ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

実はこんな違いが?無農薬野菜とオーガニック野菜のこと

   

子どもに食べさせたい野菜は安心で安全なものが良いですよね。スーパーに並べられた野菜には「有機野菜」「オーガニック野菜」なんて表示のあるものも最近は見かけるようになりました。

またネット通販で野菜を購入している人も増えてきましたが、有機野菜やオーガニック野菜、無農薬野菜の違いを知っている人は少ないです。

そんな野菜の表示方法で見えてくる野菜の安全性についてお話ししたいと思います。毎日の野菜選びに役立ててみてください。

無農薬野菜って農薬を使っていないの?

無農薬野菜は特別栽培農産物というもので、有機JAS認定をされていないものになります。

有機JAS認定マークは、農林水産大臣が定めた品質基準や表示基準に合格した農作物などにつけられる認定マークです。有機JAS認定されている野菜は「有機野菜」「オーガニック野菜」という表示をして良いことになっています。

有機JAS認定は国が定めている厳しい認定ですが、使ってよい農薬があります。もちろん安全性は高い農薬になりますが、有機野菜=無農薬ではありません。

無農薬という点で言うなら、無農薬野菜と表示のあるものは文字通り無農薬で栽培されたものだと言って良いと思います。ただし、前回使った農薬が土壌に残っている可能性や化学肥料を使用している可能性もあります。

オーガニック野菜って、結局どういうこと?

オーガニックと有機は同じ意味です。このオーガニックや有機というものに対して以前は、明確な基準が確立されておらず、自称「オーガニック」と表示された商品が数多くありました。

しかし、消費者の健康と安全を考えて、2001年からオーガニックと表示するには、農林水産省認定の有機JASマークを義務付けることになりました。

現在、日本国内においては、「オーガニック野菜」と表示ができるのは、有機JAS認定されたものになります。

有機JAS認定されるには

  • 害虫を排除に農薬を使わない
  • 遺伝子組み換えをしない
  • 野菜を育てる畑、施設、用具に農薬・化学肥料が混入していない
  • 単年作物2年以上、永年作物3年以上農薬を使っていない土壌で栽培する
  • 化学肥料を使わずに作った野菜

であることなどを守らなければなりません。

これだけ聞くとオーガニック野菜は無農薬で安全だと思う人もいますが、有機JAS認定において使用可能な農薬もあります。なので、オーガニック野菜=無農薬なわけではありません。

無農薬野菜のメリット・デメリット

無農薬野菜のメリットは農薬を使用していないという部分だと思います。子どもにはできるだけ農薬を使用していないものを食べさせたいと思う親も多いです。

デメリットは、無農薬野菜はJAS認定されたものではないので、完全に無農薬な土壌で栽培されたのか、化学肥料はどうなのかと疑問を抱くこともあります。

この「無農薬野菜」という表示は「完全に農薬がない土壌で農薬なしに栽培されたもの」と消費者の誤解をまねくとして国も表示をガイドラインで禁止しています。ガイドラインとしての罰則はありません。

しかし、有機JAS認定をさてれいない野菜は「特別栽培作物」として販売しなくてはならず、消費者には知られていない言葉なので「それ何?」となってしまいます。なので、販売するほうも「無農薬で栽培しました」と謳っているという現状があります。

無農薬野菜を買うときは、生産者さんがわかるならそこにどんな栽培をしているのか聞くのも良いと思います。

またネット通販では、どんな農家の人がどのような栽培方法で育てたのか載っていることもあるのでしっかりと読んで納得して買うことも大切です。

オーガニック野菜のメリット・デメリット

オーガニック野菜のメリットは安心・安全の部分だと思います。有機JAS認定をされているので、農薬を使用する畑では作っていませんし、栽培過程においても安全性のない農薬・化学肥料は使用していません。

この有機JAS認定がないものは農薬や化学肥料だけでなく放射能物質が含まれている可能性や遺伝子組み換え野菜である可能性もあります。有機JAS認定がされているということは、それだけ安全・安心であるといえるます。

デメリットとしてはやはり値段が高いことです。一般の野菜よりも3~5割も高い価格になっています。オーガニック野菜は無農薬、無化学肥料で栽培するのでとても大変です。なので、オーガニック野菜を作っている生産者も少ないのです。

よって、流通が少なく手に入りにくい、価格が高いということがデメリットになります。また、オーガニック野菜は虫食いや、実際に虫がついてくることもあったり、大きさがバラバラだったりということがあります。

そして、安全性の高いものではありますが、農薬を使用している可能性があるということも頭に入れておきましょう。

正しい知識で上手に選ぼう

スーパーには一般の野菜から有機野菜まで並べられています。

昨今では、野菜の安全性を考えてネットで野菜を購入する人も増えています。また、無農薬で栽培された野菜は栄養価が高い、おいしいといった声も多く無農薬を謳っている商品を購入する人も多くなりました。

野菜を購入する私たちは、有機野菜やオーガニック野菜と無農薬野菜は何が違うのか、栽培方法の工程はどのようなものなのか等の知識を知っておくことが大切です。

子どもに食べさせたい野菜だからこそ、正しい知識で上手に選んで毎日の健康に役立てたいですね。

  関連記事

子どもが薄着になったら注意が必要!草木かぶれの原因と症状、対処法は?

季節がよくなると、子どもは暑がりですので、薄着になる機会が増えます。そして、草木 …

子供の宿題代行サービスがある!?そのメリット・デメリットとは?

小学生のころ、夏休みともなれば大量に出される宿題。五教科の学業に、図工や作文など …

子どものためのチャイルドラインとは?どんな相談にのってくれるの?

子どもが小学校に入学し、親の知らない世界が広がるにつれて、その心の内を知るのが難 …

密かに愛用者が多いって本当!?無印のベッドの魅力とは

ベッドフレームを購入しようと考えた時、家具屋さんしかチェックしていない人は案外多 …

ママが働きやすいプラチナくるみん認定の企業とは?

プラチナくるみんって何? 出典:厚生労働省 新「くるみんマーク」と「プラチナくる …

食べ物での窒息事故が多い!注意が必要な年齢と未然に防ぐ方法とは?

2017年3月、消費者庁は、2010年から2014年の5年間に、14歳以下の子ど …

兄弟姉妹の理想の年齢差っていくつ?二人目のタイミングはどう考えるべき?

共働き世帯が専業主婦世帯を大幅に上回る現代、二人目以降の妊娠・出産するタイミング …

入園・入学の祝い金の相場ってどのくらい?贈るタイミングは?

結婚して子どもを持つと、双方の実家だけでなく、親戚との付き合いも深くなっていくも …

小さくなったクレヨンはリサイクルできる!レインボークレヨンの作り方とは?

幼児にお絵描きをさせるときに使う文房具の筆頭といえば、やはりクレヨンでしょう。保 …

子供でもセクハラは成立する!?娘が同級生にセクハラを受けたときの対処法は?

セクハラと聞くと、職場でおこることだと思い込んでいませんか?実はセクハラは、学校 …