ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

親子でも楽しめる横浜ランドマークタワー内の施設を徹底調査!

   

月齢期の子供とのお出かけ先で悩むママ、パパも多いことでしょう。

春休み及び夏休みにもなると、子供達をどこへ連れていこうかと探します。そんなときに、選択肢にあがるお出かけ先には、ママを主体的にした選び方が多いものです。

赤ちゃんも連れていく場合には、オムツ替えや授乳に便利な施設を選んだり、子育て世代を優遇している娯楽施設をあえて選ぶのでは?

今回は、横浜市に位置する三菱地所保有でで有名な横浜ランドマークタワーをご紹介します。

横浜ランドマークタワーとは?

そもそも横浜ランドマークタワーは、横浜みなとみらい21の計画で中核を担う複合ビルです。三菱地所が保有し、各階にオフィス、リゾートホテル、ファッション ブランド、ダイニング、クリニック、ドックヤードガーデンが入っています。

もともとは、造船所の跡地に建設されたもので、開業は着工から3年後の1993年に開業されています。建築デザインは、アメリカの「ヒュー スタビンス」の基本設置を受け、三菱地所が実地設計を担ったものです。

タワーとしては、全国で5番目の高さ296,33mを誇り、タワーとしては動く歩道の注目度が高いことで知られています。

親子で一緒に楽しめる?ランドマークタワーを楽しむ方法!

横浜ランドマークタワーの楽しみかたモデルコースをご紹介します。まずは何と言ってもスカイガーデンです。

69階の展望フロアから見渡せる景色と夜景のたのしみは外すことができません。日中は東京タワー、富士山を眺めることができます。また、夜間の夜景は、みなとみらい21、クルーズ船、ライトアップの観覧車などを上階から見渡せることができます。

そして、宿泊はロイヤルパークホテルへがおすすめです。子供を連れていると、移動距離の短い方が効率が良いものです。タワー内のダイニングで軽食とお買い物を楽しむことができます。

ドックック周辺の飲食店内で大人の時間を愉しむ事もできるので、ママやパパもゆっくりできますね。また、部活ができる施設の貸し出し、ビール博物館、などパーク内では多くの施設が設営されています。

そのほかにも、ドックヤード ガーデンで散策、イベントへの参加なども親子で楽しめるイベントもあります。三菱地所の2号ドックは国の重要文化財として有名です。

1号、3号と合わせて観光するのも興味深いですね。他にもランドマークタワー周辺の景観を愉しむことができます。

育児中のママも大助かりなタワー内の施設完備とは?

育児ママにとっての横浜ランドマークタワーの利便性はどうでしょう。横浜ランドマークタワーは、ショッピング部門、カフェ、レストランのダイニング部門、スカイガーデン 、イベント、部活部門、ホテルetcに代表されます。

そこで、これらの施設を利用したい場合に必要な授乳室、こちらの優遇がすごいのです。利用時間は9時半から20時半まで、赤ちゃん休憩室と表示された部屋には、充分すぎるスペースが用意されています。

  • 数台のオムツ替えベット、5箇所。
  • 個室の授乳室数カ所。
  • 自動販売機設置
  • パパも待機できる椅子の用意

子供数名を連れた大所帯で利用しても、余裕のスペースです。自動販売機の利用のために育児ママ以外の方も入室する点が安全面の配慮が欲しいところです。

パパにも、ともに入室してもらえると防犯面も安心ですね。

タワー内の施設を利用する時に料金はかかる?

お出かけには重要な情報、「お金のこと」、横浜ランドマークタワーには利用料もしくは入場料が必要でしょうか。

横浜ランドマークタワー内には無料で誰でも入ることができます。複合ビルですから、タワー内のダイニング、ホテル、ショッピングサービスを利用するとそれぞれに有料です。

一度は足を踏み入れたいスカイガーデンへの入場料は、お一人様1000円です。しかし、雨天の日に景観を見ることができないとなると、300円の値引きがあります。なんて良心的なサービスでしょう。

富士山が見える日には、親切に展望へあがる前のエントランスで情報公開までしてくれているのです。とてもありがたいサービスですね。

そして展望フロアには、景観を眺めながらソファに座りながら、お茶を飲むことができるというカフェも併設されています。もちろん有料です。サービスを利用すると有料ですが、建物を愉しむには無料で遊べるようです。一度は足を踏み入れたいですね。

家族みんなで楽しもう

横浜ランドマークタワー、一見して大人が立ち入る複合施設という印象を誰もが持つものです。しかし、世の中は少子高齢化のなか真っ只中、今こうした場所にも育児ママに優しい環境が用意されているようです。

小さな子供との外出に躊躇しておられる、少し遠慮がちの育児ママさんにぜひにお知らせしたい情報です。

パパも含めて家族でランドマークタワー内のホテルに一泊。タワー内のおこもりイベントとして、候補に入れてみてはいかがでしょう。

  関連記事

体温調節がしやすい、春のマタニティファッションのコーディネートのコツは?

妊娠すると、女性の体内ではホルモンバラスが急激に変わります。そして、週数が進むと …

保育園には、いつから入れる?0歳保育のメリット・デメリットとは?

現代の日本は、夫婦共働きの家庭が専業主婦の家庭を大幅に上回っています。そのため、 …

チャイルドシートとベビーシートとジュニアシートは何が違うの?

日本では車に乗る際、乳幼児をチャイルドシートに乗せることが義務付けられています。 …

子どもをネットの犯罪から守るためにも活用したい!ネットセキュリティサービスのこと

小学生がスマートフォンやタブレットを操作する風景は、もう珍しいものではありません …

電車で子どもが騒ぐ理由とは?しつけを行うときの注意点について

子どもと一緒に、公共交通機関を使うママは多いと思います。その際、子どもが電車内で …

子育てにはお金がかかる!育児費用を節約する方法はある?

赤ちゃんを授かることは、夫婦にとって望外な喜びです。ですが、子育てにはお金がかか …

ニュースでよく見聞きする、高齢ドライバーによる事故。その特徴と子どもを守るための対策とは?

高齢ドライバーによる交通事故のニュースは、いまや珍しいものではなくなりました。そ …

子供の好奇心減退は危険信号!?親が子供の安全基地になるために

近年、日本の子供の集中力の低下が問題視されています。その背景には、子供の知的好奇 …

寝具はいつも清潔を保ちたい!枕の正しい洗濯方法とは?

春の大掃除の季節ですね。寝具も一新して清潔にあらいたいものですが、皆さんは枕カバ …

職場に子どもを連れていける?子連れで出勤OKな会社があるの?

保育園の待機児童問題、そして保育園に入れないことから、育児休暇からの復職を断念す …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss