ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

マイカーが無くても大丈夫!?カーシェアリングとは?そのメリットや利用方法は?

   

マイカーを持っていない人にとって、一手間かかってしまうレンタカーを利用するしか手しかありませんでした。

もしくは車がなくてもなんとか我慢して過ごすか、タクシー利用に頼るしか選択手段がなかったのですが、最近はカーシェアリングという方法がとられるようになりました。

カーシェアリングを利用することで、車を持っていない人でも気軽に車を利用することができるのです。ここでは最近利用する人が増えているカーシェアリングがどんなものなのか、そしてメリットとどのように利用するのかについて紹介します。

カーシェアリングとは一体何?

カーシェアリングとは車を使いたいときにだけ借りることです。レンタカーと同じように感じますが、目的は同じでも、その借り方が異なります。

レンタカーの場合は店舗まで足を運び、その場で契約をして車を借り、決められた日時に返却を行います。しかしカーシェアリングの場合には、その都度借りる契約をするのではなく、登録を行うことで借りる際の手続きが安易になります。

一台の車を複数の人でシェアして利用することになりますが、長時間のレンタカーに比べ短時間の利用の時にも借りることができて、シェアカーのスタンバイ場所が自宅の近くにあれば利用の際もスムーズとなります。

カーシェアリングのメリット・デメリットはある?

カーシェアリングのメリットとして、自分で車を持たなくてよいので、車の車検やその他メンテナンス費、駐車場代など維持管理のお金がかからなくなります。自分が使う分だけ自動車保険に加入をすればよいので、保険代の節約にもつながります。

短時間からでも借りることができるので、「近所に買い物に行く際に荷物が多そうだから利用したい」という理由でも気軽に借りることができます。

レンタカーほど手続きが面倒ではないので、一度登録をしてしまえばカードキーで車が操作できるようになっている会社もあり便利です。

デメリットは車を使いたいときに必ずしも車が空いているとは限らないことです。タイミングによっては他の予約が入っていて利用できないことがあります。

また、自分の車ではないので車内等のカスタマイズが行えない子どもにチャイルドシートが必要な場合も一回一回持ち運ばなければいけないなどがあります。

カーシェアリングを利用金額は?どこで利用できる?

カーシェアリングの利用方法は、まずカーシェアリングを行っている会社、そして自分が利用したい場所のそばに車のスタンバイ場所があるかどうかを調べましょう。

どんなに利用料金が魅力的であっても、遠くの場所まで借りに行くのでは面倒ですし、カーシェアリングをする意味も薄れます。

まずカーシェアリングを行うために、各社ともに初期登録が必要になります。そこで登録費用や月額料金が掛かる会社、かからない会社があります。ですので、数社で迷ったらカーシェアリングを利用する頻度や予算に合わせて選択すると良いです。

どの会社も利用料金は15分200円くらいのことが多く、一度のカーシェアの時間は2時間ほどと定められていることが多いです。

もちろん車のサイズや車種によって金額も異なりますので、希望に合う車の扱いがあるかどうかチェックすることも忘れてはいけません。

カーシェアリングの利用方法とは?どんな時に利用する?

カーシェアリングの利用の流れとしては、初期登録を行った後に使いたい日時にスマホ又はパソコンから予約を入れます。予約日時に車のスタンバイ場所に行き、カードキーなどを利用して車を解錠し、利用開始です。

その後、決まりに則って返却前にガソリンを入れたり、車内及び車外の掃除をしてから元の場所に返却をします。

カーシェアリングを利用するのはもちろん家族や友人とドライブや旅行で利用をするのもありですが、どちらかというと日常的な利用をする人が多いです。

大きな荷物を運びたいとき、買い物に行ってまとめ買いをしたいとき、雨が降ったので家族を送り迎えしたいときなど、ちょっとした用事の時に利用します。

「普段頻繁には利用しないけれどこんな時に車があったら便利だな」というときにカーシェアリングは気軽に車の利用ができることで力を発揮できるサービスです。

カーシェアリングを賢く利用しよう

そんなに車を利用していないけれど維持費が気になって手放そうか迷っている、車は持っていないけれど時々車があったら便利なのにと感じることがある、そんな人にお勧めなのがカーシェアリングです。

上手に利用をすることで自分で車を持ち維持管理するよりも、カーシェアリングで車を利用した方がトータル的に見て安く済むということがよくあります。車の利用頻度を考えて高級車を持ち管理するべきか、賢くカーシェアリングを利用するべきか考えてみるとよいでしょう。

  関連記事

キャンドゥの商品で収納がもっと充実!おすすめのグッズとは?

賃貸住宅に住んでいると、収納スペースが少ないと感じることはありませんか?そんなと …

メリットたくさん?ベビーモニターの活用術とは?

ベビーモニターというと、一般的にアメリカでよく使われているものだというイメージが …

無意識に過干渉になっているママが急増中!ダメな理由とそうならないための対策とは?

近年、子どもの受験だけでなく、就職試験にまで同行したり、介入する保護者が増えてい …

希望出生率1.8を目指す政府と子育て支援の現実について考えよう

出典:日刊ゲンダイ   2015年9月24日、安倍首相は「新・三本の矢 …

子どもを夜間に一人にさせないために。トワイライトステイを知っておこう!

みなさんが居住する地域でも、「トワイライトステイ」と呼ばれる夜間保育や夜間養護の …

親子共通の趣味になるかも!?ボトルアクアリウムの作り方とは?

子どもの情操教育のために、ペットを飼いたいと思っているママやパパもいることでしょ …

プレ幼稚園はいつから通う?費用や必要なものが知りたい!

近年は、幼稚園も3年保育が主流です。そして、正式に入園する1年前から子どもを通わ …

いないいないばぁの楽しさを理解するために必要な能力があるって本当?

ママやパパが声をかけると、笑顔を見せたり、声をたてて笑ったりするようになると、も …

子育て中でもミニマリストになれる?ママが目指すミニマム生活とは?

生活をしていると、気がつけばものが増えていきますよね。まして子どもが産まれると、 …

子どもが危険に晒されている!とっさの事態を回避する注意方法は?

子供の行動特性上、一歩外へ踏み出すと危険がいっぱいです。学童期の通学路には、子供 …