ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

手作りバスソルトをつくってみたい!その効果と注意点は?

   

入浴は、身体を清潔に保つうえでも、リラックスするうえでも、欠かせない生活習慣の一つです。中には、入浴剤やバスソルトに凝っているママも多いのではないでしょうか。

とはいえ、子育てが始まると、子どもに何かとお金がかかるし、時間もとられるので、思うように好きなバスソルトを購入することができないママもいるはずです。

そこで今回は、家庭でバスソルトをつくる方法について、お話しします。その効果とつくるときの注意点にも触れるので、ぜひ試してみてくださいね。

バスソルトって何?簡単に手づくりできるの?

バスソルトとは、入浴の際に湯船に入れる塩のことです。塩にもいろいろな種類があり、バスソルトには浴用の天然塩を使うことが多いです。

ヒマラヤ山の岩塩やボリビアのピンクソルト、死海の塩、オーストラリアのマーメイドソルトなどの人気が高いです。そして、産地によって塩の成分が違うので、効果や効能は違ってきます。

バスソルトは、入浴剤として使うことが多いですが、それで全身をマッサージするという方法もあります。

そしてバスソルトは、身近な材料で手づくりすることができます。手づくりのバスソルトなら、香りや色を自分の好みにすることができますし、中に入れるアロマによって、効果をプラスすることもできます。

つくり方も簡単なので、試す価値はあります。

手作りバスソルトでも効果はある?

そもそもバスソルトには、さまざまな効果・効能があります。まず、バスソルトはミネラルが豊富に含まれているので、肌の調子を整えてくれます。次に、天然の塩が保湿効果を高めてくれるので、肌の老化を防いでくれます。

さらに、バスソルトを入浴剤として使うことで、発汗作用が高まります。血行が促進され体温が上がると、肩こりや冷え、腰痛の改善に効果があるだけでなく、新陳代謝がアップして、ダイエットにも効果的です。

最後は、デトックス効果です。天然の塩は体内の老廃物の排出を促してくれるので、ニキビを含めた肌荒れの改善にも役立ちます。また、好みのアロマを配合すれば、よりリラックスができます。

ママの疲労回復や気分転換、ストレス解消にも役立ってくれそうです

手作りバスソルトの作り方とは?

では、誰でも簡単にバスソルトをつくることができるのでしょうか。一番簡単な方法を、ご紹介しておきましょう。

全身浴1回分の材料として、天然の塩を大さじ2杯好みのアロマオイルを1~5滴ドライハーブを適量それを入れる容器を用意します。

容器に天然の塩を入れ、そこにアロマオイルを1~5滴混ぜます。混ざったら、好みのドライハーブを入れて、さらに混ぜます。それをお湯をはった湯船に入れて、よくかきまぜたら完了です。

バスソルトにおすすめなドライハーブには、むくみや冷え性を改善してくれる「オレンジ」、デトックスと肌荒れ改善効果の高い「カレンデュラ」、冷え性の改善とエイジングケアにおすすめの「ジャーマンカモミール」。

血行促進と体温上昇を促す「ジンジャー」、免疫力アップと水虫を改善してくれる「タイム」、疲労回復とむくみを改善してくれる「ハイビスカス」、肌トラブル全般によい「ラベンダー」「ローズ」。

むくみ改善と保湿効果の高い「リンデン」、冷え性の緩和と血行促進に効く「ローズマリー」などがあります。

身体を傷つけないように注意して使おう!

バスソルトは、心身の健康によい効果を与えてくれますが、使う際には注意が必要です。

特にお子さんと一緒に入浴する際にバスソルトを使うときには、しみるので目に入らないようにする、皮膚を傷つけてしまうので肌にバスソルトを直接塗らないのが基本です。

また、バスソルトを入れたお湯を追い炊きしたり、入浴後にそのまま放置すると、湯船を傷めることがあります

追い炊き機能のある湯船を使っている場合は、バスソルトを入れる前に業者に使用してもよいかどうかを確認しておくことをおすすめします。十分に注意しながら、バスソルトを楽しんでくださいね。

  関連記事

ママを困らせる子供のお薬嫌い…克服の方法はコレ!

子育てが始まると必ず訪れる子供のお薬嫌いですが、スムーズに飲んでくれずに手を焼い …

主婦の収入において立ちはだかる「◯◯万円の壁」106万円の壁とは?収入への影響はどうなる?

子供が大きくなるとパートタイマーで仕事をする必要も出てきますが、パートタイマーで …

子どもの口呼吸を改善する、あいうべ体操とは?行うときのポイントは?

みなさんは、我が子を見ていて「いつも口が開いているなぁ」と思うことはありませんか …

実はこんな違いが?無農薬野菜とオーガニック野菜のこと

子どもに食べさせたい野菜は安心で安全なものが良いですよね。スーパーに並べられた野 …

体温調節がしやすい、春のマタニティファッションのコーディネートのコツは?

妊娠すると、女性の体内ではホルモンバラスが急激に変わります。そして、週数が進むと …

もはや時代遅れ?三角食べのメリット・デメリットとは?

昔は家庭でも学校の給食のときでも「三角食べをしなさい」とよく言われたものですね。 …

ハンチントン病は遺伝するって本当?原因と症状、治療方法は?

日本では、さまざまな病気を難病指定しています。「ハンチントン病」も、そうした病気 …

褒めるだけの子育ては間違いって本当?叱るとのバランスのとり方は?

現代は、体育会系のスパルタ式ではなく、褒める子育てが主流です。ですが、褒めるだけ …

カフェを併設した大人な保育園が登場!子どもへの影響は?

みなさんは保育園に対し、どんなイメージを持っていますか?働く保護者に代わって、乳 …

子どもを病院に連れて行ったら様子を見るように言われた!その真相は?

子どもを育てていると、機嫌よく遊んでいたかと思うと突然具合が悪くなったり、発熱を …