ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

仕事で忙しいママも大助かり!急病や外せない用事が出来た時に利用したい土曜保育とは?

   

待機児童の問題が取りざたされている昨今でしたが、同時に日本において働き盛りの労働力も不足傾向にあるという課題を抱えています。

保育園を利用される保護者の方々は、今一度置かれている状況をよく認識されて、マナーを守って保育園を利用することが社会で求められています。

そこで「土曜保育」においてもその利用方法に賛否両論あり、よく利用者の間で問題が提起されています。その土曜保育の利用方法に焦点を当ててご紹介します。

土曜保育とはそもそもなに?

働くママを支える保育園の存在は、大変にありがたいものです。平日以外に土曜日も預かりを受け入れてくれる保育園があります。

サービス業をはじめとした一部の職種を除くと、5勤2休の週休2日制のリズムで就労している人がおおいと思いますが、職業によっては土曜日にも仕事に出かけなければならないという立場に置かれた人もいます。

周辺環境にも、子供を見てくれる親族、家族に恵まれていない状況で、そのような立場にあたる親子を受け入れてくれる保育所を「土曜保育」と呼んでいます。保育士さんは、就業で子供を見ることができない親子に向けて開放してくれています。

土曜保育のメリット

土曜保育は、休日にも就業しなければならない人に向けて、開放された保育時間です。

子供を預ける側であるママのメリット

働くママの休日出勤が可能になることです。土曜日の就業を余儀なくされている場合には、申請を行った上で子供を預けることになります。

夫婦共働きの場合、夫婦ともに休日出勤を行うことが可能になります。配偶者が休日の場合でも、まれに、配偶者が全く子供のお世話や面倒を見ることに不向きなことがあります。そのような状況においては、安心して保育を依頼することができます。

預けられる子供にとってのメリット

ママと離れていても、平日保育で慣れ親しんでいる保育園で保育される。
子供にとっては見知らぬ場所に連れて行かれたり、知らない人に見てもらう方よりも、いつも通りの園で自分のなじみのある場所や人と過ごす方が落ち着くことができます。

配偶者が休日の場合でも、まれに、配偶者が全く子供のお世話や面倒を見ることに不向きなことがあります。そのような状況においては、安心して子供は時間を潰すことができます。

土曜保育のデメリット

土曜保育は、土曜日も就業である旨の申請をした親子に開放された保育時間です。子供を預ける側の土曜保育のデメリットは、

  • 働くママは、やむおえず子供との時間を過ごすことができなくなる。
  • 休日にも子供を園に見てもらうと、親子の時間が減少してしまうこともあります。

預けられる子供への土曜保育のデメリットの声を集めてみました。

  • おもちゃや施設の管理の日に該当すると、遊べるおもちゃが少なくなることもあります。
  • 平日よりも保育内容が消極的であるようです。
  • いつものおともだちが来園していないことも多いようです。
  • 担当保育士さんが欠勤していることも多いそうです。
  • 保育園側から、土曜保育の利用の必要性に疑念を抱かれることもあるようです。

土曜保育を上手く利用する方法とは?

働き盛りの人が不足している昨今ですが、保育士さんも休日が必要です。土曜保育の目的は、就業で子供の面倒が見れないことが条件であるために、目的外の利用は悪用になります。嘘は周囲に迷惑がかかり、必ずバレた末に本人にも返ってきます、控えましょう。

  • 親が遊びに行くための預け入れ
  • 親が1人になりたいための預け入れ
  • 料金を払っているから、なんでもして良いという考えつきのもとの預け入れ
  • 個人的な理由による託児所的な利用目的での預け入れ

許容範囲の預け入れについて

  • 仕事の付き合いでの用事による預け入れ(たとえば、お花見、新年会、忘年会など)
  • 任意による仕事での預け入れ
  • 急な仕事が入った際の預け入れ

あくまでも容認される範囲は、業務上の事情に限るようです。赤信号みんなで渡れば怖くないでしょうか。最終的に保育士さんのリズムが不調になると、無認可保育園、もしくは待機児童の立場になることも視野に入れましょう。

ワーキングママもたまには息抜きが必要!

保育園を利用されている方は優遇されていると思います。では、なんのための保育園かというなれば、申請項目内での利用用途に限られることは誰でも理解することができます。

ワーキングママは、平日保育士さんに子供を見てもらっているので、仕事が休日の際には子供との育児を通して触れ合いが必要です。それは、ワーキングママのためというよりも、子供のためにです。保育士さんはママではないという事実を認識してマナーを守り土曜保育を利用したいものです。

  関連記事

劇場に行こう!お休みなどで劇場を楽しむための注意点など

お休みの日は、子どもに普段できないようなことを積極的に体験させてあげたり、親子で …

近頃話題のゼロ思考とは?どんなメリットがあるの?

ビジネスマンの中に実践者が多い「ゼロ思考」のことを、みなさんは知っていますか?こ …

ままごと遊びは知育におすすめ!でも、子供の会話には注意が必要!

子どもはごっこ遊びができるようになると、男女を問わず「ままごと遊び」をするように …

ママの趣味がお金になる可能性がある!?趣味で得られるお金の相場とは?

現代の日本では、専業主婦世帯が共働き世帯を大きく下回っています。そして、パパの収 …

子供が怪我をしちゃったら!?医療費助成制度について知っておこう

どんなに言い聞かせても、じっとしていないのが子ども。ママがどれだけ気を付けていて …

子どもの名前を付ける時の親への責任や、その後の後悔とは?

名前とは親が初めて子どもにプレゼントするもので、一生関わるものです。家庭によって …

マインドフルネスにはどんな効果があるの?そのトレーニング方法とは?

最近、メディアでよく見聞きする言葉に「マインドフルネス」があります。世界的に見る …

入学式にママが着るスーツ選び方とは?アクセサリーの付け方は?

小学校の入学式は、ママやパパにとって、子育ての節目となる行事の一つです。そのため …

種類もデザインも豊富なので欠かせない!GUのTシャツが人気の理由とは?

Tシャツはオールシーズン着ることができるので、複数の枚数を持っているのが一般的で …

タッチペンはキャンドゥがおすすめ!他店とは違う使い心地とは?

2017年、キャンドゥのスマホ関連グッズの中で、最も人気が高いといっても過言では …