ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

キッズ時計ってどんな取り組み?応募するにはどうしたらいいの?

   

みなさんは、「キッズ時計」という名前を聞いたことがありますか?キッズ時計は近年、著名な企業とのコラボレーション企画が増えており、キッズモデルや子役を目指す子どもの登竜門としても注目を集めているようです。

そこで今回は、キッズ時計とは何か、どんなことができるのか、応募した場合のメリットは、我が子を応募する方法について、お話しします。

子どもをタレントにするつもりがなくても応募できるので、内容を知って検討してみるのもよいかもしれませんよ。

キッズ時計って何?どんなことができるの?

キッズ時計とはそもそも、世界中の笑顔の子どもたちが、1分ごとに切り替わるWEB時計のことをいいます

応募して合格すると、プロのカメラマンがさまざまなロケーションで、最高の笑顔を撮影します。撮影の際に、子どもは時刻を知らせるボードを持ち、その時間に子どもの画像が世界中に配信されるのです

キッズ時計に登録し選ばれると、ロケ先でハイクオリティな写真を撮影してもらえます。その際、家族とのオフショットも撮影してくれるので、その場でデータを購入することもできます。

キッズ時計の企画もいろいろあるので、自分が希望するものにエントリーすることができます。合格すると2日以内に参加するか辞退するかの意思表示を行う必要があり、参加する場合は撮影日程の連絡があります。

キッズ時計に応募するとどんなメリットがあるの?

キッズ時計とコラボレーションしている企画には、スタジオアリスやポンキッキーズ、プリキュア、ヴィッセル神戸、吉本興業、クレヨンしんちゃんなど、さまざまなものがあります。

我が子をキッズモデルや子役にするために、芸能事務所のオーディションに参加させる自信はなくても、キッズ時計をきっかけにスカウトを待つことで、デビューできるチャンスが広がるのです。

それは、キッズ時計の合否を判定しているのが、鈴木福くんや谷花音ちゃんといった人気子役を抱えている、「テアトルアカデミー」という大手の子役芸能プロダクションのスタッフが行っているからです。

もちろん、参加にあたって、子どもを芸能界に入れることが前提というわけではありません。参加費無料で、我が子がモデル体験できることに魅力を感じて、参加するママやパパもたくさんいます

キッズ時計の応募方法とは?

キッズ時計の人気の高さの理由に、応募が手軽なことがあります。キッズ時計に応募するには、まずアプリをダウンロードする必要があります。

そして、パソコンやスマートフォンから希望する企画を選び、必要事項を記入します。そして、我が子の応募写真をアップロードするだけです。

選考は、撮影地の順番に行われます。合否の連絡はメールで送られてきますが、ダウンロード済みのアプリで確認することもできます。応募すると、アプリのページには「選考中」と表示され、合格者のみ「合格発表中」という次のステップに切り替わります。

そして、合格から2日以内に参加の意思表明をしないと、自動的に辞退となってしまいます。参加表明した場合は、アプリページが「撮影予定」に切り替わります。

応募は無料なので、思い出作りとして参加してみよう!

キッズ時計は応募が無料ですし、合格した後、空き枠があれば撮影日程の変更も可能です。衣装や撮影費用もかからず、プロのカメラマンに写真を撮ってもらえて、公開される2枚の写真は、自由に無料でダウンロードすることができます。

企画によって合格率に違いがあり、キッズモデルや子役を狙う人が多ければ、激戦になります。ですが、そうした希望がなくても、我が子の思い出作りになるので、参加を検討するのもよいでしょう

何度でも応募できるので、気に入った企画があれば、ぜひチャレンジしてみてください。

  関連記事

ままごと遊びは知育におすすめ!でも、子供の会話には注意が必要!

子どもはごっこ遊びができるようになると、男女を問わず「ままごと遊び」をするように …

子どもは自転車保険に加入させるべき?その選び方のポイントとは?

近年、子どもが加害者になる自転車事故が増えています。過去に、小学校5年生の少年が …

世界各国で、いないいないばぁで遊んでいるって本当?その理由とは?

いないいないばぁは、赤ちゃんの発達段階を確認するうえでも、赤ちゃんの脳の成長を促 …

赤ちゃんの体を守る「K2シロップ」!これでK2シロップの疑問解決!

赤ちゃんが生まれてすぐに飲ませる「K2シロップ」。病院で飲ませるように言われたか …

ベランダで簡単に始められる家庭菜園を子供と一緒に楽しもう!家庭菜園を行うポイントは?

ベランダや庭で家庭菜園を楽しんでいるご家庭も少なくないでしょう。家庭菜園は自分で …

抱っこ紐を嫌がる理由は暑さかも!暑さ対策はどうしたらいい?

赤ちゃんは、ママやパパに抱っこされるのが大好きなものです。ですが、普通に抱き上げ …

主婦が習い事をするのはあり?主婦の習い事とは?費用はいくらかかる?

主婦が習い事をする事に対し「暇があって羨ましい」「必要ないだろう」なんて意見は必 …

ニュースでよく見聞きする、高齢ドライバーによる事故。その特徴と子どもを守るための対策とは?

高齢ドライバーによる交通事故のニュースは、いまや珍しいものではなくなりました。そ …

子育て世帯だから知っておきたい!生命保険の種類と特徴、選び方のこと

子どもは、一人前に育て上げるまでに、長い時間がかかります。そして、子どもが自立す …

子どもを上手く愛せない・可愛いと思えない?そんな時の適切な対処法とは?

「我が子は可愛いもの、何よりも大切なもの」そう周りに言われ、自分でもそうだと思っ …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss