ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

小学生でメイクするのは当たり前!?小学生のメイクには親子のルールが大切!

   

小学生がお化粧することに対して、あなたはどのように思いますか?一昔前の小学生ではメイクに興味はあっても、日常的にメイクするなんて考えたこともなかったのではないでしょうか。最近の小学生は、自分のメイク道具を持ち、多くの子がメイクをしています。

今回は、小学生のメイク事情と周りの大人の許容、メイクによる弊害について詳しくお話ししていきます。女の子のメイクへの憧れを認めつつ、どのように対応していく必要があるか一緒に考えていきましょう。

イマドキ小学生のメイク事情は?

近年、メイクは低年齢化しています。ある調査によるとメイクを経験したことのある小学生は、全体の7割以上という結果も!

低年齢化の原因には、小学生向き雑誌にメイク特集が載っていることや、以前よりプチプラのメイクアイテムが増加し、購入しやすくなったことなどが影響していると言われています。

小学生がメイクをするのには、以下のような理由があります。

  • 周りの子がしているから
  • 目を大きく見せたいから
  • メイクに興味があるから
  • 可愛く、綺麗に見られたいから

理由は様々ありますが、本質には女の子の「メイクへの憧れ」が影響しているのでしょう。フルメイクを日常的にする子、休日だけ部分的にメイクする子、メイク以外にも脱毛など美容に力を入れている子など、メイクの頻度や程度は人それぞれです。

また実際に使うメイク道具も、ママから譲ってもらったものやお小遣いで買ったプチプラアイテム、高くても流行りのアイテムを購入するなど、お金のかけ方は「親が協力的かどうか」が大きく影響しています

小学生のメイク、どう思われる?

「大人のメイクは身だしなみ」ですが、小学生がメイクすることについてはどう思われるのでしょうか。男性、特に子育て世代以上の方からは、大きな疑問の声が上がる傾向にあります。学校にメイクをしていくことについては、男女関係なく否定的な意見が多いようです。

子どもにとって学校は大きな社会環境でありますが、あくまでも勉強をする場所だからでしょう。休日のメイクには、比較的母親が協力的であり、認められている部分が多いです。一緒にメイクを楽しめる娘との関係を嬉しく思うようですね。

そのような母親でも、どこまで認めていいのかを悩む声も。全員に許容されているわけではない「小学生メイク」なので、メイクをするシチュエーションと化粧の程度をわきまえて、親子で楽しめるといいですね。

そのためには、メイクについてしっかりと親子で話し合うこと、「お小遣いの範囲内で」「休日だけ」などメイクに関する親子間の約束も必要となるでしょう。

小学生メイクはトラブルがおこりやすい!

社会的な面で否定されやすい小学生メイクですが、実は子ども自身にもトラブルがおこることがあります。それは「肌トラブル」です。

子どもの肌は、大人に比べてデリケートです。特に目の周りや唇などは、皮膚が薄くすぐにかぶれや水疱ができてしまいます。実際に小学生メイクが流行しだしてから、化粧かぶれの小学生患者が増えているとの報告もあります。

肌トラブルを隠すためにメイクする→さらにかぶれる、という負のサイクルに陥ると、せっかく素肌の綺麗な小学生時代が台無しです。

小さな頃におこした肌トラブルは、大人になってからも引きずる可能性があります。メイクは、肌に悪影響を及ぼすことがあることをしっかり伝えてあげてください。

肌に異常がある場合には、メイクを中断し、程度によっては皮膚科を受診するようにしましょう

子どもの気持ちを考えて!素顔の美しさを伝えてあげよう

大人から見ると不必要に見える小学生のメイクも、本人はいろいろな考えを持ってメイクをしています。

子ども自身は、友達と同じであることや、大人のような綺麗になるメイクに拘っています。頭ごなしにメイクを否定すると、反発してメイクへの思いが激化することも。

まずは、しっかりと親子でメイクのメリット・デメリットについて話し合ってください。子どもならではの素顔の美しさや、そのままでも可愛いことも伝えてあげましょう

その上でご家庭にあったルールを決め、その中でメイクを楽しめると良いですね。小さな頃から女の子はメイクへの関心が高い!ということを念頭に置き、丁寧に対応していきましょう!

  関連記事

安眠できる布団の干し方がある?知っておくべき!布団を干す際のコツやポイントとは?

お日様の光をたっぷり浴びた、ふかふかのお布団で寝ると気持ちがいいですよね。大切な …

子供の私物や服を自分で管理しやすくするコツや収納法はある?

子供が自分の持ち物を「自分の物」と自覚できるようになってきたら、自分で管理する能 …

抱っこひもの一種として知られているベビースリング!その使用方法と選び方のコツは?

「ベビースリング」とは、いわゆる”抱っこヒモ”の一種であり、大きな布 …

ニュースでよく見聞きする、高齢ドライバーによる事故。その特徴と子どもを守るための対策とは?

高齢ドライバーによる交通事故のニュースは、いまや珍しいものではなくなりました。そ …

3つのお店のメリットを兼ね備えるローソンストア100の魅力とは?

コンビニエンスストアのローソンが運営している「ローソンストア100」は、お客さま …

その浪費癖!実は病気かもしれない!?浪費癖を改善する方法は?

浪費癖と聞くと、ただの癖だと感じるので大したことがないように思いがちですよね。で …

ネットいじめの抑止力になる!?Filiiのしくみと利用方法について?

小学生がスマートフォンを持つことが珍しくない現代、親の目の届かないインターネット …

ママが働きやすいプラチナくるみん認定の企業とは?

プラチナくるみんって何? 出典:厚生労働省 新「くるみんマーク」と「プラチナくる …

クレヨンとクレパスってどう違うの!?それぞれの用途とは?

もうそろそろで入園や入学の時期ですね。学校指定で、クレヨンではなくてクレパスを用 …

我が子のためにも知っておきたい!10年後に無くなる職業、生まれる職業のこと

日本には「十年一昔」という言葉がありますが、現代では時代の流れが加速しています。 …