ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ババスリングとは?パパにも人気のその理由を教えて!

   

今、乳幼児のママの間で「ババ スリング(Baba Sling)」が愛用されています。オーストラリア発のこのアイテムは、ママ、パパが赤ちゃんを抱く姿勢に合わせて考案されたものです。

発想の地であるオーストラリアで多くの試行錯誤を経てから、現在ではオーストラリア国内の大多数の病院、チャイルドセンターで愛用されています。

日本国内でも、「ババ スリング」の愛用者を街でみかけることも増えてきましたね。流行しているには理由があるはず。そこでババスリングの特徴や人気の理由についてご紹介します。

ババスリングってなに?

そもそも「ババスリング」は、パパやママが子供(乳幼児)を抱っこするためのスリングの1つです。

他のスリングと同様にして赤ちゃんを連れてママ、パパが外出するときや、寝かしつけで赤ちゃんをママが抱っこする必要があるときに活躍します。スリングの最大重量は13キロまで、新生児から愛用できます

「ババ スリング」は、ママ、パパが赤ちゃんを抱っこする態勢を研究、考案、試行錯誤を繰り返して開発されています。

そのため、発育途中の赤ちゃんの身体にも負担をかけることなく優しく包み込み、使用することができます。赤ちゃんを座らせたり、寝かせたりといろいろな使用方法があることも特徴です。

普通のスリングとはどう違うの?

他のスリングとの違いや人気の秘密はどこにあるのでしょうか。「ババ スリング」の特徴に注目してみましょう。

スリングの形状が赤ちゃんの身体を優しく包み込む

赤ちゃんが仰向けに寝てもよいように、赤ちゃんのM字に特化された形状をしています。ゆったりとした布地に包まれた赤ちゃんは、安心して眠ることができるようになっています。スリングごと赤ちゃんをベビーベットへ寝かせてあげることもできます。

新生児から1歳まで、最大重量13キロ以内で使用可能

新生児のハンモック。乳幼児の腰巻、対面抱き、前向き抱き、というように幅広く適用されます。

カラーやデザインが豊富

カラーやデザインが豊富なので、自分の好みの物を選ぶことができます。

3ステップで簡単装着

スリングを下げる。赤ちゃんを抱っこ。赤ちゃんをスリングに入れる。この3ステップで簡単に準備が整います。

肩パッド

肩に当たる布地に肩パッドが取り付けられています。ママの肩にもやさしく、負担を軽減します。

ダブルストラップ機能

赤ちゃんの身体の肩と腰の部分を調節できます。これにより、赤ちゃんとママの抱っこの密着度が高くなります。

セーフティーバックル機能

赤ちゃんの安全性を確保するためにセーフティーバックルを採用しています。

小物入れ

タオルやおしゃぶりを入れておくポケットも装備されています。

このように「ババ スリング」は複数の機能に特化されています。おしゃれで、パパ、ママのファッションにも合わせやすいですよ。

何歳から使えるの?使う時の注意点って?

機能面にとても優れている「ババ スリング」ですが、赤ちゃんを抱っこするものですから安全面には留意したいですよね。使用の際には以下の点に注意してください。

重量制限を守る

新生児からスタートして最大重量13キロに達するまで愛用できます。使用制限の13キロ未満であれば、1歳以上でも使用可能です。

首が座るまでスタートをまつ

新生児からスタートするなら、赤ちゃんの首が座るまで使用は控えましょう。

子供の転落事故に注意する

「13キロ未満」と体重の上限に設けられていますが、年齢制限が設けられていません。そこで13キロ未満であれば1歳以上の子供に使うときもあるでしょう。しかし、子供が自由に動ける年齢になると手足をバタバタさせたり、のけぞったりして、予想外の動きをとるようになります。そんなとき対面抱っこなどで転倒させないように留意する必要があります。

赤ちゃんの安全を守るためにも注意してくださいね。

パパにも人気って本当?

日本の育児もパパの参加が当たり前に求められる時代になりました。「ババ スリング」はパパが赤ちゃんを連れて外出したり、自宅で赤ちゃんを寝かしつける際のアイテムにも人気です。

主にパパが活躍する場面は以下のような状況ではないでしょうか。

  • 自宅での寝かしつけに利用する。
  • 公園へのお散歩のときに用いる。
  • 家事や用事で両手が塞がっているときに使用する。
  • ママが留守で泣いている時の緊急対応に頼る。

などなど個々の家族の生活状況によっても、利用範囲はあり多様になります。一般的には、男性の方が女性よりも体力で上回ることが多いものです。

「ババ スリング」も女性の背中、腰などの上半身をはじめとして、多少は負担がかかるものです。長時間の使用や外出先では男性の方が適応しやすいこともあるようです。パパがいれば、頼りにしてみてもいいかもしれないですね。

見た目以上にとってもラク

赤ちゃんを抱っこしているのだから、その負担は相当なものにも見受けらることも否めません。ベビーカー、抱っこ紐など他にも赤ちゃんを外出させる乗り物やアイテムは揃っているのに、スリングは必要なの?と思うでしょう。

「ババスリング」は、布の形状や肩のパッドなどでママ、パパの負担の軽減をはかっています。どっしり見えても負荷は感じられないものです。隙間時間に赤ちゃんをあやしたり、ほんのすこし外出するときにとても重宝します。

  関連記事

子どもを夜間に一人にさせないために。トワイライトステイを知っておこう!

みなさんが居住する地域でも、「トワイライトステイ」と呼ばれる夜間保育や夜間養護の …

妊娠中にくじ運が上がるというジンクスは本当?その真相が知りたい!

「妊婦さんはくじ運が上る」というジンクスを、みなさんも一度は耳にしたことがあるの …

キッズ時計ってどんな取り組み?応募するにはどうしたらいいの?

みなさんは、「キッズ時計」という名前を聞いたことがありますか?キッズ時計は近年、 …

食品添加物の一種として含まれている防腐剤は身体への影響は大丈夫?使用するメリットとデメリットは?

無農薬野菜や有機野菜、無添加の自然食品の価格は高いものです。ですが、我が子のため …

近頃話題のゼロ思考とは?どんなメリットがあるの?

ビジネスマンの中に実践者が多い「ゼロ思考」のことを、みなさんは知っていますか?こ …

いまやタオルより人気!?キャンドゥの手ぬぐいの魅力とリメイク方法のこと

出典:Instagram   キャンドゥをはじめとする100円ショップ …

親子共通の趣味になるかも!?ボトルアクアリウムの作り方とは?

子どもの情操教育のために、ペットを飼いたいと思っているママやパパもいることでしょ …

ママが働きやすいプラチナくるみん認定の企業とは?

プラチナくるみんって何? 出典:厚生労働省 新「くるみんマーク」と「プラチナくる …

2017年、子供の看護休暇はどう変わる?有給なの?無給なの?

1995年に成立した「育児・介護休業法」が2016年3月に改正され、2017年1 …

三角コーナーを使う必要が無くなる時が来る!?生ゴミを賢く捨てる方法とは?

生ゴミの水を切ってためておき、纏めて捨てることが出来るキッチンシンクの三角コーナ …