ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

対人関係にも影響する?子どもの前頭前野の鍛え方とは?

   

近年、脳科学に基づいた教育法が高い注目を集めています。実は脳の成長は、赤ちゃんがお腹にいるときから始まっています。そして、脳の中でも「前頭葉」を鍛えることが重要だと、さまざまな研究によりわかっていきています。

そこで今回は、前頭葉とは何か、どんな働きをするのか、そこが未熟だとどんな弊害があるのかについて、お話しします。

子どもの脳が著しく成長するのは、限られた時期だけです。子どもの前頭前野の鍛え方も紹介しておきますので、ぜひ家庭で実践してみてください。

前頭葉って何?どんな働きをするの?

前頭葉とは、大脳の前に位置する器官のことをいいます。そこに含まれている前頭前野は、脳の活動性の調節を行うという、大切な役割を担っています

前頭葉の働きは、5つに分類できます。1つめは、自分の環境や状況を認識することです。2つめは、自分が行動する際の選択肢を発見することです。

3つめは、自分で計画をたてて決定することです。4つめは、たてた計画を実行することです。5つめは、実行した結果を自分で評価することです。

こう聞くと難しく感じますが、子どもの行動でいうと、「聞く」「話す」「計算する」「コミュニケーションをはかる」「記憶する」という働きを行っています。

つまり、大脳に集まった情報をまとめて判断するという、思考や運動を司る部分なのです。

前頭葉が未熟だと対人関係に影響する?

実は、前頭前野が十分に育ってない子どもは、キレやすくなるといわれています。前頭前野が働くためには、脳の情報処理と伝達機能をもつ「ニューロン」という神経細胞の働きが不可欠です。

そして、ニューロンは生まれても、半数がすぐに死んでしまいます。また、残ったニューロンも8歳になるころにはその大半が、その後も毎日10~20万個が死んでいきます。そのため、ニューロンの数が減ることで、前頭前野の機能が衰えるのです。

子どものうちに前頭前野をしっかり働かせて、ニューロンが新たに生まれて増える環境をつくっておかないと、思考や行動を自らコントロールできなくなってしまうのです。

その結果、思い通りに行かない出来事がおこると、感情的に爆発するようになります。

子どもの前頭前野の鍛え方とは?

子どもの前頭前野の成長は、6歳までが勝負といわれています。そこで、赤ちゃんがお腹にいるときから、前頭前野を鍛える方法を実践することをおすすめします。

それは、ママやパパが頻繁に、お腹の赤ちゃんに話しかけてあげることです。その際、お腹をやさしく撫でると、より効果があがるようです

そして、赤ちゃんが生まれた後は、「古い脳」「新しい脳」の2つを鍛えることを意識します。

古い脳は、呼吸や睡眠、食欲、情動など、人間が生きていくために不可欠な基本機能を司っています。日々の生活の中で、五感から受ける刺激により成長します。

一方の新しい脳は、大脳新皮質のことです。言語や手指を使った細かな動きなど、人間特有の機能を司っており、これは親の言動や行動を見て伸ばしていくものです。そこに論理的思考や心を司る前頭前野の成長を加えることで、社会性が高まります。

古い脳を鍛えるためには、規則正しい生活を送り、十分な睡眠をとることが基本です。新しい脳は、大人との会話や遊びを通して、その言動や行動を真似ることで発達していきます

そして前頭前野は、物事の経緯を論理的に説明する週間をつけることで鍛えられます。「まだ4時だから、これからお家に帰っても、好きなテレビ番組に間に合うよ」など、子どもにもわかるように言うのがポイントです。

また、積み木やブロックなど脳を使うおもちゃを与える、絵本の読み聞かせを行う、片付けをさせることも、前頭前野を鍛えることにつながります。

6歳までが勝負!しっかり働きかけよう!

前頭前野は、使われることで鍛えられていきます。子どもにその環境を与えられるかどうかは、親の育て方次第です

親が子どもの言葉を引き出す働きかけをする、一つひとつの出来事に五感が集中するように、音楽をかけっぱなしにしたり、テレビをつけっぱなしにしないなど、小さなことの積み重ねがとても大切です。

一緒に絵本を読んだり、パズルをしたり、絵を描かせることでも、子どもの考える力は育まれていきます。日頃から意識して、接してあげましょう。

  関連記事

産休・育休中の給料は?支給される手当の計算方法もチェック

妊娠してお腹が大きくなってくるとそれまで忙しく働いていた方でも仕事を続けるのが難 …

保育園入園までに必要な物を確実に用意するために

入園する保育園が決まったら、すぐにでも始めてほしいことがあります。それは、入園準 …

子どもが危ない!フード付き上着に潜む危険について徹底解説!

フードのついた上着やパーカー、お子さんに着せたことはありますか?フードがついてい …

保育器よりも人気!?ジャンパルーの赤ちゃんにもたらす効果とは?

みなさんは、「ジャンパルー」というおもちゃを知っていますか?赤ちゃん向けの室内遊 …

食品添加物の一種として含まれている防腐剤は身体への影響は大丈夫?使用するメリットとデメリットは?

無農薬野菜や有機野菜、無添加の自然食品の価格は高いものです。ですが、我が子のため …

子供と一緒に利用できる!マザーズハローワークってどんなとこ?

男女の働き方が多様化してきた昨今ですが、「マザーズハローワーク」をご存知でしょう …

幼稚園説明会ってどんなことをするの?子どもも一緒に連れて行くべき?

就学前の子供をもち幼稚園への入園を考えているご家庭にとって、子供をどんな幼稚園に …

子どもが加入する保険がよくわからない!こども保険と学資保険の違いは?

早い家庭では妊娠がわかったときから、子どもの教育資金の準備を始めるようです。その …

プチプラでも大満足!おすすめのしまむらのバッグのこと

洋服の流行が変わると、それに合ったバッグが欲しくなるものです。ですが、それが翌年 …

水筒カバーの簡単な作り方が知りたい!生地選びはどうしたらいい?

子どもの健康を守るうえで、適度に水分補給することは大切です。ですが、施設によって …