ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんと初めてのお出かけ!レストランの選び方やマナーはどうしたらいい?

   

出産後の毎日は喜びも大きいけれど、慣れないお世話で大変なことも沢山。しばらくすると、息抜きも兼ねて可愛い我が子と一緒に外食したくなりますよね。

でも、いざ初めての外食となると、「月齢はいつ頃から?」「どんなお店がいいの?」「持ち物は?」など、気になることは多いのではないでしょうか。

ここでは、赤ちゃんとの初めての外食を楽しいものにするためのいくつかのポイントをご紹介します。準備をきちんとして、ママもパパも赤ちゃんにとっても楽しいお出かけにしましょう。

いつから赤ちゃんを一緒にレストランに連れて行って大丈夫?

一般的には生後1ヶ月検診を終え、母子共に問題ないと医師に認められれば、赤ちゃんとのおでかけを楽しむことが出来ます。初めは短時間、近所へのお散歩などから慣らしていき、徐々に外にいる時間を伸ばしていきましょう。

赤ちゃんとの外食は外出にある程度慣れ、首のすわった生後3ヶ月前後からがおすすめです。とは言っても赤ちゃんの発達には個人差があるので、自分でしっかり見極めるのが大切です。

赤ちゃんもお出かけに慣れ、ママ・パパも外での赤ちゃんのお世話に慣れ、お互い少し余裕が出てきたなと感じた時に計画してみるのがよいでしょう。赤ちゃんにとってもいつもとは違った刺激になり、思わぬ表情や成長を見せてくれるかもしれませんよ。

赤ちゃん連れでのレストランの選び方は?

赤ちゃんを連れてレストランに行く際、必ず事前に確認しておきたいことがあります。それは、赤ちゃんと一緒に行くのに適したお店かどうかということ。

以下にあげる3つのポイントは最低限押さえたレストランを選んで出かけるようにしましょう。ホームページや口コミサイトでも調べることが出来ますし、もちろん直接電話して確認すればより安心です。

赤ちゃんを連れての入店が可能なお店

あまり多くはありませんが、高級店や、おしゃれなムードを大切にしているようなお店では、まれに乳幼児の入店を断られる場合があるので、念のため確認してから行きましょう。

禁煙席のあるお店

これも確認は必須。禁煙、又は分煙が実施されているお店を選びましょう。

赤ちゃんの居場所が確保できるお店

まだ自分で座ることができない赤ちゃんは、親の食事中にどこにいてもらうか考える必要があります。おすすめはお座敷のあるお店。おくるみを持参すればその上に寝かせておくことができます。

テーブル席しかないお店の場合、ベビーカーで寝かせておくのなら持ち込みがOKかを確認する必要がありますし、赤ちゃん連れ歓迎のお店では、バウンサーやバンボなどの貸し出しをしているところもあるので、事前にお店の方に聞いておくと安心です。

その他にも、「トイレにおむつ替え出来るスペースはあるか」、離乳食を食べる月齢の子であれば「離乳食の持ち込みはOKか」、「子供用の椅子はあるか」などということも確認しておくといいでしょう。

赤ちゃん連れでのレストランでのマナーは?

出産前、子連れのお客さんのマナー違反が気になる場面に遭遇した、という方もいると思います。いざ自分がその立場になった時も、マナーを守って楽しく食事をしたいですよね。

最近は子連れ歓迎を謳ったお店も増えていますが、そういったお店でも、皆が気持ちよく食事を楽しめるよう、他のお客さんやお店の方への気遣いは忘れないようにしましょう

授乳、おむつ替えが出来る場所を確認しておく

基本的には入店の前に済ませておくのがスムーズですが、店内で授乳やおむつ替えが必要になった際は、所定の場所でするようにしましょう。

赤ちゃんが泣いたり騒いだりしたら、外に出てあやしたり出来る体制を

準備をきちんとしていても、赤ちゃんはぐずる時はぐずるもの。あまり長く続くようなら、一旦お店の外に出て気持ちを落ち着かせてから店内に戻るなど、周りへの配慮を忘れずに。

周囲が気になる時は個室や仕切りのある席を予約していく

マナーばかり気にしていると周りの目が気になって食事が楽しめない!という方は、個室や他のお客さんと一定の距離が保てる、仕切りのある席があるお店に行くのもいいでしょう。気兼ねなく家族水入らずの時間を過ごすことができますよ。

赤ちゃんを連れて外出する時の注意点は?

赤ちゃんの行動は予測不可能。計画はしっかりした上で、どんな事態にも対応できるよう、必要な物はしっかり準備してお出かけするようにしましょう。

予約をしてから出かけよう

事前に赤ちゃん連れで行く事を伝えておけば、お店側もしっかり準備をしてくれる場合も多いです。お互いが気持ちに余裕を持って過ごせることにも繋がるので、出来るだけ予約をしてから行くようにしましょう。

準備はしっかりしよう~赤ちゃんとの外出に役立つ持ち物~

おくるみ

店内が寒い時の温度調節や寝かせるときに敷物にしたり、大活躍!薄手のものを持ち歩きましょう

母子手帳、健康保険証

まだ話すことができない赤ちゃんはいつ体調を崩すかわかりません。急な事態に備えて外出先からでも病院に行けるように常に携帯しましょう。

お気に入りのおもちゃや絵本など

ぐずった時の対策として、持っていくと安心です。

授乳グッズ

母乳の方は授乳ケープ、ミルクの方はミルク、お湯と哺乳瓶など、必要なものを持っていきましょう。

マナーを守って赤ちゃんと外食を楽しもう

赤ちゃんとの外食を楽しむには気をつけることも沢山ありますが、ポイントをしっかり押さえれば怖がることはありません。事前の計画と準備をしっかりして、行けるお店を徐々に増やして行きたいですね。

最近ではベビーフレンドリーなお店も増えているので、サービスをしてくれるお店側への感謝の気持ちも忘れずに、可愛い赤ちゃんとの特別な時間を楽しみましょう。赤ちゃんとの外食が、家族みんなのリフレッシュに繋がるといいですね。

  関連記事

子どもが病気のときに真価がわかる!?パパの処方薬把握事情とは?

共働き家庭が増え続けている現代。お子さんが病気になったとき、仕事を休む、遅刻・早 …

子どものおさがりをもらうとき、あげるときには何に注意したらいいの?

子どもの成長は早いので、あっという間に洋服が着られなくなります。そのすべてを新品 …

期限が切れた処方箋の期限延長はできる?再発行しないとダメ?

処方箋は病院を受診した時に、医師の診断によって治療に必要な薬の名称や、分量、使用 …

体にうれしい!ニトリのマットレスで快適な睡眠を!おすすめマットレス10選

皆さん、ぐっすりと眠れていますか?良質な睡眠は、体を整えるために、大人にも子ども …

もしかしたらママが発達障害なのかも!?女性に多い不注意型ADHDとは?

近年、ADHD(注意欠陥多動性障害)に関する書籍が、たくさん出版されています。そ …

過信しないで!正しい使い方で「首かけ浮き輪」の事故を未然に防ごう!

数年前に人気を博した「首かけ浮き輪」。お風呂のときに使用している赤ちゃんの写真を …

B型肝炎ワクチンの予防摂取はしたほうがいい?副作用は大丈夫?かかる費用はどれくらい?

B型肝炎は団塊世代の問題ではなく、子供にも移行しやすい疾患として周知されています …

ホームセキュリティのアルソックが提案する、子ども向け安全セキュリティのこと

現代は子どもだけで気軽に外遊びをさせられる時代ではなくなってしまいました。小学生 …

ダイソーでネイルアートを楽しもう!人気のネイル用品10選

サロンに行ってネイルをしてもらうなんて、なかなか忙しくて時間がとれない!気軽にい …

二人目の出産を迎えるその時!上の子はどこに預けておくべき?

2人目の子どもが生まれるとき、近くに上の子を見ていてくれる親族がいたり、家の方に …