ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

スマホ時代に問題の「スマホ老眼」とは?チェック方法や改善方法はある?

   

一般的に、40代半ばくらいになると「手元が見えづらい…」という老眼の症状が出てきます。「私はまだ若いから老眼とは全く無縁」と思っている人も、油断は禁物です。

実は、ピントが合わせづらく、視界がぼやける…、というような老眼に似た「スマホ老眼」が20代・30代に激増しているんです。

普段からスマホをよく見ているという人は、このようなスマホ老眼になる恐れが高くなってしまいます。この記事では、最近問題になっている「スマホ老眼」のチェック方法や改善法についてまとめました。

スマホ老眼ってそもそもなに?チェック方法とは?

「スマホ老眼」とは、医学的には「調節緊張による仮性近視」と呼ばれるもの。

スマホやタブレットなどを長時間見続けることで、目が酷使されてピント調節がうまくできなくなり、手元が見づらくなる、夕方になると目がぼやける…などと言った症状が起こることを言います。

スマホ老眼のチェック方法としては、まずは人差し指を、指紋が自分に向くようにして目の前10センチのところに立てます。

このとき、指にはまだピントが合わない状態だと思います。そして、そのまま目からゆっくりと人差し指を離していき、指紋にピントが合ったら指を止めます。目とその指の距離が30センチ以上離れていれば、スマホ老眼の恐れがあります。

その他にも目が乾く感じがする、スマホを使った後に遠くを見るとぼやけて見える、長時間使っているとスマホの画面がぼやけて見える…などの症状を感じる人はスマホ老眼の恐れがあるので要注意が必要です。

スマホ老眼と普通の老眼はどう違う?

そもそも老眼というのは、加齢によって目の調節機能が衰えてしまうことを言います。一般的に、老眼イコール近くが見えなくなる…というイメージがあります。

ですが、実際はピント調節がうまくできなくなっているので、遠くも近くもどちらも見づらくなっているのです。ただ、近くのものが見づらくなることで自覚することが多いということです。

そして「スマホ老眼」は、近くのもの(スマホ)を長時間見続けることで、目の筋肉が緊張してしまい、老眼と同じように目のピント機能が一時的に低下してしまうことを言います。

ピント調節機能の低下、という点では同じですが、大きな違いとしては老眼は老化によるものなのでほぼ治りませんが、スマホ老眼は一時的なものなので予防や対策をすることで改善が見込めるということがあります。

ただ、スマホ老眼でも対策を取らずに放置しておくと重篤化する場合もありますので、要注意です。

スマホ老眼改善する方法とは?

スマホ老眼を改善する方法として最も効果的なのは、スマホをしばらく使わないということです。

近くをずっと見ることにより目の筋肉が緊張して、ピント調節ができなくなってしまうことが原因になっています。近くを見ることを出来るだけやめる、というだけでも改善が見込めます。

ただ、もちろん全く見ないというわけにはいかないかと思います。なので、可能であれば、より目と距離が離せるパソコンを使うように出来ると良いかもしれません。

また、目の周りの筋肉を鍛えるのもスマホ老眼改善に効果的です。

8の数字を横にしたものを壁に貼って、それを目で描くように眼球を動かす、眼球を上下左右に動かすなどのエクササイズを定期的に行うことで、目の周りの筋肉を鍛えてピント調節機能の衰えを防ぐことができます。

さらに、スマホやパソコンを使う際は、時々画面から目を離して目を休めるようにしましょう。蒸しタオルを目に当てると目の緊張が取れてリラックスできますよ。

スマホ老眼にならないための使用方法とは?

スマホ老眼にならないための、スマホ使用時の注意点はいくつかあります。まずは、スマホと目の距離。当然ですが、距離が近ければ近いほど目に負担がかかってしまいます。スマホと目の距離は30センチは離すようにしましょう。

そしてその次に、長時間の使用をしないということ。スマホをいじっていると、ついつい時間があっという間に過ぎ去ってしまいますね。

近くのものを見続けることで、目のピント調節機能が下がってしまいます。スマホを使っているときは時々遠くを見ることで、ピント合わせをしている「毛様体筋」という筋肉を緩めるようにしましょう。

また、画面の字の大きさも大事です。文字が小さすぎると目を凝らしてしまうので、どうしても眼精疲労の原因になってしまいます。文字はやや大きめの見やすい大きさに設定することで、目への負担を軽減することができますよ。

スマホの使い方を見直してスマホ老眼に注意しよう

この記事では、最近問題になっているスマホ老眼のチェック方法や改善法についてまとめました。

老眼というのは中年以降に起こるもの…と油断していると、若い年齢のうちからスマホ老眼になってしまう危険性もあるんですね。スマホやタブレットを使う際は、目を近づけすぎない、長時間使用をしない…など、使い方に十分気を付けることが大事です。

普段のスマホの使い方を見直すようにし、眼精疲労の原因にもなってしまうスマホ老眼にならないように十分に気を付けたいものです。

  関連記事

子どもの成長につながるといわれる砂場遊び。砂場遊びセットの選び方とは?

外遊びができるようになった子どもを公園に連れて行くと、砂場にまっすぐ走っていく子 …

子育て中におすすめの布団乾燥機ってある?選び方のポイントは?

  子どもは汗をかきやすいので、陽気がいいときには、頻繁に布団干しをする家庭も多 …

シール・スタンプ・ワッペン…便利なお名前付けアイテムの解説!

入学準備や入園準備でママを悩ませるものの中に「お名前付け」があります。持ち物全て …

転倒防止のためのベッドガードで死亡事故が起きているって本当?未然に防ぐ方法は?

乳幼児の死亡原因のトップにくるのは、「不慮の事故」です。事故と聞くと、交通事故を …

親子でも楽しめる横浜ランドマークタワー内の施設を徹底調査!

月齢期の子供とのお出かけ先で悩むママ、パパも多いことでしょう。 春休み及び夏休み …

子供にケガはつきもの!顔にケガをしてしまった時!傷を残さないようにするにはどうする?

子供は好奇心旺盛で予測不可能な行動をとることがよくあります。そして自分自身ででき …

お子さんが園生活を始めるなら、覚えておきたい連絡帳の書き方のこと

お子さんが初めて保育園や幼稚園に通い始めると、ママの生活は一変します。そして、お …

保活の前に知っておきたい待機児童とは?「待機児童ゼロ」は本当に待っている子供がいないことなの?

待機児童とはなに?待機児童ゼロでも安心するのは危険! 待機児童の問題についてはた …

幼稚園でも実施されてる?延長保育の実態とは?最大でどのくらいの時間まで預かってくれるの?

幼稚園に通わせると子どもは早い時間に帰ってきてしまう、そんな時代もありました。 …

最近話題の保けいことは?

保けいこをうまく活用して保育園に通っている子供でも効率よくおけいこをしよう! 保 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss