ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

世界各国で、いないいないばぁで遊んでいるって本当?その理由とは?

   

いないいないばぁは、赤ちゃんの発達段階を確認するうえでも、赤ちゃんの脳の成長を促す意味でもよいとされている遊びです。そして、いないいないばぁは、日本でしか行われていない遊びではなく、世界各国で同じ遊びが行われています。

では、世界中でいないいないばぁが行われる理由は何なのでしょうか。そこで今回は、世界各国でいないいないばぁが行われる理由やその効果、他の国ではどんなふうに行われているかについて、お話しします。

世界各国のいないいないばぁが行われる理由とは?

いないいないばぁとは、赤ちゃんを前にした人が「いないいない」と顔を隠し、「ばぁ!」というタイミングで顔を勢いよく出す遊びのことをいいます。これは、乳児のときから子どもが2歳くらいになるまで、とても喜ばれる遊びです。

世界各国でいないいないばぁが行われる理由は、赤ちゃんが喜んでくれるだけでなく、その成長を促す遊びだからです。

赤ちゃんの立場からみると、遊んでくれる人の顔が一度隠れてしまうのは、とても不安なものです。ですが、隠れた顔が出る期待感や、出たときの喜びを感じられる遊びでもあります。

いないいないばぁを通して、赤ちゃんは不安と期待、驚きと喜びという、複数の感情を感じることができ、それが心や脳の成長につながっていきます

いないいないばぁが子どもに与える効果とは?

では、子どもにいないいないばぁをすることで、どんな効果が期待できるのでしょうか。まず、いないいないばぁをすることで、子どもの脳の成長を促すことができます。

遊んでくれる相手が一度顔を見せ、それを隠し、再び顔を出すことを楽しむためには、短期的でもおきたことを覚えておく、脳のワーキングメモリーシステムがしっかり機能する必要があります

大人が意識して赤ちゃんにいないいないばぁを行うことで、このワーキングメモリーシステムが鍛えられていくのです。最初は、隠された顔を覚えておくだけしかできなくても、何度もくり返すうちに再び顔が出ることを予測できるようになります。

これは、赤ちゃんが自分で考える力がついたということです。つまり、赤ちゃんの脳や情緒の成長に、いないいないばぁは役立つのです。

世界ではどんなふうに、いないいないばぁをしているの?

では、世界各国では、どんなふうにいないいないばぁが行われているのでしょうか。まずアメリカやイギリスなどの英語圏では、「Peek-a-boo(ピーカ・ブー)」といわれるようです。

そしてフランスでは、「Cache-cachecou-cou(カシュカシュクークー)」といいます。ドイツでは「Gugus dada!(グーグス ダーダッ)」、イタリアでは「Bao bao cette (バォバォシェッテ)」といわれます。

フィリピンでは、「EatBulaga!(イートブラガ)」というそうです。それぞれを、いないいないばぁのリズムに乗せてみると、違和感がないことに驚きますよね。

遊びとしてはシンプルでも、その効果は奥深いいないいないばぁは、子どもが喜ぶうちは、たくさんしてあげたいところです。いないいないばぁを通して周囲の人と関わると、赤ちゃんの関心も広がっていくはずです。

我が子にどんどんいないいないばぁをしてあげよう!

子どもがある程度成長したら、いないいないばぁを直接行うのではなく、やり方を変えるのもおすすめです。例えば、いないいないばぁの絵本を読んであげる、ペープサートやぬいぐるみを使っていないいないばぁをしてみるなどです。

また、布を用意して、ママやパパが「いないいないばぁ」というタイミングに合わせて、子どもにそれを引っ張って顔が見えるようにさせると、リズム感や判断力を鍛えることにもつながります

いないいないばぁをいろいろなバリエーションで楽しみながら、赤ちゃんの知的成長を促してあげてくださいね。

  関連記事

兄弟仲良くしてほしい!兄弟関係を円滑にするポイントはあるの?

兄弟を持つ親なら、「兄弟仲良くしてほしい!」と誰しもが思うのではないでしょうか。 …

パパ・ママ育休プラスで育児休業が伸びる!特許の条件は?

男性は外で働いて女性は家のことをするという感覚が昔は当たり前でしたが、最近では平 …

ババスリングとは?パパにも人気のその理由を教えて!

今、乳幼児のママの間で「ババ スリング(Baba Sling)」が愛用されていま …

子どもにサプライズ大作戦!喜んでもらえるプレゼントの渡し方とは?

子どもにプレゼントを用意するときに、一番最初に思いつく事はなんですか?「子どもの …

保活の前に知っておきたい待機児童とは?「待機児童ゼロ」は本当に待っている子供がいないことなの?

待機児童とはなに?待機児童ゼロでも安心するのは危険! 待機児童の問題についてはた …

いま話題の性差医療のこと~同じ病気でもアプローチを変える~

皆さんは性差医療という言葉を知っていますか?男女によって異なる、病気の発症やメカ …

特に子供は要注意!銀杏中毒とはいったいなに?その症状とは?

子供の頃、遠足で訪れた先で銀杏を拾った思い出をもつひとも多いかもしれません。美し …

イクメンは必見!アメリカ発のバウンシーでスタイリッシュなおんぶをしよう!

みなさんは「いまイクメンパパの間で話題になっている、ベビーグッズは何?」と聞かれ …

キッズ時計ってどんな取り組み?応募するにはどうしたらいいの?

みなさんは、「キッズ時計」という名前を聞いたことがありますか?キッズ時計は近年、 …

子育て世帯が知っておきたい!乾燥機の種類と選び方のこと

子どもが産まれると、とたんに洗濯物の量が増えます。そして、専業主婦世帯を共働き世 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss