ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

これでクラスの人気者!?逆立ちができるようになるコツって?

   

子どもに聞かれて答えに詰まってしまうものはいくつかありますが、その中でも運動系は特に困りますね。例えば逆立ちがしたいから教えて!なんて子どもに言われたら困ってしまうという人はいませんか。

スポーツ万能な親御さんはともかく、大人になってから運動をする機会も減ると思います。また、逆立ちも子どものころはできたような気がするけれど、もう何十年もやっていないし今更できない、教え方もわからない、と悩んでしまいます。

しかし、子どもはクラスの人気者になるべく逆立ちを習得したい、そんな時に子どもにアドバイスできる逆立ちのコツを紹介します。

逆立ちができるとどうなるの?

逆立ちには、「逆立ち健康法」といわれるように、血流が逆に流れることによって血の巡りを良くし、程よい時間行うと健康に良いとされています。

しかし、子どもにとっては決して健康になりたいから逆立ちができるようになりたいとは考えていないでしょう。では子どもはなぜ逆立ちが出来るようになりたいのか、そして逆立ちができるとどうなるのでしょうか。

それはクラスで目立ち、人気者になれるという事です。逆立ちというのは誰もが簡単にできるものではなく、練習や努力を重ねたクラスの一部の子ができる技として子どもの世界にも認知されています。

みんなができないことができれば注目を集めることができるということで、逆立ちができるようになりたい子どもがいるのです。

逆立ちが出来ない理由って?

いくら練習をしても、逆立ちができるようにならない子どもはもちろんいます。親としてはたくさん努力をしているのだから何とかして逆立ちをさせてあげたい、と思いますが見守ったり応援するだけではやっぱり進歩はありません。

逆立ちができない理由は、逆立ちができるコツを掴んでいないことに一因があります。何事にもコツやポイントがあるように、逆立ちにもコツやポイントがあります。

姿勢の取り方が悪い、思い切りが足りない、バランスのとり方が上手くできていない、などその理由は様々ですが一つ一つ見直していくとよいでしょう。

また、誰かに支えてもらったり、壁があるところでの逆立ちはできても、一人で逆立ちができないという子どももいます。

もしかすると、思い切って逆立ちをしたときに転んでしまった経験などがトラウマになってしまい、あと少しのところで進歩できない可能性もあります。

メンタル的な要素も大きいので、安心して練習できる環境、そして恐怖に立ち向かわせるのではなく支えられる安心感、を先に習得するようにしましょう。

逆立ちができるようになるコツとは?

逆立ちができるようになるには、まずは逆立ちができるイメージを持つことが大切です。イメージトレーニングは上達を早めるほか、良いフォームでイメージをすればその形に自分自身が近づいていくことができます。

手で地面をしっかりと支え、そしてつかむような気持ちでピンっと姿勢をまっすぐに伸ばすことをイメージして、片足をあげた後にもう片方の足で地面を蹴り上げます。

すぐにはできませんので、そばには補助をする人がいるようにしましょう。壁に向かって逆立ちの練習をし、その横で補助者がサポートを行います

腰の部分から歪んでしまい、逆立ちができないことがよくおこりますので、最初のうちは腰からしっかり支えてあげるようにしましょう。

だんだん形ができてきたら壁のないところでの練習をはじめたり、サポートの力を緩めるなどしていくと良いでしょう。また、体勢が崩れそうなときは、ケガなどしないように助けてあげることが大切です。

ママはどうサポートする?

逆立ちのサポートをママがするときには、逆立ちをするときのコツが守られているのか見て教えてあげなくてはいけません。ですが、それ以上に大切なことがあります。それは子どもの逆立ちへのやる気を損なわせないことです。

逆立ちができないことが悔しくて何度も挑戦しているところに、ダメ出しばかりされると子どものやる気が損なわれてしまいます。わかってはいるけどできない、口で言うのは簡単なことだよ、と気持ちが後ろ向きになりやすいです。

ママのサポートとしては、ぜひ子どもが前向きにもっとやる気が出るようにしましょう。ダメ出しをするときもダメなことから言うのではなく、まずは良かったところを褒めてあげましょう

さっきよりもよくできたところ、綺麗に決まったフォームなどで大丈夫です。その後にここも変えたらもっと良くなるかも、なとアドバイスをすると子どものやる気を損なわず次につながるサポートができます。

コツコツ練習しよう

一人で逆立ちができるようになるまでには、やっぱり時間がかかります。すぐに結果を出すことができなくてもそれは当然のことです。子どもにもそういうものだということを教えてあげましょう。

コツコツ練習をすることによって逆立ちもできるようになりますし、コツコツ努力をすると目標を達成できるという経験は子どもにとってもママにとっても良い経験となるはずです

そして逆立ちが上手にできた時には最高の笑顔で喜んであげると子どもにも自信がつきますよ。

  関連記事

ベビー用品をレンタルするときの選び方とは?その注意点は?

ベビー用品の中には、使う期間がさほど長くないものがたくさんあります。あれば便利で …

なくならない一人っ子批判とは?兄弟はやっぱり必要!?

一人っ子はかわいそうだ、兄弟がいるべきだ、と言われたことがありませんか? 一人っ …

種類が豊富なニトリのベッド。それぞれの魅力とは?

人間が生きていくうえで、睡眠が重要なことはいうまでもありません。また、インテリア …

判断基準は?小児科にはいつまで通えるの?

子供が生まれると、何かあった時のためにと、かかりつけの小児科を探す人が多いです。 …

忙しい朝にパパッとできる子育て中のママの簡単ヘアアレンジを紹介します!

ママになったってメイクや髪型、服装などおしゃれには気を使いたいですよね。ママにな …

過信しないで!正しい使い方で「首かけ浮き輪」の事故を未然に防ごう!

数年前に人気を博した「首かけ浮き輪」。お風呂のときに使用している赤ちゃんの写真を …

ママやパパが昔よく作ったプラバン!子供と一緒に懐かしいプラバンを作ろう!

プラ板は自分のオリジナルのキーホルダーやアクセサリーを作るのに最適です。材料も1 …

職場に子どもを連れていける?子連れで出勤OKな会社があるの?

保育園の待機児童問題、そして保育園に入れないことから、育児休暇からの復職を断念す …

今話題のSIMフリーって一体何?格安スマホとSIMとは?メリット・デメリットを教えて!

携帯代は毎月の固定費です。少しでも安くなれば、家計も助かりますよね。以前はドコモ …

図書館で行われている赤ちゃんタイムとは?利用するメリットは?

近年、図書館離れが深刻な問題になりつつあります。その背景には、インターネットの普 …