとることがよくあります。そして自分自身ででき …

フリースクールってどんなところ?費用やシステムについて知りたい!

世の中にはいじめや心の病気など、様々な理由で学校に行くことが出来なくなってしまっ …

子どもが病気のときに真価がわかる!?パパの処方薬把握事情とは?

共働き家庭が増え続けている現代。お子さんが病気になったとき、仕事を休む、遅刻・早 …

困ったときはここへ!小児救急電話相談ってどんなシステム?

子どもの急な病気や怪我は、小さい子どもがいる家庭ではよくおこります。そんな時に役 …

見せる、しまう、何でもござれ!無印の収納の実力とは?

無印良品のコンセプトを、みなさんは知っていますか?それは、「生活の中で本当に必要 …