ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子供の大切なおもちゃが壊れてしまった!実は壊れたおもちゃを修理してくれるおもちゃ病院がある!

   

子供が成長するにつれておもちゃが増えていきます。また、おもちゃに対する執着心も強く持つようになってきます。

おもちゃを持って出かける、おもちゃを持って寝るなんて子も多いのではないでしょうか。そんな大切なおもちゃが壊れてしまったら…新しく買うのも手かもしれません。

でも子供が大事にしてきた過程とそのキズも大事な思い出として、そのおもちゃを治してあげられたら子供が物を大切にする心をさらに養えるかもしれません。そんな助けをしてくれるのがおもちゃの病院です。

おもちゃ病院とは?

そんなおもちゃの病院とは具体的になんでしょうか。

基本的には日本おもちゃ病院協会や、そこで養成された会員のおもちゃドクターが常設している病院になります。

このおもちゃ病院協会は全国組織のボランティア団体です。なので場所によっては隔週の日曜日などの日時指定で運営している場合があります。

場所は各市町村で掲示している場合もありますし、会員の方がご自宅でされていることもあります。

この病院では子供の目の前でおもちゃを直してくれます。物を大切にする心はもちろん、目の前でおもちゃが分解されて治っていく過程を見ることでお子さんの科学に対する興味も刺激してくれます。

おもちゃ病院で修理できるおもちゃの種類とは?

登録されているおもちゃ病院では約9割のおもちゃを直してもらえることができるそうです。

しかし、もともと修理を引き受けられない物もあります。

エアガン類浮き輪浮き袋AC100vに直結するおもちゃなど安全面の保証ができないもの、工芸品などの価値が保証できないものは引き受けてもらえないようです。

また分解、修理が法律的に問題となるものも修理してもらえません。

もし上記の種類に入るかわからず困った時でも、とりあえず病院へ持って行って診断してもらうといいと思います。

病院へ行く際は以下の点を確認して行ってください。

おもちゃはいつからどんな時に動かなくなったのか・どのように動くのが正常なのか・おもちゃの外箱や説明書があれば持って行く・壊れてしまった部品破片があれば持って行くなどしてみると良いでしょう。

現在のおもちゃはコストを重視するゆえに修理困難な構造になっていることもあり、それでも治らないこともあります。

しかし、できる限りおもちゃドクターは頑張ってくれます。その過程や努力を見る事もお子さんにとっては大切な経験になるかもしれません。

修理の際に費用はかかるの?

おもちゃ病院はボランティア団体の日本おもちゃ病院協会の会員であるドクターが開院しています。

なので基本的には無料で修理をしてくれます。その場で、お金もいらずに大切なおもちゃを治してもらえるなんてすごいですよね。

もし、その場で修理が難しいおもちゃ入院なんてこともあるようです。この場合も入院費がとられることはありません。

しかし高価な部品などの部品代は別途費用がかかる場合があります。また、修理に必要な部品の在庫がない場合などには小売店などでそれらをこちらで購入しないといけないこともあるようです。

そのような場合には、事前に相談して治療をするか決められます。

電池ぎれや、ゼンマイ式のチョロQなどは事前にゴミが溜まってないかなど一度お家で診断してみてもいいかもしれません。

愛着のあるおもちゃを、お子さんと一緒に会話をしながら直すのもお子さんにとっていいかもしれませんね。ダメならおもちゃドクターにお願いしましょう。無料で診てもらえるので安心して持っていけます。

おもちゃ病院はどこにある?

おもちゃ病院は全国にあります。関東近辺の都道府県であれば東京、神奈川、埼玉、千葉とそれぞれ50以上の病院があるほとです。

詳しくは日本おもちゃ病院協会ホームページに記載されています。探して見るとみなさんの近くにもあるかもしれません。

また各市町村のホームページに記載されており、近くの児童館市町村の施設で開催されている場合も多くあります。

また、おもちゃドクターのご自宅でされている場合もあるそうです。手続きもそれぞれの病院で異なり、直接持参すればいいところから、事前予約が必要な場合もあります。それぞれ個数の制限もあるようです。前述したように開院時間も様々です。

また、残念なことに滋賀県沖縄県には今の所登録されている病院はありません。

地方などで病院が遠い場合もあると思います。そんな時にはWEBおもちゃの病院もあります。宅配料はかかりますが、基本の治療費は同じボランティアでされていて無料です。

物を大事にする心を育てよう

現在は昔に比べおもちゃも様々な種類がたくさんあります。簡単にネットで手に入ったりもします。

また、値段も100均で手に入る安価なおもちゃもあります。壊れてしまったらまた買えばいいかもしれません。

でもお子さんが大切にしているおもちゃ、もしかしたら兄弟、親子で引き継がれた、お金では買えられないおもちゃもあるでしょう。そのようなおもちゃを大切にする心、落としてしまった傷も思い出として愛着心を深められるように修理をするのもいいかもしれません。

また、なんで動くのか、おもちゃの中がどうなっているのか実際に目の当たりにして見て考える科学的思考を育てるいい機会になるかもしれません。

しかもそれが無料で診てもらえるなんて、ぜひ利用してみたいですね。

  関連記事

医療費控除の申請方法が平成29年度から変わる!変更点やメリットについて教えて

平成29年度分として行う確定申告から医療費控除の申請方法が変わります。ですが、そ …

育児書がマイナスになることもあるって本当?効果的な読み方とは?

初めて赤ちゃんを出産するママの中には、何冊もの育児書を買い込み、予習に余念がない …

子どもを病院に連れて行ったら様子を見るように言われた!その真相は?

子どもを育てていると、機嫌よく遊んでいたかと思うと突然具合が悪くなったり、発熱を …

産休・育休中の給料は?支給される手当の計算方法もチェック

妊娠してお腹が大きくなってくるとそれまで忙しく働いていた方でも仕事を続けるのが難 …

離婚がもたらす子どもへの影響はどんなもの?そのケア方法は?

離婚は、夫婦間の問題です。恋愛を経て結婚し、家庭をもったものの、結果的に離婚を余 …

育児あるある!子育て中にやってしまいがちだけど、NGなこととは?

初めて子どもを持つママとパパは、親としての経験がない1年生です。我が子への愛情に …

ママが慣れ親しんだ世界名作アニメ絵本の挿絵が進化!教育に与える影響は?

子どもができると、絵本を手にとる機会が増えるはずです。そんなとき、絵本の表紙や挿 …

あなたは大丈夫?意外と多いベビーカーの盗難を防ぐコツとは

赤ちゃんや乳幼児がいる家庭には欠かせないベビーカー。ベビーカーは子供を運ぶだけで …

東京都のオリジナル?認証保育園ってどんなところ?認可・無認可保育園とはどう違うの?

働くママは産休、育休が明ける前に子どもの保育所を探さなければなりません。しかし都 …

保育園の年中行事にはどんなものがあるのか、まとめてみた!

保育園とは、親が就業している、あるいは病気や介護などの理由で子どもを十分に保育で …