ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子育てにはお金がかかる!育児費用を節約する方法はある?

   

赤ちゃんを授かることは、夫婦にとって望外な喜びです。ですが、子育てにはお金がかかるという現実があります。我が子のために、何でも買ってあげたいと思っても、すべての家庭がそれをよしとするわけではありません。

また、いまの子育てにかかる費用のほかに、教育費の準備も必要です。そこで今回は、子育てにはどんな費用がかかるのか、育児費用を節約する方法について、お話しします。

教育資金の準備についても触れますので、お子さんが産まれる前から、夫婦できちんと話し合っておきましょう。

子育てにはどんな費用がかかるの?

まず、子育てにかかる費用について、考えてみましょう。育児費用は、「養育費」「教育費」に大別されます。そして教育費は、子どもの進路によって、かかる費用が異なりなす。

AIU保険が以前、「AIU現代子育て経済考2005」の中で、出産から大学卒業までの22年間の養育費の試算額を発表していました。それによると、出産・育児費用で約91万円、子どもの食費で約671万円

子どもの医療費で約141万円、子どもの保健医療・理美容費で約193万円、子どものお小遣いで約451万円、子どもの私的所有物代で約93万円と、合計で約1640万円が必要とされています。

また、子どもを預けて仕事をする場合は保育料が必要ですし、お稽古事を多くすれば、それだけ出費がかさみます。子どもの進学先がすべて私立であれば、教育費が倍増するなど、家庭によっても大きな差が生まれます

育児費用を節約する方法とは?

特に未就学児がいる家庭の場合、おむつや頻繁に買い替える洋服代など、何かと養育費がかさむものです。では、そうした育児費用を節約する方法はあるのでしょうか。

まず、乳児に関しては、紙おむつ一辺倒ではなく、家では布おむつを併用すると、おむつ代がかなり浮きます。

そして、ベビーバスやベビーベッド、ベビーチェアなど、一時的にしか使わないものは、購入するのではなく、レンタルするのもおすすめです。新生児用ベビーカーなども、使用期間は短いですので、レンタルの方がお得なはずです。

そして、出産祝いや入園祝いをいただくときいに、実用的なものをおねだりするのも有効です。紙おむつや粉ミルク、大きくなったら着る服や靴などは、いくらあっても困ることはありません。

周囲に「何か欲しいものはない?」と聞かれたら、遠慮なくほしいものを伝えてみましょう

楽しみながら節約できる方法はある?

節約が我慢につながると、ストレスになってしまうものです。そこで楽しみながら節約するために、乳幼児特典のある商品を利用することをおすすめします。

たとえば、らでぃっしゅぼーやアクアクララといった企業では、ベビー特典が用意されていてお得です。

また、子どもとのレジャーも、公共図書館や地域の子育て支援センター、近所の大型の公園などを利用すると、お金がかからずに遊べます。絵本を借りたり、家にはないおもちゃや遊具で遊ぶのは、子どもにとってもうれしいものです。

不要な絵本やおもちゃを買わずに済めば、かなりの節約になるはずです。また、子どもが歩いたり、話したりできるようになれば、そこに来ているほかの子どもと友だちになれるかもしれません。

教育資金の準備も早めに始めよう!

少子化が進む現代では、高校卒業後に進学する子どもがほとんどです。それを実現するためには、子どもが産まれたときから、教育資金を準備しておく必要があります

すべて公立でいけるのか、私立に通わせる必要があるのかは、子どもが成長しなければわからないものです。そのため、どんな進路にも対応できるように、教育資金を用意しておくことをおすすめします。

貯蓄もよいのですが、いざというときのために、学資保険をかけておくとよいでしょう。ただし、学資保険は金利情勢によっては不利になることもあるので、貯蓄と併用することも検討すると安心です

  関連記事

申し込みはネットストア限定!人気の無印の福袋の気になる中身とは?

みなさんは、無印良品が「福袋」と「福缶」を販売していることを知っていますか?無印 …

社会でのマナーを子どもに身につけてほしい!しつけの方法とは?

子供が乳児から幼児に変わるころから頭を悩ませる『しつけ』。感情的に怒鳴ってしまっ …

子連れの海外旅行は現地での病気やケガの予防と対策が重要!心がけるべきことは?

旅行好きのご夫婦にとって、子どもが小さいうちに一緒に海外旅行に行くことは、自然な …

これでクラスの人気者!?逆立ちができるようになるコツって?

子どもに聞かれて答えに詰まってしまうものはいくつかありますが、その中でも運動系は …

子どもや妊娠中のママから血痰が出る原因は?すぐに病院に行く方がいい?

風邪をひき、咳が続いていると痰が出るようになります。痰は気道の粘膜から分泌された …

誰でもできる!「涙活」で手軽にストレス発散しよう!涙活の基本~実践まで徹底解説

最近テレビなどでブームな「涙活」。婚活、妊活、終活に続いて、ひそかに流行してきて …

小児肥満の影響とは?安全なダイエットで健康な生活に導こう

肥満というと、グルメや食べ過ぎによる大人の症状だと思われがちですが、今は子供が肥 …

イクメンは必見!アメリカ発のバウンシーでスタイリッシュなおんぶをしよう!

みなさんは「いまイクメンパパの間で話題になっている、ベビーグッズは何?」と聞かれ …

6つのこ食が子どもたちに悪影響を及ぼす!その理由とは?

食育が盛んになって久しく、その方法もさまざまです。 食育に関心がある場合、「こ食 …

求職中のママ必見!カラ求人の見分け方とは?

妊娠・出産を機に、それまで勤めていた仕事を辞めるママはたくさんいます。 正社員で …