ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

あなたは大丈夫?意外と多いベビーカーの盗難を防ぐコツとは

   

赤ちゃんや乳幼児がいる家庭には欠かせないベビーカー。ベビーカーは子供を運ぶだけでなく、荷物を引っかけたりできることから、荷物が多いママさんの強い味方であり、大事な相棒でもあります。

親子にとって大切なそんなベビーカーですが、意外なことに盗まれるケースが多いのです。子供のものを盗む人がいるなんてにわかには信じがたいのに、盗難に遭うと、ますますにショックを受けてしまいます。

まさか盗難に遭うとは予想していないママさんが多いことから、ベビーカーに対する盗難対策もまだまだ万全でない人が多いようです。では、どうしてベビーカーが盗まれてしまうのでしょうか。ベビーカーの盗難について詳しくみていきましょう。

ベビーカーの盗難ってそんなに多いの?

一昔前までは、ベビーカーの盗難はさほど聞かれることではありませんでした。ですが、近年では増加の一途をたどっています。では、どうしてベビーカーの盗難が増えてきたのでしょうか。

軽量化

近年におけるベビーカーの開発は目覚ましく、コンパクト化、軽量化がすすみました。そのため、持ち運びがしやすく便利になった反面、盗まれやすくなってしまったのです。

コンパクトに折りたたんで持ち運びができるものが多いため、簡単に盗まれるようにもなってしまったのです。

高級化

海外のセレブたちの間で流行するようなベビーカーが日本でも販売されたりと、高級なベビーカーが多く流通するようになりました。そういったベビーカーは人気が高いため、転売目的で盗む傾向にあります。

また、自分で購入するには手が届かないという人も、自分が使用する目的で盗むこともあるようです。

どうしてベビーカーを盗むの?

近年のベビーカーは開発が進んだことにより、機能性・デザイン性も上質なものになってきました。質が上がったことにより、価格も上昇する傾向にあります。

ベビーカーのこのような変化に伴い、盗難も発生するようになったのです。ベビーカーの盗難がどうして発生するのか予想してみました。

試用期間が短い

兄弟が何人もいれば、ベビーカーは1台あれば充分活躍しますし、兄弟を通じての試用期間はそれなりのもになるでしょう。ですが、兄弟が少なかったり、1人っ子だったりすると、ベビーカーの活躍する期間は限られた期間ということになります。

ベビーカー自体、高級なものを選択しなくとも、決して安い買い物ではありません。となると、試用期間が短いものに、高額なお金を投じることに不満を感じる人も少なくありません。そういった自分勝手な理由から、盗んでしまうのです。

転売目的

ベビーカーの多種多様化、海外モデルのような高級化に伴い、人気の高いベビーカーもたくさん出回っています。人気が高いことから、転売すればいい金額で売れるため、転売目的で盗むのです。

ネットオークションへの出品や、リサイクルショップへ持ち込むことを目的として、盗むのです。

どんな場所でおきやすいの?

ベビーカーはどんな場所でも、防犯対策を講じなければ盗まれる可能性は充分にあります。では、そんな中でもどこで盗難に遭うのが1番多いのでしょうか。

自宅の玄関口

ベビーカーに子供を乗せたまま、自宅の玄関口まで入るママさんたちがほとんどです。荷物も多いことから、だいたいの人がそうするでしょう。

玄関口まで押してきたベビーカーを、しっかり玄関の中へ片付ければ問題ありません。ですが、うっかり中へ入れ忘れたり、玄関の中が狭くて収納スペースが確保できないため、やむを得ずドア横に置いたままにしたりします。

そんな無施錠のままのベビーカーを、外部から侵入してきて盗んでいくのです

大型スーパーなどの複合施設

大型スーパーなどの複合施設は、言うまでもなく人がたくさん集まる場所なので盗難に遭いやすくなります。

特に、スーパー側が貸し出すベビーカーも店内に出回ることから、ベビーカーの台数が必然的に多くなるため、狙う方も盗みやすいのです。

子供たちが一同に集まって遊ぶ場所などは、ベビーカーが狭い空間に集中することから盗難が発生しやすくなるのです。

公園

公園は子供が遊ぶ場所であるため、ベビーカーは空っぽになる時間が多くなります。その上、親は子供に目がいっているので、ベビーカーへの注意がおろそかになる場所でもあるのです。

人がたくさん出入りする場所でもあるため、気が付いたら盗まれていたということが多く発生します

ベビーカーを守るための便利グッズなんかはある?

数年前までは考えれらませんでしたが、このように盗難が発生することからベビーカーへの防犯対策も必要不可欠の時代となってきました。

ベビーカーを盗難から守るには、施錠が1番です。ベビーカーの車輪と何かをつないでおくための、ワイヤーロックやチェーンロックがあれば安心です。

その他の対策としては名前をしっかり明記することです。名前が明記されているベビーカーは転売するのにハードルが高くなります。

個人情報が気になるという人は、はたから見て自分のベビーカーだとすぐにわかるようなことをベビーカーに施すのも1つの方法です。

子供が好きなシールをたくさん貼ったり、おもちゃやキーホルダーなどの小物をたくさん取り付けてみたりと、自分なりにベビーカーをデコレーションしてみるのもいいかもしれません。

手が施されたベビーカーは名前の明記と同じく転売へのハードルが高くなるからです。何となく盗みづらいな、という印象を与えることが大事です

しっかり対策をして盗難を防ごう

子供の使うものを盗むなんて、本当に残念な世の中になってしまったと嘆かずにはいられません。ですが、嘆いてばかりいては大事なものを守れません。

自分や子供にとって大事なものは、親であるあなたが、自分でしっかり守らなくてはいけないのです。

例えたかがベビーカーであっても、なくなってはとても困るものです。面倒くさがらず、ベビーカーを使用する際は、必ず鍵を一緒に持ち歩きましょう。そして、いちいち施錠することを心がけましょう

防犯に気を遣っているのだという姿勢をはっきり見せることが、盗難を防ぐ一歩となるのです

  関連記事

パートでも、産休や育休が取れるって本当?手続きはどうするの?

 既婚女性の中には、フルタイム勤務ではなく、パートタイマーとして働いている人も多 …

衣替えの時期を迎える時!子供の衣類など処分や整理はどうする?

可愛いものが多い子供服ですが、決して安くはなく良いお値段がするものが多いようです …

リーズナブルで収納力も抜群!イケアの本棚の魅力とは

世界でも有数の家具量販店であるイケアでは、さまざまな本棚を扱っています。シンプル …

子育て世帯臨時特例給付金はどんな制度?申請の条件とは?

2014年4月に消費税が8%にアップしてから、子育て世帯は出費を余儀なくされてい …

保育園には、いつから入れる?0歳保育のメリット・デメリットとは?

現代の日本は、夫婦共働きの家庭が専業主婦の家庭を大幅に上回っています。そのため、 …

手が汚れてしまう揚げ物の処理!手軽に手を汚さず捨てられるアイディアとは?

キッチンのお掃除で一番手間暇のかかることというと、まさしく油汚れです。天ぷら、コ …

入学式にママが着るスーツ選び方とは?アクセサリーの付け方は?

小学校の入学式は、ママやパパにとって、子育ての節目となる行事の一つです。そのため …

チャイルドシートとベビーシートとジュニアシートは何が違うの?

日本では車に乗る際、乳幼児をチャイルドシートに乗せることが義務付けられています。 …

劇場に行こう!お休みなどで劇場を楽しむための注意点など

お休みの日は、子どもに普段できないようなことを積極的に体験させてあげたり、親子で …

子どもの名前を付ける時の親への責任や、その後の後悔とは?

名前とは親が初めて子どもにプレゼントするもので、一生関わるものです。家庭によって …