ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

家族みんなで実行できる!ネット社会で知っておきたい通信費の節約方法とは?

   

ネット社会の現在ですが、家計費における通信費の割合はご家庭によって様々です。ですが、子どもが大きいとそれなりにかかってきてしまうこともありますよね…。

子どもの教育費や老後の為に少しでも節約したいのに、この通信費が痛い出費になっていきます。しかし携帯を解約することもできないし、通信速度も大事だしパソコンも使うのでWi-Fiを解約することもできない。

食費や光熱費と違って通信費はどうやって節約すればいいのか?節約する方法はあるか?今回は、その通信費の節約についてまとめていきたいと思います

スマホやネットの通信費にかかる料金は平均いくら?

通信費とは「携帯代」「Wi-Fi」「固定電話」など、いわゆる「通信」にかかる出費について指します。

  • インターネット回線が平均で約5000円
  • 携帯代が10000円
  • 固定電話代が2000円

家族四人で、全員携帯電話を使用しているとなると、月に通信費だけで47000円かかっていることになります…。年間だと約564000円です。

もちろん、これよりも多くかかっている家庭もあります。年間で約60万円も払うだけに、通信に重きをおいていると考えると少し頭を抱えてしまいますよね。

独身の方だと携帯代は1万円で済まないこともあるかもしれません。せめて平均以下の出費にしておきたいですよね。

携帯・スマホの契約プランを見直そう

通信費がかかり過ぎだと感じて、まず行動することはなんでしょうか。まず第一に契約プランをもっと安くできないか…と考えますよね。皆さんは契約プランを有効活用しているでしょうか。

家でWi-Fi契約している場合、携帯プランで通信費のところは思い切って落としてしまいましょう。最近ではカフェや駅、そしてバスの中まで「Wi-Fi使えます」というステッカーが貼ってあります。

旅先や旅館でも、無料Wi-Fiが飛んでいるので外出先でも特に困ることはないかと思います。

そして一番節約になるのが「格安SIMへの移行」です。ほかには通話代で「無料通話アプリ」を利用する。最近では無料アプリでも問題なく通話出来ますし、テレビ電話も利用できます。

ある程度、利用したいプランを調べてから携帯会社に相談にいけば、スムーズに契約内容の変更を行えます。

ネットの節約にはプロバイダを見直しみよう!

ネットの通信費に5000円というのは正直高いですよね…。戸建てならこれくらいかかる可能性はあります。しかし、マンションの場合ではもう少し金額を落とすことができます。

そして最近では「電気・携帯・インターネット」のプランが増えてきています。電力自由化のいま、このお得なプランを使えば光熱費の割引にもなり、家計費の節約になります

そしてプロバイダの乗り換えを検討する際に、気にするのが「工事費」です。「他社から乗り換えで解約工事費当社負担」と謳っていて、割引や特典がある会社を探しましょう

毎月の利用料から1年間〇〇円引きというところもあり、月980円でインターネット利用できる会社もあります。

プロバイダは定期的な見直しで、かなり費用を抑えることが出来るのでおすすめです。大体二年契約でなければ、一年ごとに見直してみるのが節約のポイントでしょう。

格安simやsimフリーに乗り換えて料金を抑えよう!

そして上記でも触れましたが、通信費節約の大きなポイントが「格安SIMへの乗り換えです」これだけで、携帯代約1万円が2000円まで下げる事が可能になります

8000円も割引できるとなるとそれだけ貯蓄に回せたり、家族との外食にまわせますよね。

ところでSIMってなに?と疑問に感じる事も多いかもしれません。SIMとは簡単にいえば、携帯電話を利用するために必要なカードです。

そのSIMにあった端末さえ用意すれば、格安に通信費を抑える事ができます。そしてキャリアに関係なく使えるのがSIMフリーの特徴です。

最近では格安SIMと二台持ちにして通信費を抑えている人もいます。解約した携帯でも使えるため、その端末への思い出があった場合などでも、そのまま快速に快適に利用することが可能です。

しかし、格安SIMは携帯の保証がないため、その点に関しては注意が必要です。

通信社会で賢く節約を取り入れよう

いかがでしたか?通信費に年間60万円使う余裕があるならば、そのままでも構わないかもしれません。

しかし教育費や旅行など、他のことにお金をかけたい時には格安SIMへの乗り換えや、インターネットプロバイダの見直しなどをしてみると通信費を大幅に減らせるかもしれません。

そして仕事などで必ず固定電話が必要だという場合以外には、固定電話の解約も視野にいれれば、年間を通してかなり節約することができますよね。ネット社会のいま、賢く通信費の節約と向き合っていきましょう。

  関連記事

いまさら聞けない、個人型確定拠出年金「iDeCo」とは?そのメリットとデメリットについて

2017年1月より、個人型確定拠出年金「iDeCo」の内容が変更になり、罐ひゅう …

義両親が苦手!それでもうまく付き合うための方法はないの?

恋に落ちてプロポーズを待ちわびているときは、目の前の恋人とずっと一緒にいることし …

3つのお店のメリットを兼ね備えるローソンストア100の魅力とは?

コンビニエンスストアのローソンが運営している「ローソンストア100」は、お客さま …

実の親にかわって子どもを養育する?里親制度とは

みなさんは「里親制度」というものを耳にしたこがあるでしょうか。 近年、産みの親の …

最近よく聞くパタハラとは?なりやすい男性の特徴や対処法とは?

ハラスメントにもいろいろな種類があり、「セクハラ」「パワハラ」「マタハラ」「ジェ …

プチプラでも大満足!おすすめのしまむらのバッグのこと

洋服の流行が変わると、それに合ったバッグが欲しくなるものです。ですが、それが翌年 …

妊娠中だけど綺麗な髪の毛を保ちたい!妊娠中のヘアケア方法とは?

妊娠中でもファッションやヘアスタイルに気を使って、妊娠前と変わらずオシャレに気を …

ママが働きやすいプラチナくるみん認定の企業とは?

プラチナくるみんって何? 出典:厚生労働省 新「くるみんマーク」と「プラチナくる …

「は・ち・み・つ・じ・ま・ん」とは?子どもに教えたい!不審者と判断する方法や身を守る方法とは?

小学生になると一人で行動する子が増えてくると思います。登下校や放課後の外遊びで心 …

ドイツ製のベビーカーがおすすめって本当?その特徴や機能、価格について知りたい!

赤ちゃんが生まれるにあたり、ベビーカーの購入を考える家庭が多いことでしょう。その …