ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

いないいないばぁの楽しさを理解するために必要な能力があるって本当?

   

ママやパパが声をかけると、笑顔を見せたり、声をたてて笑ったりするようになると、もっと喜ばせてあげたいと思うものですよね。そのころから、いないいないばぁをして遊ぶことが増えるのではないでしょうか。

実は、赤ちゃんがいないいないばぁを楽しめるようになるためには、必要な能力があるのです。

そこで今回は、いないいないばぁの楽しさを理解するために必要な能力とは何か、そしていないいないばぁを使って、赤ちゃんの能力を伸ばす方法について、お話しします。

いないいないばぁの楽しさを理解するために必要な能力とは?

いないいないばぁは、どの月齢の赤ちゃんでも楽しめるわけではありません。その楽しさを理解するためには、いくつかの能力が育まれている必要があります。

それは、自分と相手が違うという認識ができること、相手の顔が一瞬見えなくなってもその人の顔を覚えておける、短期記憶ができるようになっていることです。さらに、見えなくなった人が再びあらわれると予想できる力も必要です。

この一連の発達段階を、心理学者のピアジェ氏は「物の永続性」と呼んでいます。つまり、物の永続性を理解できるようになったから、我が子はいないいないばぁを楽しめているのです。
何度もいないいないばぁをくり返すのは大変ですが、我が子が発達した証でもあるので、付き合ってあげましょう。

いないいないばぁが赤ちゃんの能力を育む!

実はいないいないばぁは、赤ちゃんの発達段階を知る手がかりというだけではありません。ママやパパがいないいないばぁを行うことで、赤ちゃんの知力の発達を促すことがわかってきたのです。

赤ちゃんはいないいないばぁのときに、ママやパパの顔が一時的に隠れても、それを記憶し、また出てくると理解することができます。これは、脳のワーキングメモリーシステムが機能しているからです。

何度もいないいないばぁをくり返すことで、このワーキングメモリーシステムを鍛えると、覚えておくだけでなく、少しずつ自分で考える力がついてくるのです。

いないいないばぁという遊びを通して、自分で問題を解決するために考え、行動するための基礎がつくられていくといえます。

赤ちゃんの発達段階に合わせたいないいないばぁのやり方とは?

赤ちゃんの知育にも効果が出るようにいないいないばぁをするためには、段階的にやり方を変えるのがおすすめです。

まず、最初にいないいないばぁを行うときは、赤ちゃんの顔にガーゼをかけ、目だけ覆うようにします。赤ちゃんに、ガーゼをとってくれることを期待させてから、とってママやパパの顔を見せてあげるのです。

そして、その遊びに慣れてきたら、顔全体をガーゼで覆ってあげます。その際は、呼吸の妨げにならないよう、ガーゼのかけ方に注意しましょう。

ガーゼを使うことに慣れたら、両手で顔を覆って隠します。再び顔を出すときは、満面の笑みになることを忘れないでください。そして、顔を出す位置を、上下左右いろいろにするのです。

そうした遊びに慣れたら、カーテンに隠れたり、ドアを使ったりと発展させていきます。あくまでも、赤ちゃんが泣かない程度の距離感で、いないいないばぁをしてあげましょう

たくさんいないいないばぁをしてあげよう!

赤ちゃんにどれだけ言葉がけをしても、その意味を理解できるようになるためには、時間がかかります。ですが、言葉が通じなくても、赤ちゃんとママやパパはコミュニケーションをはかることができます。

そして、赤ちゃんはママやパパに一緒に遊んでもらう時間が長ければ長いほど、情緒的に安定しますし、知育の面でもプラスが大きいです

だからこそ、赤ちゃんが喜ぶなら、たくさんいないいないばぁをして、その脳の発達をサポートしてあげましょう。何より、赤ちゃんの笑顔が見られることを、楽しんでくださいね。

  関連記事

ママの再就職にも活かせるって本当?チャイルドマインダーのこと

共働き世帯が増えていることで日本政府は「待機児童0」を目標に掲げています。そうす …

妊娠中でも、無理がなくできる仕事はある?妊娠中にむいている仕事とは?

現代は、共働き世帯が専業主婦世帯を大幅に上回っており、妊娠中も仕事を続ける女性が …

保育系学部ではママにも大助かりな子育て支援がいっぱい!その実態とは?

子育てをしていると毎日子どもと二人きりの生活です。児童館やコミュニティセンター等 …

子ども限定バスツアーって親子参加型とどう違う?そのメリットとデメリットは?

子どもが小学校に入学すると、学外学習の機会が増えます。また、夏休みなどには自由研 …

2人育児は大変!!でもたくさんのメリットも!2人育児について知ろう

「2人育児」に対してどのようなイメージを持っていますか?「子どもが多い方がいい! …

認可とどんなところがどう違う?無認可(認可外)保育園ってどんなとこ?

赤ちゃんが少しずつ成長してくると、働くママは復職のことも気になってきますよね。待 …

褒めるだけの子育ては間違いって本当?叱るとのバランスのとり方は?

現代は、体育会系のスパルタ式ではなく、褒める子育てが主流です。ですが、褒めるだけ …

赤ちゃんの語源は何?その由来や赤ちゃんと呼ばれる時期がいつまでかを教えて!

赤ちゃんと聞くと、あなたはどんな姿を思い浮かべますか?小さくて、眠ってばかりいる …

子どもを冷房病や熱中症から守るために、覚えておきたいエアコンや扇風機の使用方法

梅雨があけると、本格的な夏がやってきます。夏が好きなひとでも、熱帯夜が続くのは辛 …

余裕のある子育てって難しい?ママの余裕の作り方とは?

妊娠していることがわかったとき、無事に我が子を出産することができたとき、あなたは …