ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子供は目に見えない空想の友達を持ってる!?イマジナリーフレンドって一体何?

   

幼児期の「イマジナリー フレンド」は、健全な子供の発達段階の現象と周知されています。とは言っても、突然に空想上の妖精や怪獣を紹介されても対応に窮するものです。

2歳児ごろであれば、想像上の人物とお飯事で遊ぶことも許容されそうですが、流石に5歳、6歳児ともなると心配におよぶものです。

そこで子育て世代にはとくに、幼児期の「イマジナリー フレンド」とは如何なるものかということを知っておく必要がありそうです。

イマジナリーフレンドとは?

「イマジナリー フレンド」とは、幼い子供に見られる空想上のお友達のことを心理学上、精神医学上の現象名で示された呼称です。

おもに子供自身が作り出した空想上のお友達であるために、周囲の視界には現れることもなく、子供の自問自答の相手として子供と話をしたり、遊んだりしている様子がうかがえることが多くあります。

とくに子供のなかでも長男、長女や一人っ子で育つ子供に「イマジナリー フレンド」を持つ者が多いといった特徴が散見されていることもわかっています。これらの事象を、イマジナリーコンパニオンやIFと略して表現されることも多くあります。

何歳から何歳までの子供におこる現象なの?

子供の空想上のお友達「イマジナリー フレンド」をつくりやすい年齢は、3歳から7歳までに顕著に多く現れ、学童期へ入るまでに次第に消失されると言われています。

海外では、3歳から7歳までの子供のおよそ50パーセントが、空想上のお友達を持っているという統計までわかっています。

幼児期においての出現のピークは、2歳半ごろとされており、幼児の「イマジナリー フレンド」の年齢も、作り出した子供の年齢と同様と推定されることが多いようです。

「イマジナリー フレンド」の出現は至ってポピュラーな幼児体験であり、多くの子供たちは、イマジネーションのもとに好きなお友達を出現されている様です。

自分自身の幼少時代に想いを馳せてみると、たしかに「イマジナリー フレンド」を出現させていた記憶が残る人もいるのではないでしょうか。

イマジナリーフレンドは子供にとってどんな存在?

「イマジナリー フレンド」は、幼児が勝手にイメージして出現させている空想上のお友達ですが、幼児期には当人にとって次のような存在になっていることが多いようです。

幼児の話し相手

日常的な話し相手としての存在です。兄弟と会話を行うように幼児自身の認知行動に役立っているようにもみえます。

幼児の相談相手

困りごとがおきた場合に相談を持ちかける相手です。

幼児の遊び相手

悪戯をしてともに遊んだりする仲です。

幼児の寂しさを紛らわせる相手

兄弟や家族がいない間の遊び相手として寂しさを紛らわせる存在です。

時には意見を指摘する相手

この存在はときに、幼児の自己嫌悪を刺激することにもなります。

ほかにも幼児の心を反映させた存在が複数見受けられます。ときには、想像上のお友達と人格が入れ替わることもあるのだとか。

イマジナリーフレンドを子供に紹介されても否定してはだめ!

「イマジナリー フレンド」を出現させる目的として幼児の「情動的保証説」がもっとも有効のようです。

兄弟や友人と囲まれた生活を送っていると、周囲とのコミュニケーションが自然に発生していきますが、一人っ子や長子の場合においては、想像上の人物を出現させてまで話し相手を求める傾向があると解釈することができるようです。

このようにした幼児期の「イマジナリー フレンド」ですが、幼児自身はイメージ力で創造した空想上のお友達(生き物)に対して、存在を感じているということがわかっています。

また、「イマジナリー フレンド」を持つ子供の将来の社交性が高いことも判明しています。こうした幼児期のこどもの行動が散見されても、すぐには否定せずに暖かく見守ってあげることが、当人の成長にプラスに働くようです。

幼い時だけの貴重な思い出として見守ってあげよう

学童期に向けて徐々に消失されるという「イマジナリー フレンド」の存在は、幼児期における発達段階の一時的な現象です。

とくに、本来は社交性の高い子供、感受性の高い子供、他者の存在に気を配ることができる子供などが、自分を楽しませるために、イメージ力を膨らませてイマジナリー フレンドを出現させると言われています。

突然に、見えないお友達を紹介されても、驚かずに2人、数人のおままごとにも付き合ってあげてほしいとおもいます。

  関連記事

ネット養子縁組についてどう思う?そのメリットとデメリットは?

ここ最近、乳幼児の特別養子縁組のあっせんを手掛ける大阪のNPO法人が始めた、実の …

どんな影響を与えるの?子どもの目とブルーライトのこと

スマホや携帯電話の所有者が低年齢化している時代ですが、スマホなどにはブルーライト …

子育てママこそ上手に活用したい!ハウスクリーニングのこと

子育てをしていると、どうしても家の中が散らかってしまいがちです。そして乳幼児のい …

手続きをする前に、知っておきたい出産手当金のこと

仕事をしている女性は、出産にまつわる手続きがいろいろあります。育児休業終了後に復 …

子どもの大事な歯を守るためには、どのように歯ブラシを保管すればいいの?

毎日の歯磨きは、口の中の菌を除去し、お子さんが健康な歯を保つために欠かせません。 …

大人の椅子に赤ちゃんを座らせることができる!チェアベルトのメリットとデメリットとは?

赤ちゃんを椅子に座らせるとき、必ずベビーチェアが必要だと思い込んでいるママやパパ …

我が子は大丈夫?スマホ依存症になる子どもの特徴など

スマホ依存症とは、何でもスマホを頼りにしてしまう大人が、かかってしまう症状だと思 …

不祝儀の際の子どもの服装はどうすべき?喪服の選び方とレンタルについて

不祝儀は、いつおこるかわかりません。社会に出ると、仕事の一環で葬儀に参列すること …

ZARA ベビーはプチプラでオシャレって本当?その評判に迫る!

ZARAといえば、大人のファストファッションブランドとして有名です。プチプラなの …

チャイルドシートはどの位置がより安全? 前向きに座らせても大丈夫?取り付けの際に気をつけたいこと

日本では道路交通法で、6歳未満の乳幼児を自家用車に乗せる場合は、チャイルドシート …