ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

育児に追われるママにおすすめ!大人のぬりえとは一体何?

   

毎日育児に家事に仕事にと忙しく過ごしているママは隠れたストレスを抱えていることがよくあります。

ストレス発散をしたいけれど独身時代や子供がいなかった時のように一人で身軽にパーッと遊びに行けるわけでもなく、時間も場所も限られてしまいます。

ストレスが溜まっている状態が続くことはママの体自体に悪い影響を与えるほか、子どもにも家族にもママの不穏な空気は伝わってしまいよいことはありません。

そんなストレス解消にも役に立つ自宅でできる大人のぬりえについて紹介します。

大人のぬりえって一体何?

子どものころにぬりえをした経験がありますよね。ぬりえをしているときは無心になってそのことだけに没頭していた記憶はありませんか。大人も子どものころに戻ったように没頭できるぬりえの大人バージョンが大人のぬりえです。

子どものぬりえよりも図案が複雑で、風景画や絵画風、キャラクターものまで種類は豊富で自分の好きなものをチョイスすることができます。

また細かい図柄も多くすぐに完成できるぬりえというよりは数日、またはそれ以上の時間をかけて自分のペースで完成をさせていくものです。

一枚一枚の図案がぬりえの完成系となっているものから、絵本を完成させるものまであるので慣れてきたら様々なバージョンに挑戦もできますね。

大人のぬりえがもたらす効果とは?

大人のぬりえの効果は癒しです。

ぬりえは様々な色を使用して行いますがその色にはカラーセラピーやアートセラピー効果があります。また、ぬりえという一つのことに没頭することで無心になることもでき、自分自身の時間を満喫していると実感することができ充実感を味わえます。

そしてぬりえが完成すれば達成感を得ることができます。また、まだ子育て中のママには早いですが、大人のぬりえには脳の老化防止効果もあります。

ぬりえの図案を視覚的にとらえ、そして何色を使って塗っていくか、全体的にどんな色合いにしたいのか、ぬりえという一つの世界の中で人はたくさんのことを考えているのです。

いつもと違うことを行うことによりストレスの解消につながります。

ですので、自分なりのストレス解消方法が見つかっていないとか、実践しているストレス解消方法がいまいちだと感じる人は大人のぬりえを試してみるのも良いのではないでしょうか。

大人のぬりえを始める時に用意するもの・道具の費用は?

大人のぬりえを始めるときに必要なものはぬりえと塗るための道具です。

まず、大人のぬりえは書店で多く取り扱っています。価格も1,000円前後から用意されているのでその中から好きなものを選ぶとよいでしょう。

また最近では、大人のぬりえが人気なことから大型の100円ショップであれば大人のぬりえを取り扱っているところもあります。まずはお手軽に始めてみたいという人は利用してみると良いです。

そしてぬりえを塗るための道具ですが、色鉛筆やクーピー、クレヨン、水で色をぼかせる水彩色鉛筆など、自分の好きな雰囲気を出せるものを選べば大丈夫です。

色鉛筆やクーピーは多色が入ったものでも2,000円前後で購入することができますので、金額的にも手を出しやすいタイプだと言えます。色数は36色くらい入っていると色が足りないと感じることもあまりないでしょう。

大人のぬりえはどんな物を選んだほうがいい?

まず一番大切なことは自分の好きなものがモチーフになっているものを選ぶと良いでしょう。

好きなものに対するやる気は違いますし、初めての大人のぬりえで色彩をどうしたらよいかということも好きなものであればイメージしやすく好きなように進めていけます。

逆に苦手なものがモチーフになっていると色彩もなかなか決められずぬりえをすることに悩んでしまいストレスを感じてしまうこともあります。

また、すごく良い図案だなと感じても、難易度が高すぎるものを最初から選ぶのはやめておいた方が無難です。なかなか完成させることができず、達成という満足感を味わえなくなってしまいます。

途中でやりたくないなと感じてしまえば大人のぬりえのもたらす効果を感じるまでもありません。もちろん慣れてきて難易度が高いものにも挑戦したときに、完成できると自信がついたらどんどん挑戦していきましょう。

育児の合間に大人のぬりえで自分の時間を作ろう

忙しい育児中はママはなかなか自分の時間を作ることができません。育児中のママだけでなく大人のぬりえはわずかにできた隙間時間で少しづつ進めていくことができる大人に人気のアイテムです。

自分の時間をなかなか実感できない育児中だからこそ自分の時間にこれだけすすめられたと実感することは大切なことです。

大人のぬりえをはじめてみると童心に帰ったような気持ちになり、日々感じているストレスの解消にもつながりますよ。

  関連記事

授業参観に気軽に行けないママが増えているって本当?原因と対処法は?

近年、子どもの授業参観に参加したくないと思っているママが増えているようです。 ニ …

さむーい時期の赤ちゃんに嬉しい?おしりふきウォーマーのこと

寒い冬のおむつ替えに大活躍するおしりふきウォーマー。赤ちゃん用品店でおむつの横に …

ママなら知っておきたい!福祉用品である子ども用車いすのこと

電車などで移動をしているとき、明らかに歩ける年齢の子どもがバギーに乗っているのを …

ダイソーの収納グッズで片付け上手に!?おすすめ収納グッズ10選

みなさんはリビングやキッチンの収納に困っていませんか?引き出しの中に入れてはいる …

実は主婦に多い、キッチンドリンカーのことを正しく知っておこう!

2013年に厚生労働省では、「問題飲酒者に関する人口推計」の調査結果を発表しまし …

育児と介護のダブルパンチ!お金のこと、どう備える?

結婚する年齢、出産する年齢が上がってきたことにより、育児と親の介護の時期が重なっ …

保育園の申し込みはどうしたらいいの?確実な入園方法はある?

出産が終わっても、育児休業中のママにとっては、一安心というわけにはいきません。予 …

リーズナブルでサイズや形状が多彩!ニトリのカラーボックス

ニトリのカラーボックスは、幅は「スリム」「レギュラー」「ワイド」の3種類、高さは …

ほくろが痛むと病気の可能性があるの?気をつけた方がいい症状は?

あなたは自分の身体のどこに、ほくろがあるのかを把握していますか?そして、ほくろの …

東京都のオリジナル?認証保育園ってどんなところ?認可・無認可保育園とはどう違うの?

働くママは産休、育休が明ける前に子どもの保育所を探さなければなりません。しかし都 …