ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

家族みんなで実行できる!ネット社会で知っておきたい通信費の節約方法とは?

   

ネット社会の現在ですが、家計費における通信費の割合はご家庭によって様々です。ですが、子どもが大きいとそれなりにかかってきてしまうこともありますよね…。

子どもの教育費や老後の為に少しでも節約したいのに、この通信費が痛い出費になっていきます。しかし携帯を解約することもできないし、通信速度も大事だしパソコンも使うのでWi-Fiを解約することもできない。

食費や光熱費と違って通信費はどうやって節約すればいいのか?節約する方法はあるか?今回は、その通信費の節約についてまとめていきたいと思います

スマホやネットの通信費にかかる料金は平均いくら?

通信費とは「携帯代」「Wi-Fi」「固定電話」など、いわゆる「通信」にかかる出費について指します。

  • インターネット回線が平均で約5000円
  • 携帯代が10000円
  • 固定電話代が2000円

家族四人で、全員携帯電話を使用しているとなると、月に通信費だけで47000円かかっていることになります…。年間だと約564000円です。

もちろん、これよりも多くかかっている家庭もあります。年間で約60万円も払うだけに、通信に重きをおいていると考えると少し頭を抱えてしまいますよね。

独身の方だと携帯代は1万円で済まないこともあるかもしれません。せめて平均以下の出費にしておきたいですよね。

携帯・スマホの契約プランを見直そう

通信費がかかり過ぎだと感じて、まず行動することはなんでしょうか。まず第一に契約プランをもっと安くできないか…と考えますよね。皆さんは契約プランを有効活用しているでしょうか。

家でWi-Fi契約している場合、携帯プランで通信費のところは思い切って落としてしまいましょう。最近ではカフェや駅、そしてバスの中まで「Wi-Fi使えます」というステッカーが貼ってあります。

旅先や旅館でも、無料Wi-Fiが飛んでいるので外出先でも特に困ることはないかと思います。

そして一番節約になるのが「格安SIMへの移行」です。ほかには通話代で「無料通話アプリ」を利用する。最近では無料アプリでも問題なく通話出来ますし、テレビ電話も利用できます。

ある程度、利用したいプランを調べてから携帯会社に相談にいけば、スムーズに契約内容の変更を行えます。

ネットの節約にはプロバイダを見直しみよう!

ネットの通信費に5000円というのは正直高いですよね…。戸建てならこれくらいかかる可能性はあります。しかし、マンションの場合ではもう少し金額を落とすことができます。

そして最近では「電気・携帯・インターネット」のプランが増えてきています。電力自由化のいま、このお得なプランを使えば光熱費の割引にもなり、家計費の節約になります

そしてプロバイダの乗り換えを検討する際に、気にするのが「工事費」です。「他社から乗り換えで解約工事費当社負担」と謳っていて、割引や特典がある会社を探しましょう

毎月の利用料から1年間〇〇円引きというところもあり、月980円でインターネット利用できる会社もあります。

プロバイダは定期的な見直しで、かなり費用を抑えることが出来るのでおすすめです。大体二年契約でなければ、一年ごとに見直してみるのが節約のポイントでしょう。

格安simやsimフリーに乗り換えて料金を抑えよう!

そして上記でも触れましたが、通信費節約の大きなポイントが「格安SIMへの乗り換えです」これだけで、携帯代約1万円が2000円まで下げる事が可能になります

8000円も割引できるとなるとそれだけ貯蓄に回せたり、家族との外食にまわせますよね。

ところでSIMってなに?と疑問に感じる事も多いかもしれません。SIMとは簡単にいえば、携帯電話を利用するために必要なカードです。

そのSIMにあった端末さえ用意すれば、格安に通信費を抑える事ができます。そしてキャリアに関係なく使えるのがSIMフリーの特徴です。

最近では格安SIMと二台持ちにして通信費を抑えている人もいます。解約した携帯でも使えるため、その端末への思い出があった場合などでも、そのまま快速に快適に利用することが可能です。

しかし、格安SIMは携帯の保証がないため、その点に関しては注意が必要です。

通信社会で賢く節約を取り入れよう

いかがでしたか?通信費に年間60万円使う余裕があるならば、そのままでも構わないかもしれません。

しかし教育費や旅行など、他のことにお金をかけたい時には格安SIMへの乗り換えや、インターネットプロバイダの見直しなどをしてみると通信費を大幅に減らせるかもしれません。

そして仕事などで必ず固定電話が必要だという場合以外には、固定電話の解約も視野にいれれば、年間を通してかなり節約することができますよね。ネット社会のいま、賢く通信費の節約と向き合っていきましょう。

  関連記事

共働きでも小学校受験に合格できる?そのための対策とは?

近年、教育格差の問題が深刻化しています。公立小学校や中学校に進学するのが当たり前 …

仕事と育児を両立させるコツはある?大切にすべきことは?

少子高齢化が深刻な日本では、女性もフルタイムで働くことが当たり前になっています。 …

主婦ってお小遣いをもらっているの?気になる主婦のお小遣い事情について

旦那さんのお小遣いについては、よく取り上げられており、サラリーマンの平均的なお小 …

近頃ニュースでもよく見聞きする、ブラック保育園とは?その特徴と見分け方とは?

最近、幼稚園や保育園で適正に給食が支給されていなかったり、負担する教材費がアップ …

子どもの医療費は削減できる?医療費控除を賢く利用する方法が知りたい!

子どもが小さいうちは、ケガや病気で病院にかかることが多いものです。まして家族が多 …

ナチュラルテイストの100円雑貨はここにお任せ!ナチュラルキッチンの特徴とは?

いまは全国各地でショップを見かけるナチュラルキッチンですが、2001年に始まった …

子供にお小遣い帳をつけさせた方がいい?そのメリットとは?

子供が成長するにつれて、お小遣いをいつからあげるのか、どんなふうにあげるべきか、 …

衣替えの時期を迎える時!子供の衣類など処分や整理はどうする?

可愛いものが多い子供服ですが、決して安くはなく良いお値段がするものが多いようです …

主婦がメルカリで稼いだら、確定申告は必要?経費も計上できるの?

メルカリとは、スマートフォンを利用して、不要品の売買ができる、フリーマーケットア …

バイアグラはどんな人が利用するべき?その実態と、気になる効果や副作用の恐れは?入手方法はどうしてる?

バイアグラのイメージとはどのようなイメージですか?「精力剤じゃないの?」というイ …