ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもを育てるにはお金がかかる1番気になる教育費と教育の注意点とは?

   

子どもは、育児などに追われて大変だけれど、やはり可愛いものですよね。中には、家族計画をしっかり決めてはいるけれど「もっとお金があったら子どもはたくさん欲しい」という家庭は少なくないのではないでしょうか?

子どもが増えると、当然生活費が増えますが、それ以上に心配なのが”教育費”です。よく、学資保険や育児雑誌などで「子どもの教育費は一人当たり2000万円必要」というのを目にしたことがありませんか。

大げさでしょ?と思いになる方もいると思います。今回は、子どもにかかる教育費についてまとめていきたいと思います。

子どもの教育費は総額でどれくらいかかる?

上記でも触れたように子どもの教育費は”一人当たり2000万円かかる”というのは、大げさな話といえばそうですが、”あり得ない話”ではないんです。この”2000万円”という数字は、幼稚園から大学まで全て私立だったらの話になります。

幼稚園から大学まで全て公立ならば”およそ800万円”かかるといわれています。この教育費には、行事費用や、習い事なども含まれているといわれています。

もちろん、習い事によってはもっとかかる場合もあります。公立の場合でも、約800万円かかるわけですから、子どもの教育費にはそれなりのお金がかかりますよね。

習い事や塾にかかる費用の目安は?

塾を検討し始めるのが大体小学校4年生となっています。塾に入るとなると、週2回の利用でも毎月約3万円はかかる家庭が多いようです。

長期休みの利用など、テキスト代、入塾代などもかかりますので「年間100万円は塾代にかけている」という家庭も少なくありません。

そして、私立小学校、中学校だと家庭教師も別で雇っている場合も多く、年間5万円はかかるという家庭が多く見られています。そのため、貯金は塾に入るまでが貯めどきともいわれています。

そして、習い事に関しては小学校、中学校とともに公立と私立で値段の差があります。習い事によりますが、小学校で大体公立だと年間10万円なのに対し、私立だと2倍の価格がかかります。

中学校では、習い事よりも塾のほうに力を入れている家庭が多く、公立だと年間5万円程習い事に教育費をかけている家庭が多いようです。

進学はどうする?進路についての費用の目安は?

「私立だと2000万」「公立だと800万」と上記でも触れた通り、公立と私立ではかかる教育費に大きな差が出ることがわかっています。

私立幼稚園では、公立幼稚園に比べて約50万円と約20万と2倍以上の教育費がかかってきます。

公立幼稚園は数が少ない上に延長保育などを実施していない園が多いため、”働きたい”というママのニーズに合わないという現状から、約80%の家庭が私立幼稚園に通わせているというのが多いです

そして、小学校では公立の約5倍、中学校・高校では約2倍の教育費がかかるといわれています。

「国立大学にいけば親孝行」という言葉をきいたことがありますか?国立は授業料が安く、自分で工面できる場合も多い金額です。

私立大学の医歯系学部になると、4~6年間で約2200万円かかるといわれています。また、大学生になると上京したり、一人暮らしなどにも費用がかかってきます。

子どもの教育を行う時に注意しておきたい点は?

子どもの教育に注意いてほしいことは「それは親の意志かどうか」です。子どもがなにを望んでいるのか、しっかりと意志を聞いてあげないと、将来の選択肢を広げてあげたいという思いから教育に力をいれていても、逆に子どもの為にはなりません。

中学受験の多くは「親のエゴ」です。子どもが勉強を望んでいるか?勉強以外にも大切なものがこの時期にはあるんではないか、ともう一度ご両親で考えてみるのもいいでしょう。

子どもが望むなら、親として出来る限りの力をかけてあげたいですが、もし子どもの意志が他にあるならば、それを聞いて子どもの意志を尊重するのも親の大切な仕事です。

そして、子どもの意志で勉強をサポートしていても、しっかりと休息させることが大切です。

子どものうちにしか遊べないこと、出来ないことがたくさんあります。子どもが焦って勉強しているなら、健康が何よりも大切だと親である大人がしっかりと教育していきましょう。

教育で大事なのは勉強だけではない

いかがでしたか?教育にはお金がかかりますよね。子育ては大変だし、毎日疲労困憊です…。しかし、我が子は可愛いもので、お金さえあるならば何人でも欲しいと思います。

もしも家庭の経済環境においていっぱいいっぱいでも、子どもが「大学に行きたい」「留学したい」という場合にしっかりと対応できるようにしておきたいです。

子どもにとって、教育というのは大事ですが、勉強が全てではありません。勉強以上に大切なことを我が子に教え、学んでいってもらいたいですね。

  関連記事

妊婦や子どもでもなることがある!顎関節症の原因と対策について

口を開けたときに、カクカクすると感じたことはありませんか?もしかしたら、お子さん …

B型肝炎ワクチンの予防摂取はしたほうがいい?副作用は大丈夫?かかる費用はどれくらい?

B型肝炎は団塊世代の問題ではなく、子供にも移行しやすい疾患として周知されています …

子どもが勝手にゲームの課金を行ったときの対処法とは?

インターネットを介して対戦できる携帯型ゲーム機や、スマートフォンのゲームアプリが …

ネットいじめの抑止力になる!?Filiiのしくみと利用方法について?

小学生がスマートフォンを持つことが珍しくない現代、親の目の届かないインターネット …

子育てのための教育「コモンセンスペアレンティング」とは?育児の悪循環を断ち切る!怒鳴らない・叩かないを学んでみよう

子育てに自己嫌悪はつきものです。「今日も怒鳴ってしまった」「言うことを聞かないの …

さむーい時期の赤ちゃんに嬉しい?おしりふきウォーマーのこと

寒い冬のおむつ替えに大活躍するおしりふきウォーマー。赤ちゃん用品店でおむつの横に …

授業参観に気軽に行けないママが増えているって本当?原因と対処法は?

近年、子どもの授業参観に参加したくないと思っているママが増えているようです。 ニ …

期限が切れた処方箋の期限延長はできる?再発行しないとダメ?

処方箋は病院を受診した時に、医師の診断によって治療に必要な薬の名称や、分量、使用 …

メリットたくさん?ベビーモニターの活用術とは?

ベビーモニターというと、一般的にアメリカでよく使われているものだというイメージが …

悩みを抱える子供たちの成長を支援する「がんばれ子供村」とはどんな施設?

皆さんは、「がんばれ子供村」の設置についてをご存知でしょうか。「がんばれ子供村」 …