ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子育てにはお金がかかる!育児費用を節約する方法はある?

   

赤ちゃんを授かることは、夫婦にとって望外な喜びです。ですが、子育てにはお金がかかるという現実があります。我が子のために、何でも買ってあげたいと思っても、すべての家庭がそれをよしとするわけではありません。

また、いまの子育てにかかる費用のほかに、教育費の準備も必要です。そこで今回は、子育てにはどんな費用がかかるのか、育児費用を節約する方法について、お話しします。

教育資金の準備についても触れますので、お子さんが産まれる前から、夫婦できちんと話し合っておきましょう。

子育てにはどんな費用がかかるの?

まず、子育てにかかる費用について、考えてみましょう。育児費用は、「養育費」「教育費」に大別されます。そして教育費は、子どもの進路によって、かかる費用が異なりなす。

AIU保険が以前、「AIU現代子育て経済考2005」の中で、出産から大学卒業までの22年間の養育費の試算額を発表していました。それによると、出産・育児費用で約91万円、子どもの食費で約671万円

子どもの医療費で約141万円、子どもの保健医療・理美容費で約193万円、子どものお小遣いで約451万円、子どもの私的所有物代で約93万円と、合計で約1640万円が必要とされています。

また、子どもを預けて仕事をする場合は保育料が必要ですし、お稽古事を多くすれば、それだけ出費がかさみます。子どもの進学先がすべて私立であれば、教育費が倍増するなど、家庭によっても大きな差が生まれます

育児費用を節約する方法とは?

特に未就学児がいる家庭の場合、おむつや頻繁に買い替える洋服代など、何かと養育費がかさむものです。では、そうした育児費用を節約する方法はあるのでしょうか。

まず、乳児に関しては、紙おむつ一辺倒ではなく、家では布おむつを併用すると、おむつ代がかなり浮きます。

そして、ベビーバスやベビーベッド、ベビーチェアなど、一時的にしか使わないものは、購入するのではなく、レンタルするのもおすすめです。新生児用ベビーカーなども、使用期間は短いですので、レンタルの方がお得なはずです。

そして、出産祝いや入園祝いをいただくときいに、実用的なものをおねだりするのも有効です。紙おむつや粉ミルク、大きくなったら着る服や靴などは、いくらあっても困ることはありません。

周囲に「何か欲しいものはない?」と聞かれたら、遠慮なくほしいものを伝えてみましょう

楽しみながら節約できる方法はある?

節約が我慢につながると、ストレスになってしまうものです。そこで楽しみながら節約するために、乳幼児特典のある商品を利用することをおすすめします。

たとえば、らでぃっしゅぼーやアクアクララといった企業では、ベビー特典が用意されていてお得です。

また、子どもとのレジャーも、公共図書館や地域の子育て支援センター、近所の大型の公園などを利用すると、お金がかからずに遊べます。絵本を借りたり、家にはないおもちゃや遊具で遊ぶのは、子どもにとってもうれしいものです。

不要な絵本やおもちゃを買わずに済めば、かなりの節約になるはずです。また、子どもが歩いたり、話したりできるようになれば、そこに来ているほかの子どもと友だちになれるかもしれません。

教育資金の準備も早めに始めよう!

少子化が進む現代では、高校卒業後に進学する子どもがほとんどです。それを実現するためには、子どもが産まれたときから、教育資金を準備しておく必要があります

すべて公立でいけるのか、私立に通わせる必要があるのかは、子どもが成長しなければわからないものです。そのため、どんな進路にも対応できるように、教育資金を用意しておくことをおすすめします。

貯蓄もよいのですが、いざというときのために、学資保険をかけておくとよいでしょう。ただし、学資保険は金利情勢によっては不利になることもあるので、貯蓄と併用することも検討すると安心です

  関連記事

素材も種類もさまざまなおもちゃをお手入れする方法は?そのメリットは?

赤ちゃんの消化機能は大人ほど整っていないため、授乳の際には除菌や殺菌が不可欠です …

マタニティマークはどこで配布されているの?種類や種類別の用途とは?

出典:東京臨海高速鉄道株式会社   「厚生労働省」の施策から「マタニテ …

子育て世帯が知っておきたい!乾燥機の種類と選び方のこと

子どもが産まれると、とたんに洗濯物の量が増えます。そして、専業主婦世帯を共働き世 …

出産祝いののし袋やのし紙の書き方が知りたい!渡すタイミングとは?

親戚や親しい友人、同僚のところに赤ちゃんが産まれると、出産祝いをするのが一般的で …

職場に子どもを連れていける?子連れで出勤OKな会社があるの?

保育園の待機児童問題、そして保育園に入れないことから、育児休暇からの復職を断念す …

100円とは思えない高クオリティが魅力!セリアの食器おすすめ9選

近年、100円ショップで販売されている食器のクオリティがアップしています。中でも …

子ども限定バスツアーって親子参加型とどう違う?そのメリットとデメリットは?

子どもが小学校に入学すると、学外学習の機会が増えます。また、夏休みなどには自由研 …

子供には安全なものを与えたい!危険な食品添加物とは?

飽食の時代に流通している食品と添加物の関係性は切り離すことができないものですが、 …

社会でのマナーを子どもに身につけてほしい!しつけの方法とは?

子供が乳児から幼児に変わるころから頭を悩ませる『しつけ』。感情的に怒鳴ってしまっ …

ネット養子縁組についてどう思う?そのメリットとデメリットは?

ここ最近、乳幼児の特別養子縁組のあっせんを手掛ける大阪のNPO法人が始めた、実の …